【解決】SDカードが認識しない・読み込まないときの原因と対処法を解説|サイバーセキュリティ.com

【解決】SDカードが認識しない・読み込まないときの原因と対処法を解説



SDカードがPCに認識されずにデータにアクセスできない
SDカードをフォーマットしたらPCに読み込まれない

上記のような場合、SDカードに保存されているデータにアクセスするためにはどのような対処を行えばよいのでしょうか。

SDカードは小型で持ち運びがしやすく、PCだけでなくスマートフォンやビデオカメラなど幅広い種類の機器でデータ保存に使われている記憶媒体です。

この記事では、SDカードが認識されない・読み込まない場合の解決方法や、データを「安全に」復旧・復元する方法を紹介します。

※この記事で紹介する内容はmicroSDカードにも共通しています。

SDカードとは?

SDカード(SDメモリカード)とは機器のデータを保存するための記憶媒体(メモリ)で、フラッシュメモリに分類されるカードです。

HDDと比較すると、モーターの回転部分が搭載されていないため、小型で軽量化され持ち運びがしやすく耐久度が高いのが特徴で、最近ではSDカードは主に写真や動画、音楽などの大きめのデータの保存にも利用されます。

ただし、データの書き換え回数に制限があり、データの書き換え頻度が高い・長期間保存の用途には向いていません。

SDカードはPCだけでなく、デジタルカメラやビデオカメラ、スマートフォンやドライブレコーダーなどに幅広く活用されています。

SDカードとMSD(マイクロSDカード)の違い

SDカードの種類を大きく2つに分けると、以下2つに分類できます。

  • SDカード
  • MSD(マイクロSDカード)

SDカードの一種としてMSDと呼ばれるSDカードの4分の1ほどの小さなものもあり、変換アダプタを利用することでSDカードと同様に扱うことができます。

MSDはスマホやケータイ、音楽プレイヤーなど、より軽量化が求められている機器で利用されることが多いです。

SDカードを認識しない・読み込まない原因

SDカードを認識しない・読み込まない原因には、以下のようなものがあります。

  • SDカードの物理的破損(折れる・曲がる・水没etc.)
  • 対応外の規格・種類を使用している
  • 正しく差し込みができていない
  • SDカードまたはPCなどの使用機器側の接触不良
  • カードリーダーやアダプタなどの不具合
  • 書き換え回数の上限、経年劣化
  • データの誤削除
  • データを上書きしてしまった
  • 意図しないフォーマット
  • ウイルス感染

SDカードの物理的破損(折れる・曲がる・水没etc.)

SDカードに強い衝撃がかかると、物理的に折れたり、曲がったりします

特にmicroSDカードなど、小型のSDカードでは、強く差し込んだ際に根元から折れてしまう場合もあります。また、SDカードに飲み物などをこぼしてしまった場合も同様に、内部の基盤が破損し、データにアクセスできなくなることがあります。

折れている・欠けているなどは目視で確認できますが、「メモリチップ・コントローラー破損」など目視では確認できない症状もあります。

対応外の規格・種類を使用している

SDカードにはいくつか規格・種類があります。

SDカードは、保存できるデータ容量の大きさによって3つの規格に分かれています。

  • SDカード(上限容量2GB)
  • SDHCカード(4GB-32GB)
  • SDXCカード(64GB以上)

見た目の大きさやサイズはどれも一緒ですが、機器とSDカードの規格が合っていなければ、接続しても認識されません。

SDカードを使用する際には、SDカードの規格と使用する機器が対応しているかどうかを確認しましょう。

正しく差し込みができていない

SDカードをパソコンやデジタルカメラ、変換アダプタなどの機器にしっかり差し込まれていないと、正しく認識されない原因になります。

差し込み具合がSDカードを認識しない原因である場合はSDカード自体に問題がない可能性が高くなります。しっかり差し込まれているか確認しましょう。

SDカードまたはPCなどの使用機器側の接触不良

SDカードの接続部分に、汚れや摩擦などによって接触不良が発生していると、認識されなくなることがあります。

また、SDカードではなく、パソコンやデジタルカメラ、カードリーダーなどの使用機器側の接続部分の接触不良が原因になっている可能性もあります。

カードリーダーやアダプタなどの不具合

カードリーダーやアダプタ、USBポートに、故障や何らかの不具合が発生していると、SDカードを認識しない原因になります。

他のカードリーダーやアダプタ、USBポートに差し込んでSDカードを認識するか否かを確かめましょう。それでも認識しない場合には、SDカードに原因がある可能性が高いです。

書き換え回数の上限、経年劣化

SDカードに搭載されているフラッシュメモリは、データの読み書きをおよそ数千~1万回行うと、絶縁膜が劣化し、データの元となる電子が抜けてしまいます。フラッシュメモリは、HDDと構造上の違いから、既存の復元ソフトや、技術力の乏しい復旧業者ではカバーしきれないことが多く、データ復元の難易度も高いため、個人で対処することは極めて困難です。

物理障害は、破損箇所の修復が必要なため、自力での解決はほぼ不可能です。データを取り出したい場合は、技術力のあるデータ復旧の専門業者に相談してください。

データの誤削除

データを誤って削除してしまった場合、直ちに使用を中止すればデータを救出できる場合があります。ただし、SDカードに残っているデータの痕跡を解析して復元するには、専門のツールが必要になります。

データを上書き保存してしまった

ドライブレコーダーや防犯カメラなどは、SDカードの容量が限界になっても継続的にデータの保存ができるように、古いデータから自動で新しいデータを上書きする仕組みになっています。

データの上書き保存によるデータ紛失は、削除データの復旧よりも復旧の難易度が高いため、データの復旧が必要な場合は直ちに使用を中止し、データ復旧の専門業者へ相談しましょう。

意図しないフォーマット

データの整合性が崩れると、「フォーマットしますか?」というエラーメッセージが表示され、データにアクセスできなくなることがあります。

フォーマットをしてしまうと、SDカード上のデータへのアクセスが不可能となるため、絶対にフォーマットしないようにしましょう。そもそも「フォーマットしますか?」と表示される時点で、SDカードには物理的、または論理的な障害が起きている可能性があります。

フォーマットすると、状態が著しく悪化するので、繰り返しになりますが、絶対にフォーマットしないようにしましょう。すでにフォーマットを行ってしまった場合は、直ちに通電を止めフォーマットに対応しているデータ復旧の専門業者に相談してください。

ウイルス感染

SDカードでは、ウイルス感染が原因でデータが破損する場合があります。中には、ランサムウェアといってデータが読み込めなくなるだけでなく身代金を要求するなどの犯罪に巻き込まれることもあるため、ウイルス感染が少しでも疑われる場合は、自分で対処しようとせず、専門業者に相談するようにしてください。

SDカードに発生する障害の種類

SDカードが認識されない原因が、SDカード自体に問題が発生していることだと考えられる場合、対処方法を実行する前に、生じている障害の種類を特定することが大事です。
障害の種類によって対処方法は異なります。そのため、障害に適した対処をしなくては、かえって状態を悪化させてしまうことになり、意味がありません。
SDカードに発生する障害の種類は、大きく分けると「物理障害」「論理障害」の2つになります。

物理障害

「物理障害」とは、SDカードに物理的な破損・故障が生じている状態を指します。

SDカードの物理障害例

SDカードの物理障害には以下のようなものがあります。

  • 折れている/曲がっている/水没した
  • 接触部分や部品の傷/破損
  • 寿命(書き込み回数が上限に達しているなど)
  • 経年劣化
  • 静電気

このような状態で通電や操作を行うと、さらに状態を悪化させ、データを取り戻せなくなる恐れがあります。物理障害が発生しているSDカードからのデータ復旧には、物理的な修復をしてからデータ復元する作業が必要になり、専門設備や知識が無くては出来ないものです。

物理障害が発生しているSDカードからデータを復旧したい場合には、すぐにデータ復旧の専門業者に相談しましょう。

 

論理障害

論理障害とは、SDカードに保存されているデータが破損している障害です。

SDカードの論理障害例

  • データを上書き保存してしまった
  • データの誤削除
  • 意図しない初期化/フォーマット
  • SDカードのデータ読み書き中に取り外してしまった
  • SDカードのデータ読み書き中に使用機器のバッテリーが切れ、データが破損した
  • システムやプログラムファイルの破損
  • ウイルス感染

外見上の破損は見られないものの、保存されているデータが破損していると、ファイルが開けないという状態になります。このような状態で、むやみに作業を行ってしまうと、データの上書きなどが行われ、データ復旧の難易度が上がってしまう可能性があります。

また、「フォーマットする必要があります」などのエラーメッセージが表示されている場合にも注意が必要です。

SDカードを認識しない時に表示されるエラーメッセージ例

以下のようなエラーメッセージが表示された場合には、使用をやめ、SDカードをすぐに取り外しましょう。

  • ドライブ〇:を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?
  • ディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?
  • セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした。
  • ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。
  • パラメータが間違っています。
  • アクセスが拒否されました。

これらのようなメッセージが表示されても、「はい」を押さず「キャンセル」してSDカードを取り外してください。

万が一、「はい」を押してしまった場合には、それ以上SDカードに操作を加えないようにしてください。操作を加えることにより、新たにデータが上書きされ、取り戻したいデータを復旧できなくなるリスクが高まります。

SDカードが認識しない・読み込まない場合の注意点

SDカードが認識しないという状況では、以下に紹介する点に注意してください。

  • SDカードの抜き差しを何度も繰り返さない
  • 静電気に気を付ける
  • 通電を避ける、機器の再起動を繰り返さない
  • SDカードを無理やり差し込まない
  • データの読み書き中にSDカードを抜かない
  • SDカードを曲げない

SDカードの抜き差しを何度も繰り返さない

SDカードを何度も抜き差しすることは避けましょう。過度に抜き差しをしてしまうと、コネクタ部分の状態が悪化してしまいます。また、データを読み書きしている最中に、SDカードを抜いてしまうと、ファイルシステム情報が破損し、データにアクセスできなくなる可能性があるため絶対に行わないでください。

静電気に気を付ける

SDカードに使われているフラッシュメモリは静電気に弱く、過度の電流が流れると、ショートしてしまう場合があります。とくに冬場の静電気には気を付けましょう。対策方法として、「乾燥した環境下で作業を行わない」「静電気を防止する手袋を使う」などがあります。

通電を避ける、再起動を繰り返さない

SDカードへの通電はできるだけ避けましょう。SDカード自体が物理的に破損している場合、通電を続けると、状態悪化を招きかねません。また、SDカードに保存されているデータが上書きされ、データ復旧の難易度が上がってしまいます。また、PCなど使用している機器側に何らかの問題がある場合、再起動を行うことで解決する場合があります。ただし、再起動はPC側にもSDカードにも大きな負荷がかかる行為のため、何度も試さず、1回に留めておきましょう

SDカードを無理やり差し込まない

SDカードが認識しない場合、正しく差し込まれているか不安になり、無理やり差し込んでしまう場合があるかもしれません。しかし、SDカードは非常に小型で薄いため、強い力が加わるとすぐに壊れてしまいます

データの読み書き中にSDカードを抜かない

SDカードを、パソコンやデジタルカメラなどの使用機器に接続し、データの読み書きを行っている途中で、使用機器から抜かないでください。

読み書き中に抜いてしまうと、認識しなくなる、データの読み書きができなくなることに加え、データが破損する原因になります。

SDカードを曲げない

SDカードが曲がったり変形したりしていても、元に戻そうと力を加えないでください。

それ以上衝撃を与えても、さらに障害が悪化するだけです。

曲がったり変形したりしているSDカードからデータ復旧したい場合には、それ以上触らずに早めにデータ復旧の専門業者に相談しましょう。

SDカードが認識しない・読み込まない場合の対処法

SDカードが認識されない場合、まずは以下の対処法を試してみてください。

  • 傷や折れ曲がりなど外的な損傷がないかを目視
  • ホコリや汚れを取る
  • 正しく挿入されているか確認する
  • 他の機器で試す
  • 機器の再起動を行う
  • SDカードの種類を確認する
  • チェックディスク(自動修復)をおこなう
  • ドライバーの再インストールを行う
  • フォーマットを行う
  • データ復旧ソフトを使用する

適切ではない対処法を行ってしまうと、状態が悪化し、保存しているデータを失ってしまう可能性があります。「取り出したいデータの重要度が高い」「自身での作業が不安」という場合は、無料で相談できるデータ復旧の専門業者に相談してみてください。

傷や折れ曲がりなど外的な損傷がないかを目視

そもそも、SDカードに外的な損傷がないか確認しましょう。

外的な損傷がある場合、ここで説明している自力で出来る対処法を行うと状態が悪化する恐れがあります。データを安全に取り出したい場合には、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

ホコリや汚れを取る

SDカードのコネクタ部分にホコリがつまっているなど、汚損している場合は、ティッシュで取り除きましょう。改善する場合があります。

正しく挿入されているか確認する

SDカードが機器に正しく挿入されていない場合は、SDカードは認識されません。

一度、正しく挿入されているか確認をしましょう。

他の機器で試す

PCやビデオカメラなど、SDカードを読み取っている機器側に問題がある場合もSDカードは認識されません。

読み取る機器を変えることでSDカードが認識される場合があるため、一度他の機器で認識されるか確認してください。

機器の再起動を行う

PCやビデオカメラなどの使用機器側に問題が発生している場合、再起動を行うことで解決する場合があります。

しかし、再起動は機器への負担が大きいため、問題のある機器に再起動を行うことは、機器破損やデータ紛失のリスクがあります。

重要なデータや機器の場合、上記までの方法を行い解決しない時点で、目的に合わせて下記に紹介する専門業者に相談してください。

SDカードの種類を確認する

先程も説明した通り、SDカードには3つの規格が存在します。

使用機器によっては、使用できるSDカードの規格が限定されている場合があります。使用機器に認識されるSDカードの種類かどうかを確認しましょう。

チェックディスク(自動修復)をおこなう

チェックディスク(chkdsk)とは、ファイルシステムのエラーを修復する機能です。ファイルシステムとは、どこに、どのようなデータがあるのかを管理する、本棚のような仕組みのことです。

しかし、強制終了などが原因で、ファイルシステムの整合性が乱れると、データにアクセスが出来なくなることがあります。ただし、データそのものは破損していないことが多く、チェックディスク後、データにアクセスできるようになります。

ただし、チェックディスクは、システム上のエラーしか対応できず、データ削除・経年劣化・物理障害には対応できませんこのような状態でチェックディスクすると、デバイスが完全に破損する恐れがあります。「異音がする」などの状態で、データを復元したい場合は、修復ツールやデータ復元ソフトを使用せず、データ復元サービスに対応を依頼しましょう。

チェックディスクの実行方法は次のとおりです。

手順1:PCアイコンから対象となるHDDを選択し、プロパディを開きます

手順2:タブからツールを選択し、エラーチェックから「チェック」を選択します

ドライバーの再インストールを行う

SDカードが認識されない場合、ドライバーの再インストールを行うことで解決する場合があります。

ドライバーの再インストール方法は以下の通りです。

  • Windowsマークを右クリックして、「デバイスマネージャー」メニューをクリック

デバイスマネージャ操作

  • デバイスの一覧からSDカードのアイコンのメニューを右クリック

デバイスマネージャ操作2

  • 右クリック→「デバイスのアンインストール」をクリック

デバイスマネージャ操作3

  • 数分放置し、再度SDカードを挿入
  • ドライバーが自動的に再インストールされる

フォーマットを行う

SDカードのフォーマットを行うことで、認識されないSDカードが認識される場合があります。ただし、フォーマットを行うと保存されているデータにアクセスすることが出来なくなるということです。

フォーマットは、バックアップデータがある場合など、SDカードに保存されているデータが1つも必要ではない場合のみで行ってください。

データが必要であるにもかかわらず、既にフォーマットを行ってしまった場合は、フォーマットに対応している技術力の高いデータ復旧専門業者に相談してください。

データ復旧ソフトを使用する

SDカードに対応している市販のデータ復旧ソフトを使用する方法もあります。

認識されないSDカード内に保存されているデータが必要な場合、データ復元ソフトを使用することでデータを取り出すことが出来る場合があります。

しかし、データ復元ソフトは軽度の論理障害しか対応していません。ソフトが対応していない障害であるにもかかわらずソフトの使用をしてしまうと、データの上書きや、破損している部品の状態悪化などを招き、最悪の場合データを完全に失ってしまう可能性もあるため注意してください。

また、ソフトの使用には一定以上のリテラシーが必要であり、誤操作による上書きなどのリスクがあることも注意しましょう。

中のデータが最悪消えてしまっても構わないので安価で復旧を試したいという場合は市販のソフトや修復ツールを試してみてもよいでしょう。

それでも解決しない場合はデータ復旧業者に相談する

ここまで紹介した方法でも解決しなかった場合や、自分で対処してデータが消えるのが怖い場合は、専門業者に相談しましょう。

専門業者には①データ復旧サービス②メーカー等の修理サービスの2種類がありますが、SDカードに必要なデータが1つでもある場合は、データ復旧専門業者に相談するのがおすすめです。

そもそも、障害が発生したSDカードを修理してそのまま使い続けることはできません。新品に交換する際にそのままデータを破棄するか、データ復旧を取り出すかという選択が必要になります。

SDカードのデータ復旧は難易度が高いため、復旧実績が豊富な専門業者に依頼したほうが復旧できる確率が高まります。メーカーの修理サービスに依頼しても実際はデータ復旧の専門業者が下請けで作業をするケースも多くあるため、最初からデータ復旧の専門業者に相談したほうが速くて確実です。

SDカードデータ復旧の専門業者を選ぶポイント

データ復旧専門業者に相談すると、故障したSDカードからデータを取り出してくれます。ただ、データ復旧業者は、全国に100社以上ありその選定は難しいです。「安かった」「近かった」「メーカの保障だった」などの安易な理由ではなく、確実にデータを取り戻すには「技術力」を選定基準の軸にしましょう。

データ復旧業者の実力を確実に見極めるためのポイント

【ポイント1】データ復旧業者の技術力を見極める
【ポイント2】信頼できる復旧業者かどうかを見極める
【ポイント3】サービスの利用しやすさを見極める

また、避けた方がいいSDカードのデータ復旧業者の特徴SDカードのデータ復旧業者を選ぶ3つのポイントについての詳細はこちらの記事で詳しく解説しています。

データ復旧専門業者の中には、無料で相談から見積もりまで行っている業者も存在しますので、一度相談してみるとよいでしょう。

おすすめデータ復旧サービス・製品

データ復旧業者への相談を検討している方のために、おすすめのデータ復旧業者をご紹介します。

データ復旧専門業者に依頼するのであれば、確実にデータが復旧できないと意味がありません。そこで、データ復旧サービス各社の復旧率、設備規模、復旧スピード、価格や特長を比較した結果から、おすすめのデータ復旧業者を選定しました。

(2022年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 外付けHDD、パソコン(ノート/デスクトップ)、RAID機器(NAS/サーバー)、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

SDカードが認識しないときによくある質問

SDカードが認識しないトラブルの際によくある質問をまとめました。

SDカードのデータ復旧料金は?

SDカードのデータ復旧料金には幅があり、数千円~数十万円ほどです。業者の技術力(作業内容のレベル)の差や、容量の大きさ、故障内容などによって料金が変動します。

不安な場合は、まず無料診断を受けて料金の見積もりを出してもらうとよいでしょう。

SDカードは何年持つ?

SDカードの寿命は意外と短く、平均2~3年と言われています。データの読み書き回数の上限によって寿命が決まるため、頻繁に読み書きを行うとさらに早く寿命が来ます。また、しばらく放置していると経年劣化でデータが見られなくなったり認識できなくなることがあります。

SDカードが壊れるとどうなる?

SDカードが故障すると、パソコンやスマホなどに接続してもデータが認識しなくなったり、エラーメッセージが表示されてデータの読み書きができなくなります。

焦って何度も抜き差ししたり自己流で対処すると症状が悪化するおそれがあるので、まずは落ち着いて適切に対処しましょう。

自力で対処するのが不安という方は、専門業者に相談してデータを救出してもらうことをおすすめします。

まとめ

SDカードが認識しない原因と対策方法、さらに注意点まで紹介しました。デジタルカメラやスマートフォンの写真ファイルなど、SDカードに大切なデータを保存している人も多いでしょう。そんな時、突然認識しなくなったら、困惑してしまいます。

SDカードが認識しない時の対策方法は、この記事で紹介した通りですが、そもそもSDカードは消耗品であると考えるべきです。そのため、故障するまで使い続けるのではなく、数年に1回程度で構いませんので、新しいSDカードへの交換と、重要なデータをパソコンやクラウドへバックアップしましょう。そうすれば、万が一、SDカードが認識しなくなっても、慌てることは少ないはずです。

どうしようもない場合には、一度データ復旧業者に相談してみましょう。

SNSでもご購読できます。