サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【iPhone】カメラの乗っ取り?確認方法と対処方法を徹底解説

iPhoneカメラ乗っ取り

iPhoneが乗っ取り被害にあった際に、カメラが遠隔で操作されてしまうケースがあります。

気がつかないうちにカメラの乗っ取り被害に合ってしまうと、プライバシーの侵害や個人情報の漏洩や特定など様々な被害に繋がりかねません。

そこで今回はiPhoneのカメラが乗っ取られていないか確認する方法と乗っ取りの疑いがある際の対処法を解説いたします。

iPhoneのカメラが乗っ取りの被害

iPhoneが自分の意図する操作ではなく勝手に操作がされてしまう場合は、iPhoneが乗っ取られている可能性があります。

遠隔操作が可能な状態であると、カメラも乗っ取られてしまい甚大な被害に繋がってしまう可能性が高いので下記の症状がないか確認しましょう。

iPhoneが乗っ取られている際の症状例

① AppleIDがサインインに使われたとiPhoneに通知がくる

② iPhoneがロックされたり紛失モードになる

③ Apple IDのパスワードが変更されたりロックされたりする

iPhoneのカメラが乗っ取られてしまう原因

不正の手口は巧妙に変化しているため、iPhoneカメラの乗っ取りの原因となるものの中から代表的なものを3つご紹介します。

不正な機器をiPhoneに接続

不正な機器を接続することで乗っ取り被害にあってしまうことがあります。

最近では、本物のようなLightningケーブルを接続することで、iPhoneが遠隔でコントロールされてしまうもの(O.MGケーブル)も販売されており、2021年09月に最新版が発売されたとニュースで報じられています。他人から充電ケーブルを貸してもらう際は、十分に注意が必要です。

不審なWebサイトにアクセス

不審なメールや偽のWebページからスマートフォンを乗っ取り、クレジットカード番号やSNSなどのアカウント情報を盗むフィッシング詐欺も要因の1つに考えられます。

本物のwebサイトと見分けがつかないほど手法が巧妙化しており、被害も増加しています。

App Store以外でのアプリのインストール

App Store以外で誤って不正なアプリをインストールしてしまい乗っ取り被害にあってしまうケースがあります。

App Storeはアプリの登録時に審査があるため、不正ツールが掲載される可能性は低いですが、Webサイトで配布されているアプリには、審査がないため不正なアプリが紛れていることが多いです。

カメラが乗っ取られているかの確認する方法

緑色の点・丸が表示されていないか確認

iPhoneカメラ起動時に表示される緑色の点

iPhone画面右上にオレンジや緑の点が表示されているのは、アプリがマイクやカメラを使用していることを意味します。

ご自身でアプリを起動していないにも関わらず緑色の丸が画面右上に表示されている場合は、カメラが乗っ取られている可能性が考えられます。

 

オレンジの丸 マイク使用時に点灯
緑色の丸 カメラ使用時に点灯

注意

アプリケーションでFaceID認証が必要な際に緑色に点灯することがあります。そのため、緑の点がすぐに消える場合はカメラが乗っ取られている可能性は限りなく低いです。

身に覚えのない通知がないか確認

登録した覚えのないサービスから領収書メールや身に覚えのないログイン通知メールが届いていないか確認しましょう。

iPhoneが乗っ取り被害にあうとアカウント情報が漏洩してしまい、不正にログインされてしまう被害が多くあります。覚えのない通知メールがないか一つ一つに目を通すことが大切です。

AppleID情報が変わっていないか確認

乗っ取られてしまうとAppleIDの情報が変更されていることがあります。乗っ取りの疑いがある際は念のためApple IDの情報が変更されていないか確認し、たとえ無事でもパスワードは必ず変更しましょう。

専門の調査会社に相談

ご自身での対処が不安な方、または被害範囲を明確にする場合は、個人で確認する以外に、ハッキング(乗っ取り)調査を行っている専門業者への相談をおすすめします。

専門業者では、端末やネットワークを解析し、「感染経路」や「情報漏えいが発生していないか」を調査できます。まずは専門業者の無料相談を利用してみることが解決の運びとなります。

iPhone乗っ取り調査が可能なおすすめ専門業者

無料相談を実施しているおすすめの調査専門業者として「デジタルデータフォレンジック」を紹介します。

デジタルデータフォレンジック


公式HPデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、個人はもちろん、大手企業や警察からの依頼も多数解決しているため、実績・経験は申し分ないフォレンジック調査対応業者です。フォレンジック調査に対応している業者では珍しく個人のハッキング調査にも対応している特長があります。さらに、「Pマーク」「ISO27001」を取得しているため、セキュリティ面でも信頼がおけます。

相談から見積もりまで無料で行っているので、フォレンジック調査を検討している際は、まずは実績のあるデジタルデータフォレンジックに相談すると良いでしょう。

費用 ■相談から見積もりまで無料
※機器の種類・台数・状態によって変動
調査対応機器 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカードなど
調査実施事例 警察からの捜査依頼(感謝状受領)、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ復元、マルウェア・ランサムウェア感染調査など
特長 大手企業や警察を含む累計14,233件の相談実績
個人での調査依頼にも対応
■「Pマーク」「ISO27001」取得済のセキュリティ

デジタルデータフォレンジックのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回はiPhoneのカメラが乗っ取られていないか確認する方法と乗っ取りの疑いがある際の対処法を解説いたしました。

万が一カメラが乗っ取られてしまうと、甚大な被害になりかねないので少しでも疑いがある際は紹介した対処を行い、調査会社の無料相談を利用することをおすすめいたします。

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。