「サーバーに接続できません」と表示されるときの原因や対処法|サイバーセキュリティ.com

「サーバーに接続できません」と表示されるときの原因や対処法

本コンテンツには広告を含み、本コンテンツを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から送客手数料を受け取ることがあります。



「サーバーに接続できません」と表示されることはありませんか?サーバーの接続問題が発生すると、データが消失する可能性があります。そのため原因を正確に把握し、迅速に対応することが重要です。ただし、適切な方法で行わなければ状態が悪化し、データが損傷する恐れがあるため慎重に対処しましょう。

この記事では、サーバーに接続できない場合の原因や注意点、対処法について解説します。

サーバーに接続できない原因

サーバーに接続できない原因は以下のとおりです。

ケーブルの問題

LANケーブルの故障により、サーバーが接続できないことがあります。経年劣化や破損によって、LANケーブルに断線や接続不良が生じていないか確認しましょう。

サーバーの故障

サーバーの故障が原因である可能性があります。経年劣化や筐体の破損が起こると、サーバーの接続に支障が生じます。また、アクセス権限を変更した場合も、サーバーへの接続が難しくなることがあるため注意しましょう。

ルーターの故障

ルーターの故障は、サーバーが接続できない原因になります。ルーターはネットワーク上で通信を制限し、データを転送する役割を担っています。ルーターが故障するとネットワーク通信の遮断、サーバーが正しく特定されない等の問題が発生します。

セキュリティソフト

セキュリティソフトが原因でサーバーの接続が遮断されることがあります。セキュリティソフトの設定によっては、インターネットへの接続が制限されます。また、複数のセキュリティソフトの使用は、サーバーの通信速度にも影響を及ぼすことがあるため注意しましょう。

ハードウェアの故障

ハードウェアが故障すると、サーバーの接続に支障をきたす可能性があります。ハードウェアとは、コンピュータやデバイスの実体となる物理的な機器や部品です。例えば、HDDやCPU、メモリ等が含まれます。

ハードウェアはサーバーの基本的な機能を担っています。そのためハードウェアが故障により正常に機能しないと、サーバー全体の性能が低下し、通信やデータの処理が妨げられます。

故障したハードウェアをむやみに復旧させるのは危険です。ハードウェアは非常に繊細な機器であり、些細な衝撃や振動でも故障したりデータが消失したりします。操作や判断を誤れば、状態が悪化するだけでなく、大事なデータも失いかねません。

したがって、ハードウェアが故障した際は、専門的な知識や優れた技術をもった専門業者に相談しましょう。

サーバーに接続できないときの注意点

サーバーに接続できないときの注意点は以下のとおりです。

過度に接続を繰り返さない

過度に接続を繰り返すのは控えましょう。機器に負担がかかり状態が余計に悪化する恐れがあります。

むやみに個人で対処しない

サーバーに接続できない場合でも自力で対処するのは控えましょう。サーバーの故障原因を見分けることは難しく、表面的な症状だけで判断すると、根本原因を見落とす危険性があります。

原因を正しく見極められなければ、適切に対処することはできません。誤った方法で対処すると、状態が悪化し大事な保存データが消失する可能性が高まります。

そのため、サーバーが接続できない際は自力で対処せず、専門業者に相談するようにしてください。

サーバーに接続できないときの対処法

サーバーに接続できないときの対処法は以下のとおりです。

エラーメッセージを確認する

サーバーに接続できない場合は、エラーメッセージを確認しましょう。例えば、エラーコード:403は「アクセス禁止」を意味します。この場合、「サイト側に問題が発生し閲覧が禁止されている」もしくは「サイト自体がダウンしている」ということがわかります。

別の機器で接続できないか試す

別の機器で接続できないか試してみましょう。デバイスに問題がある場合、正常に接続することができます。

再起動する

再起動をすることで不具合が解消する可能性があります。ただし、再起動は一度だけ行いましょう。繰り返し行うことで機器に負担がかかり、状態が悪化する恐れがあります。

ケーブルの配線を見直す

ケーブルの配線を見直しましょう。ケーブルを挿し間違えていたり、差し込みが甘かったりすると上手く接続できないことがあります。

セキュリティソフトを一時停止する

セキュリティソフトがサーバーの接続に影響を及ぼすことがあります。その場合、セキュリティソフトを一時停止してサーバーへ接続できるか確認しましょう。セキュリティソフトはインターネットからの危険な信号を監視・遮断して情報漏えいを防ぐ機能がありますが、この機能に問題が発生することで、サーバーへの接続ができなくなります。

通信障害がないか確認する

通信障害やメンテナンスが原因でサーバーが接続できないことがあります。契約している回線やプロバイダーを確認しましょう。

機器のランプを確認する

機器のランプが正常に点灯しているか確認しましょう。通常、ランプは緑色に点灯しますが、サーバーに異常が発生すると他の色が点灯したりランプが点滅したりします。異常が確認された場合は、すぐに専門業者に相談しましょう。

ルーターの接続先を変更する

ルーターの接続先を変更しましょう。ルーターは2.4GHzと5GHzの周波数帯があります。普段2.4GHzの周波数帯を使用している場合、5GHzに切り替えることで、問題が解消する可能性があります。

専門業者に相談する

サーバーが接続できない状態の機器からデータを復旧したい場合、専門業者の利用を検討しましょう。データ復旧は高度な技術と経験が必要です。専門業者は機器の状態を正確に分析し、適切な手順でデータを救出することができます。

また、自分で復旧しようとすると操作を誤ってデータを損傷させるリスクが高く、これを避けるためにもプロに頼ることが一番です。一度データが損傷すると二度と元には戻りません。データを確実に復旧したい場合は、データ専門復旧業者へ相談しましょう。

ただし、データ復旧業者は業者によって技術力に差があるため、復旧率の高い業者に依頼することが重要になります。データ復旧会社を選ぶポイントは、以下の記事で詳しく解説しています。

おすすめのデータ復旧業者

サーバーのデータ復旧をする上で、データ復旧率が一番高い方法はデータ復旧業者に依頼することです。日本国内には100社以上のデータ復旧業者が存在するといわれ、復旧業者によって復旧技術のレベルや対応規模、実績も大きく異なるため、下記のポイントでより確実にデータ「復旧率の高い」専門業者を選定しました。

(2024年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

技術力が高いデータ復旧業者の選定ポイント

  • 復旧率が90%以上あり技術がたしかなこと
  • 夜間や休日も窓口が営業しており復旧スピードが速いこと
  • 後から診断料や部品代などの追加費用が請求されず明朗会計であること
  • 復旧成功の口コミや利用者の実例が多数あること
  • 自社内に復旧設備を整え、熟練の技術者が多数いること

 

上記のポイントから厳選したおすすめランキング1位の業者は、デジタルデータリカバリーです。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積41万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 14年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積41万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

今回は、サーバーに接続できない場合の原因や注意点、対処法について解説しました。サーバーに接続できない原因で一番注意したいのが、ハードウェアの故障です。個人で接続不良の原因を闇雲に調べると、データの破損につながり、保存データが全て削除されてしまう恐れがあります。個人でのサーバー復旧は極めて難しいため、サーバーが接続できない場合は、専門業者に相談することをおすすめします。

SNSでもご購読できます。