【徹底解説】iPhoneがハッキング?警告文の真偽と対処法9選|サイバーセキュリティ.com

【徹底解説】iPhoneがハッキング?警告文の真偽と対処法9選

iPhoneがハッキング?警告文の真偽とハッキング確認方法

※この記事は2023年3月に更新されています。

ご使用のiPhoneがハッキングされました」「 貴方のデバイスにハッカーがアクセスしています」「ハッキングされています」などの警告文が出るトラブルが近年増加しています。また、スマートフォン内には約80%の個人情報が保存されているとも言われておりハッキングされてしまった際には多大な被害になりかねません

今回は、iPhoneでハッキングの警告文が出た際の対処法を紹介します。ハッキングの有無を確認し、適切な対処を行いましょう。

※Androidにハッキングやウイルス感染が疑われる、もしくはそのようなメッセージが表示される場合はこちらの記事を参考にしてください。

「iPhoneがハッキングされました」などの警告文の真偽

SafariやGoogleChromeなどでWebページを閲覧中に、「ご使用のiPhoneがハッキングされました」「 貴方のデバイスにハッカーがアクセスしています」「ハッカーに追跡されています」といった警告文が表示されるトラブルが多発しています。

上記のような警告文が出た際は、画面上の「インストール」や「キャンセル」のボタンはタップせずにWebページ・ブラウザを閉じましょう

このような警告文は「ハッキング」や「カウントダウン」の文言を表示することでユーザーの不安を煽り、不正なセキュリティアプリのインストールを誘導するためのものです。

紹介されるアプリは一見、Appstore上の評価が高いため信頼性があるように見えるかもしれませんが、レビューの日本語が不自然である場合など、少しでも怪しい点があれば、安易にインストールを行ってはいけません。

また、このような警告をクリックすることで、ウイルスなど「マルウェア」(悪意のある目的で操作するために使用されるプログラム)に感染してしまう場合もあるため、十分に注意してください。すでにクリックしてしまった場合は、次に紹介する症状に当てはまっていないかを確認し、不安な場合はハッキング調査に対応している専門業者への相談を検討しましょう。

注意点
上記の警告文が表示された際、Webページ削除やアプリのインストールをしなければ安全ですが、ハッキングされていないと決めつけるのは適切ではありません。これは、iPhoneのハッキングはユーザーが気づかない内に被害を受ける場合があるためです。以降の項目でiPhoneがハッキングされている際の症状を紹介します。

iPhoneがハッキングされるとどうなるのか?

PC

 

ハッキングにより個人情報が流出した場合、さまざまな悪影響を及ぼしかねません。たとえばiPhoneがハッキングされると、次のような症状が見受けられることがあります。

  • パフォーマンスの低下・アプリの起動が遅い
  • 通信量が増加する
  • バッテリーの急速な消耗
  • 不審な通話・異常なSMS通知
  • 橙色(オレンジ)のランプが点灯する
  • 見に覚えのないログイン通知
  • パスワードを入力しなくてもログインできる。
  • 個人情報の漏えい

もっとも、これらの症状は、古いソフトウェアやバッテリーの不具合など、他の要因によって引き起こされることもあります。しかし、これらの問題が一度に複数発生している場合は、iPhoneがハッキングされた可能性が高いと考えられます。

お使いのiPhoneがウイルス感染しているかどうか調べたい方はこちらの記事を参考にしてください。

パフォーマンスの低下・アプリの起動が遅い

一般的な兆候として、パフォーマンスの低下・アプリの起動を挙げることができます。たとえば時刻が止まるなどタイムラグやフリーズが発生したり、デバイスの使用時に全体的に動作が重くなったりする場合がこれに当てはまります。

この場合、悪意のあるソフトウェアがバックグラウンドで動作していることが多く、本来のパフォーマンスが出せず、アプリの起動が遅くなっている可能性があります。この場合、iPhoneが「マルウェア」に感染している可能性が高いです。マルウェアにより不正通信が行われると、個人情報が盗まれている恐れがあります。まずはiPhone端末を調査し、マルウェアが端末に含まれているかを確認しましょう。

ただし、iPhoneの動作が重い場合は、様々な原因が考えられます。例えば、以下のようなものが考えられます。

  • 不要なアプリやデータがたまっている
  • メモリが不足している
  • バックグラウンドで動作しているアプリが多い
  • システムが更新されていない
  • ハードウェアが古くなっている

これらの原因を解消することで、iPhoneの動作が改善することがあります。

まずは不要なアプリやデータを削除し、データ容量を確保することから始めましょう。またバックグラウンドで動作しているアプリ、ないしブラウザの開いたままのタブを確認し、不要なものを終了することも有効です。

その他の原因が考えられる場合、 Apple公式が公開しているトラブルシューティングを逐一チェックしましょう。仮に、セキュリティ上の問題が疑われる場合は、専門家に相談することをおすすめします。ちなみにiPhoneにはセキュリティソフトが存在せず、自力での調査は困難です。詳細な調査をおこなうには、ハッキング調査の専門業者まで対応を依頼することを検討しておきましょう。

通信量が増加する

ハッキングされたiPhoneでは、悪意のあるソフトウェアが常に通信を行うため、通信量が増加することがあります。これにより、通信料金の上昇や、通信速度の低下を引き起こす可能性があります。

もちろん、iPhoneのデータ通信量が突然おかしくなることは、様々な理由が考えられます。

たとえば、アプリが自動的にアップデートされたり、バックグラウンドで動作し続けたりすることが原因で通信量が急激に増加してしまうことがあります。また、iPhoneがWi-Fiに接続できない場合、自動的にモバイルデータ通信に切り替わり、通信量が急増することがあります。これらの問題を解決するためにも、設定を確認して不必要なアプリを削除したり、Wi-Fi接続を確認するなどの対策が必要です。

つまり、通信量が増加しているだけでは、ハッキングされていると断定できません。不正アクセスによる被害を正確に確認したい場合は、ハッキング調査の専門業者まで対応を依頼しましょう。

>最短当日調査!iPhoneのハッキング調査に対応している業者はこちら

バッテリーの急速な消耗

バッテリーの消耗が激しくなるのも危険な兆候です。ハッキングされたiPhoneでは、悪意のあるソフトウェアがバッテリーを過剰に使用するため、バッテリーの急速な消耗が起こることがあります。

バッテリー消費量が異常に増加した場合、バッテリーを大量消費させる悪意のあるアプリをインストールさせられている可能性があります。まずバッテリーを消費するアプリを確認し、そのアプリを削除してください。

不審な通話・異常なSMS通知

ハッキングされたiPhoneでは、知らない番号からの不審な電話、異常なSMS通知が届くことがあります。これらの通知がみられる場合、ハッカーが個人情報を盗み、関係する第三者にスパムを送信している可能性があります。

送信した覚えのないSMS履歴や、国外からの通信履歴がある場合、以下のような原因が考えられます。
  • 自分以外の人がiPhoneを使用していた
  • 自分が設定したアプリやサービスが、自動的に通信を行っている
  • スパムやフィッシング詐欺などが行われている

これらの原因を確認して、適切な対処を行うことで、iPhoneを保護することができます。まずは、自分以外の人が iPhoneを使用していた可能性を確認しましょう。より詳細な調査は、ハッキング調査に対応した専門業者で受けることも可能です。

オレンジのランプが点灯する

iPhoneの場合、通話などでマイクを使用していないにもかかわらず画面右上にオレンジ色の点がある場合はハッキングされ盗聴されている疑いがあります。

このランプはマイクやカメラなどを使用しているときに表示されます。

もしカメラやマイクを使用していないにもかかわらずオレンジのランプが点灯する場合、盗撮・盗聴され、外部にデータを送信させられている恐れがあります。

見に覚えのないログイン通知

ハッキングされたiPhoneでは、見に覚えのないログイン通知、身に覚えのないセキュリティコードが届くことがあります。

たとえばiCloudやFaceTimeなどのサービスに身に覚えのないログイン通知が来ていた場合、ハッキングを受けている可能性があります。さらに、「iCloudを追加しますか?」という通知が見知らぬメールから届いた場合には、特にハッキングである可能性が高いです。このようなログイン通知はハッカーがユーザーのアカウントにアクセスを試みたことを示します。

身に覚えのない通知には絶対に従ってはいけません。

パスワードを入力しなくてもログインできる。

パスワードや顔認証データを設定しているのに、ログイン要求されない場合、ハッカーが不正アクセスしやすいようにログイン設定を取り外している可能性があります。

もっとも、iPhoneに保存されているフィンガープリントや顔認証データが、何らかの理由で無効になっているか、削除されている可能性があります。それらを考慮したうえで「設定」の内容を確認するなど、適切なアクションを行うことをおすすめします。

個人情報の漏えい

最も重要な影響の一つは、ハッキングされたiPhoneに保存されている個人情報の漏えいです。この際、クレジットカード情報が盗まれやすく、場合によっては不正な支払いが行われることもあります。

個人情報の漏えいが疑われる場合、速やかに専門家に相談することをおすすめします。また不測の事態を避けるためにも、セキュリティ対策を強化しておきましょう。たとえば強力なパスワードを使用する、または不審なメールにはクリックしないようにすることが重要です。

>>最短当日調査!スマホの乗っ取り調査に対応している業者はこちら

iPhoneはどのようにハッキングされるのか?

最近、iPhoneのハッキングがますます増加しています。これは、ハッカーがiOSの脆弱性などを利用し、iPhoneを乗っ取るために使用することができるからです。以下に、iPhoneがハッキングされる主な方法を説明します。

  • iCloudのハッキング
  • 「iPhoneを探す」機能を悪用されている
  • トロイの木馬に感染(通常とは異なる経路でインストール)
  • iCloudカレンダー機能を悪用
  • 偽のフリーWi-Fiにアクセスした
  • メールやSMSで不正なリンクを踏んだ

iCloudのハッキング

4chan

iCloudのログイン情報を特定されると、クラウドに保存したiPhone上の機密データが盗まれ、重大なプライバシーの侵害に発展する恐れがあります。

有名な実例として、2014年9月に起きたファプニング騒動があります。この事件では、著名なセレブ女優たちのプライベート写真が、匿名掲示板「4chan」に大量流出し、多くの非難と論争を引き起こしました。

ハッキング原因としては、システムの脆弱性でなく、パスワードを不正入手する、総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)ないし辞書攻撃(パスワードリスト攻撃)が行われたものと考えられています。この事件を教訓としてパスワードは特定されないよう、英数字を交えたランダムかつ複雑なものにしておきましょう。

単純なパスワードを使用・流用するのはNG

単純なパスワードには、以下のようなものがあります。

  • 単純な文字列  (例: 123456、abcdef)
  • 自分の身分証明書や生年月日を使ったもの  (例: 身分証明書番号、生年月日)
  • 他の人が知っているものを使ったもの  (例: 友人や家族の名前、ペットの名前)
  • 元のパスワードを微調整したもの  (例: password1、passw0rd)

このように、他人が簡単に推測できるパスワードを使っていると、他の人によって簡単にハッキングされる可能性があります。この場合、脈絡のない英数字や特殊文字を使用し、文字列を複雑にすることでセキュリティを強化できます

「iPhoneを探す」機能を悪用されている

「iPhoneを探す」という機能は、紛失した自分のiPhoneがどこにあるか確認するのに役立ちます。しかし、この機能はiCloudに紐づけられており、ハッカーはこれを悪用することがあります。

たとえばiCloudに不正アクセスした第三者が「iPhoneを探す」機能を使って、ユーザーの位置情報を特定されると、集団ストーキングや個人情報の晒し(ドクシング)といった「オンライン・ハラスメント」に遭遇する可能性があります

あらかじめ「パスワードを定期的に変更する」「質問の答えを変更する」などし、他の人があなたのアカウントにアクセスできないようにすることが大切です。またリスクを回避するためにも、常に最新のiOSバージョンを使用するようにしましょう

>最短当日調査!iPhoneのハッキング調査に対応している業者はこちら

トロイの木馬に感染(通常とは異なる経路でインストール)

 

通常とは異なる経路(脱獄など)でインストールされたアプリには、有益なアプリを装いつつ、データの詐取などの働きを行うものがあります。このようなアプリは「トロイの木馬」と呼ばれ、インストールするとiPhoneを危険にさらすことにつながります。

アプリをインストールする際は、公式のApp Storeからダウンロードすることが重要です。また、定期的にアプリのアップデートを行うことで、アプリの脆弱性を修正でき、不正なアクセスからiPhoneを保護することができます。

iCloudカレンダー機能を悪用

iCloudカレンダー機能を悪用されると、下記の文言とともに、不審なURLとセットで次のような文言がカレンダーに表示されます。

  • ウイルスに感染している可能性があります
  • あなたのiPhoneは保護されていません!
  • 今すぐクリックしてiPhoneを保護

 

「ウイルスに感染している可能性があります」などの文言とともに、不審なURLとセットでカレンダーに表示

不審な通知をタップすると、不正プログラムを組み込まれ、スパムサイトへ誘導されたり、個人情報を盗まれたりする恐れがあります。また、すでにiCloudメールが外部に漏れている恐れもあります。

タップして上記のような画面に進んでしまった際は、編集ボタンからカレンダーの項目を削除し、先に進まないようにしましょう。

情報漏えいが心配な場合は、専門業者でiPhoneのハッキング調査を行うなど、より詳しい調査をおすすめします。

偽のフリーWi-Fiにアクセスした

偽のフリーWi-Fiにアクセスすることも、iPhoneをハッキングする方法です。

フリーWi-Fiのスポットは年々増加しており、日常的に利用する方も多くいらっしゃいますが、ハッカーが、偽のWi-Fiネットワークを作成し、そのWi-Fiに接続をしてしまうと、ハッカーに不正アクセスされる恐れがあります。この際、操作している画面やiPhoneに保存されている情報が投影する可能性があります。

メールやSMSで不正なリンクを踏んだ

メールやSMSを通じて不正なリンクを踏んだ場合、不正サイトに遷移され、何らかのアクションを要求される場合があります。たとえば個人情報を入力させられたり、あるいは、マルウェアやウイルスのダウンロードを要求させられることがあります。

このようなマルウェアやウイルスは、デバイスを乗っ取ったり、個人情報を収集したりすることができるものも多く、セキュリティ上の問題を引き起こす可能性があるため、できるだけ避けるよう心がけることが重要です。

不正な構成プロファイルのインストール

近年は構成プロファイルを利用したハッキングも増加しています。

構成プロファイルとは、iOSの各種設定を自動的に行う仕組みで、大量のデバイスに同じ設定を適用できます。しかし、不正な構成プロファイルがインストールされると、ハッカーによってデバイスが乗っ取られたり、不正なアクセスを受けたりする可能性があります

最近では、宅配業者を偽装した不正SMSによって、スマートフォンのユーザーが不正な構成プロファイルをインストールさせられるケースが増えています。不正なプロファイルがスマートフォンにインストールされると、プライバシーや個人情報がさらされる恐れがあります。

スマートフォンを使用する際には、不明なSMSやアプリのダウンロードなど、不審な動きには十分に注意しましょう。

iPhoneがハッキングされているか確認・調査する方法

専門業者

iPhoneのハッキングの有無をチェックするのに取ることができる、いくつかの方法をご紹介します。

  • いつもと違う兆候がないか確認する
  • データ使用量をチェックする
  • 不明なアプリをチェックする
  • バッテリーの状態を確認する
  • ハッキングの専門業者で調査する
  • デバイスがジェイルブレイク(脱獄)されていないか確認する

いつもと違う兆候がないか確認する

iPhoneが勝手に再起動したり、ポップアップがたくさん表示されたり、いつもより動作が遅くなったりと、異常な動作をする場合は、ハッキングの可能性のある兆候である可能性があります。これまで説明してきた不審な兆候に該当しないか確認しておきましょう。

データ使用量をチェックする

ハッキングされたiPhoneでは、通常よりも多くのデータ通信が発生することがあります。そのため、データ使用量やデータ料金が大幅に増加した場合、データ使用量をチェックすることで、ハッキングの兆候を発見することができるかもしれません。

不明なアプリをチェックする

iPhoneにインストールされていない未知のアプリや不審なアプリがないか探してみてください。ハッカーは、あなたの個人データにアクセスするために、あなたのiPhoneに悪意のあるアプリケーションをインストールする可能性があります。

バッテリーの状態を確認する

iPhoneのバッテリーの減りが通常より早い場合、バックグラウンドで未知のアプリが実行されているか、デバイスがリモートアクセスされていることを示している可能性があります。

iPhoneでバッテリーの状態を確認するには、以下の手順に従います。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「バッテリー」をタップします。
  3. 「バッテリーの状態」をタップします。

ここで、現在のバッテリーの状態が表示されます。バッテリーの最大容量が100%の場合は、バッテリーが新しい状態であることを示しています。この状態で充電の減りが著しい場合は、ハッキングの可能性を疑いましょう。

一方、バッテリーの最大容量が低下している場合、バッテリーの性能が低下していることを示しています。

デバイスがジェイルブレイク(脱獄)されているかどうかを確認する

iPhoneがジェイルブレイク(以下、脱獄)されている場合、ハッキングされやすい可能性があります。

特に中古iPhoneの場合、脱獄済みの可能性があるため、見慣れないアプリやカスタマイズなど、デバイスにジェイルブレイクの兆候がないか探してみてください。

ハッキング調査の専門業者まで対応を依頼する

iPhoneにハッキングの疑いがある場合、ハッキング調査の専門業者に連絡し、悪意のあるソフトウェアやデータ漏えいの有無を調査してもらうとよいでしょう。

なおハッキング調査をする場合、調査の範囲や期間、料金について事前に確認することが重要です。また、調査後には、報告書の提出を依頼すると良いでしょう。これにより、今後同様の問題を回避するための対策を講じることができます。

ハッキング調査に対応した専門業者を選ぶときのポイント

ハッキング調査に対応した専門業者を選ぶときのポイントは次の6つです。

  • 実績がある
  • スピード対応している
  • セキュリティ体制が整っている
  • 法的証拠となる調査報告書を発行できる
  • データ復旧作業に対応している
  • 費用形態が明確である

上記のポイントから厳選したおすすめの業者が、デジタルデータフォレンジックです。

デジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジック
公式HPデジタルデータフォレンジック

✔警視庁への捜査協力を含む、累計14,000件の相談実績
✔企業で発生しうるサイバーインシデント・人的インシデントの両方に対応
✔国際標準規格ISO27001/Pマークを取得した万全なセキュリティ体制
✔警視庁からの表彰など豊富な実績
14年連続国内売上No.1のデータ復旧技術を保有(※)
(※)データ復旧専門業者とは、自社及び関連会社の製品以外の製品のみを対象に保守及び修理等サービスのうちデータ復旧サービスを専門としてサービス提供している企業のこと。第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく(算出期間:2007年~2020年)

デジタルデータフォレンジックは、累積ご相談件数14,000件以上を誇る、対応件数では国内最大級のフォレンジック業者です。マルウェア感染・情報漏洩・社内不正から、データ復元技術を活用したデータのサルベージまで幅広くサービスを展開しています。

iPhoneにハッキングの疑いがある際に被害拡大を防ぐ対処法9選

iPhoneにハッキングの疑いがある際の対処法としては次の物があります。

  1. iPhoneをオフラインにする
  2. iCloudに紐づけられているパスワードを変更する
  3. Apple IDを取り戻す
  4. ポップアップは操作しない
  5. Safariの設定を確認する
  6. 最新のiOSをインストール
  7. 怪しいアプリをアンインストールする
  8. iPhoneを初期化する(※ただし被害は分からなくなる)
  9. ハッキング調査に対応している専門業者へ相談する

①iPhoneをオフラインにする

iPhoneiPhoneンにiPhoneード更するティもあわせて行うのが重要

②iCloudに紐づけられているパスワードを変更する

iPhoneにハッキングの疑いがある場合、iCloudに紐づけられているパスワードをセキュリティ設定から変更することをおすすめします。iCloudのパスワードを変更すると、デバイスにアクセスできるユーザーを制限することができます。

iCloudに紐づけられているパスワードを変更する手順は次のとおりです。

  1. iPhoneの画面から、「設定」アプリを開きます。
  2. 「アカウント」をタップし、「iCloud」をタップします。
  3. 「パスワードとセキュリティ」をタップします。
  4. 「パスワードを変更」をタップします。
  5. 現在のパスワードを入力します。
  6. 新しいパスワードを入力し、確認のために再度入力します。
  7. 「変更」をタップします。

なお、新しいパスワードは複雑で、他の人が簡単に推測できないようにすることも重要です。

③Apple IDを取り戻す

Apple ID が不正利用されている可能性がある場合、以下の手順で Apple ID を取り戻し、アカウント情報を確認してください。

  1. Apple ID のメールアドレスまたは電話番号を入力します。
  2. パスワード再設定用のメールを受け取ります。
  3. Apple ID のセキュリティチェックを行います。
  4. 新しい認証情報を使用して Apple ID にアクセスします。
  5. Apple ID の設定を開きます。
  6. Apple ID の名前、メールアドレス、パスワードなどアカウント情報を確認します。
  7. 不正アクセスを防ぐためのセキュリティ対策を行います。
  8. 2要素認証を設定するなど、必要なセキュリティ対策もあわせて行います。

④ポップアップは操作しない

iPhoneのハッキングが疑われる場合、ポップアップは操作しないでください。

ポップアップには不正なマルウェアが含まれている可能性があり、ハッキングやデータ詐取などの被害にあう可能性があります。

⑤Safariの設定を確認する

Safariには有害なポップアップやウェブサイトを全自動でブロックする機能が搭載されています。

これら機能がオフになっていないかを確認しましょう。

「ポップアップブロック」をオンにする

iPhoneのポップアップブロック機能とは、ウェブサイトから表示されるポップアップ広告などをブロックする機能です。

iPhoneではSafariブラウザが搭載されており、Safariから表示されるポップアップ広告などを自動的にブロックする機能が備わっています。また、iOS 11以降では、Safariで表示されるポップアップ広告などを個別にブロックすることも可能となっています。

ただし、これがオフになっていると、iPhoneでポップアップが表示される場合があります

「ポップアップブロック」をオンにする手順は次のとおりです。

  1. iPhoneのホーム画面で「設定」をタップします。
  2. 「Safari」をタップします。
  3. 「ポップアップをブロック」をオンにします。

「詐欺 Web サイトの警告」をオンにする

「詐欺 Web サイトの警告」は、悪意のある詐欺サイトを検出してユーザーに警告を表示するフィルタリング機能です。

警告機能をオンにする方法は次のとおりです。

  1. 「設定」から「Safari」を開きます。
  2. 「詐欺サイトの警告」をオンにします。
  3. 「詐欺サイトの警告を有効にする」をオンにします。

⑥最新のiOSをインストール

iPhoneのハッキングを防ぐためにも、最新のiOSをインストールすることが大切です。

なぜなら、iOSアップデートでは、新しいセキュリティ機能が追加されるからです。新しいマルウェアは日々数十万と生成されるため、それらを防御するためにもアップデートは欠かせません。

最新のiOSを確認し、インストールする手順は次のとおりです。

  • 「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」→インストール

iPhoneのハッキングを防ぐためにも、iOSのセキュリティ設定を厳重に管理し、不正なアプリをインストールしないようにしましょう。

⑦怪しいアプリをアンインストールする

怪しいアプリをダウンロードしてしまった場合や、身に覚えのないアプリがダウンロードされている場合、該当するアプリをアンインストールすることで対処できる可能性があります。

この方法は、アプリ自体に遠隔操作や情報窃取をする機能があるものであれば対応できる可能性がありますが、「ウイルスなどのマルウェアをインストールさせるため」にアプリのインストールさせるような手法の場合、アプリを消しても解決はできません

⑧iPhoneを初期化する(※ただし被害は分からなくなる)

ウイルスやトロイの木馬のようなマルウェアに感染してしまった場合、iPhone自体の初期化を行うことで、マルウェア自体への対処も可能です。初期化を行うことで、iPhone内のデータが消えてしまうため、この方法はバックアップがある場合に行いましょう。

ここで注意していただきたいのが、「初期化をするために、今からバックアップデータを作成する」という作業は行わないでください。仮にiPhoneが何らかのウイルスに感染していた場合、パソコンやUSB等のバックアップデータを保存したデバイスもウイルスに感染してしまう可能性があります。

また、初期化を行いiPhoneが感染しているマルウェアへの対処が完了した場合でも、窃取された情報によっては、被害が継続する場合があるので、情報漏洩有無の調査などを行うことを検討しましょう。

⑨ハッキング調査に対応している専門業者へ相談する

何をして良いか分からない場合や、紹介した対処法を個人で行うのが不安な方は、ハッキング被害の調査に対応している専門業者へ相談してみてください。業者によっては無料で相談をすることができ、最短当日の対処/調査が可能です。ハッキング調査に対応している業者では以下のような項目を調査可能であり、調査レポートを作成してもらえる場合もあります。

  • どのような経路でハッキングされたのか
  • いつからハッキングされているのか
  • 情報漏洩の有無

フォレンジック調査

ハッキング調査に活用される技術として「フォレンジック」というものがあります。

フォレンジックはスマホやPCなどの記憶媒体や、ネットワークに残されているログ情報などを調査・解析をすることで、社内不正調査やサイバー攻撃の被害調査などに活用される技術のことです。

別名で「デジタル鑑識」とも呼ばれ最高裁や警視庁でも法的な捜査方法として取り入れられています

おすすめのiPhoneハッキング調査対応の専門業者

iPhoneのハッキング調査に対応している専門業者の中でも「実績」と「スピード」を重視して選定しました。

デジタルデータフォレンジック


公式HPデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、個人はもちろん、大手企業や警察からの依頼も多数解決しているため、実績・経験は申し分ないフォレンジック調査対応業者です。フォレンジック調査に対応している業者では珍しく個人のハッキング調査にも対応している特長があります。さらに、「Pマーク」「ISO27001」を取得しているため、セキュリティ面でも信頼がおけます。

相談から見積もりまで無料で行っているので、フォレンジック調査を検討している際は、まずは実績のあるデジタルデータフォレンジックに相談すると良いでしょう。

費用 ■相談から見積もりまで無料
※機器の種類・台数・状態によって変動
調査対応機器 スマートフォン(iPhone/Android)、RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカードなど
調査実施事例 警察からの捜査依頼(感謝状受領)、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ復元、マルウェア・ランサムウェア感染調査など
特長 大手企業や警察を含む累計14,233件の相談実績
個人での調査依頼にも対応
■「Pマーク」「ISO27001」取得済のセキュリティ

デジタルデータフォレンジックのさらに詳しい説明は公式サイトへ

iPhoneのハッキングを予防する方法7選

iPhoneをハッキングから守る方法はいくつかあります。

ここでは、iPhoneのハッキングを予防するために、以下7つの方法を紹介します。

  • iPhoneはジェイルブレイク(脱獄)しない
  • サードパーティアプリをインストールしない
  • フィッシング詐欺に警戒する
  • 見知らぬ人や不審な人から送られてくるリンクを開かない
  • 多要素認証を有効化する
  • VPN(Virtual Private Network)を使う
  • スマホを最新の状態に保つ

iPhoneはジェイルブレイク(脱獄)しない

ハッキングされる可能性が高まるため、ジェイルブレイク(脱獄)は推奨されません。通常、iOSデバイスは、アプリケーションのインストールに厳格な制限があるため、ジェイルブレイクは必要ありません。

しかしジェイルブレイクを行うと、iOSのセキュリティ設定が解除され、悪意のあるアプリケーション(マルウェア)がインストールされてしまう可能性があります。また、ジェイルブレイクを行ったデバイスは製品保証が無効になる場合があるため、注意しましょう。

サードパーティアプリをインストールしない

サードパーティのアプリをインストールしないことが重要です。たとえそれが役立つように見えたとしても、信頼できないウェブサイトから入手したアプリは、深刻な問題を引き起こす可能性があります。

基本的には、Appleが提供する公式App Storeからのみアプリをダウンロードすることで、マルウェアに感染する可能性を低くすることができます。したがって、アプリをインストールする際は、必ずApp Storeからダウンロードするようにしてください

フィッシング詐欺に警戒する

フィッシング詐欺に警戒することも重要です。最近では、フィッシング詐欺がますます巧妙化しており、不審なメールやリンクだけでなく、偽のウェブサイトに誘導されることもあります。そのため、「メールの差出人が信頼できるかどうかを確認する」、「URLを確認する」、「受信箱の設定を見直す」など、さまざまな方法でフィッシング詐欺から自分自身を守る必要があります。

見知らぬ人や不審な人から送られてくるリンクを開かない

見知らぬ人や不審な人から送られてくるリンクを開くと、個人情報が盗まれたり、悪意あるソフトウェアがコンピューターにダウンロードされる可能性があります。信頼できる相手からのみ送られてきたリンクを開くようにしましょう。

また、不審なリンクが送られてきた場合には、あらかじめウイルス対策ソフトウェアで防御できる環境を構築しておきましょう

多要素認証を有効化する

多要素認証を有効化することで、ハッキングからの防御に役立ちます。

たとえばログイン時にパスワードだけでなく、SMSや指紋認証などを施すことでセキュリティが強化されます

VPN(Virtual Private Network)を使う

VPN(Virtual Private Network)を使うこともおすすめです。

VPNを使用することで、インターネット接続が暗号化され、プライバシーが保護されます

スマホを最新の状態に保つ

スマホを常に最新の状態に保つことも重要です。Appleがリリースするセキュリティアップデートを都度インストールしましょう。これによりセキュリティの脆弱性を修正することができます。

まとめ

今回は、iPhoneでハッキングされる原因や対処法をご紹介しました。

もし警告文が出た際は「インストール」「キャンセル」などのボタンを押さずにwebページごと削除しましょう。

また、iPhoneがハッキングされている可能性を感じたら上記の対処をとりましょう。

ご自身での操作に不安を感じる方や解決しない方は、専門の調査会社への相談をおすすめします。専門業者では、ハッキングされたiPhoneの詳細な情報を収集し、データの漏えい先を追跡することもできます。

また、iPhoneを安全に利用するためには、定期的なセキュリティのアップデートを行うことも必要です。ハッキング被害を未然に防ぐためにも常日頃から気をつけてデバイスをお使いください。

SNSでもご購読できます。