【原因と対処法】「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示された|サイバーセキュリティ.com

【原因と対処法】「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示された



「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示されている場合、高い確率でHDD内の部品が損傷しています。

もし物理的な損傷が発生している場合は、復旧するために部品交換が必要になります。HDDの分解・開封には専用設備が必要になるため、自分で復元するのはほぼ不可能です。

今回は「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示される原因と注意点、そして対処法について紹介します。

もし大事なデータを保存していて消えては困る場合は、データ復旧業者に相談してください。

「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示される原因

「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示される原因は以下の2つです。

  • 物理障害
  • 論理障害

物理障害

物理障害とはHDDに物理的な障害が起こっていることです。

物理障害に陥っていると、カタカタと異音が聞こえてきたり、焦げ臭いにおいがしたり、頻繁にフリーズしたりします。

物理的な障害とは以下のようなことが原因で陥ることが多いです。

  • HDDを落としてしまった
  • 落雷によりショートしてしまった
  • 長年使ったことにより劣化してしまった

物理障害に陥っていると自分で復旧することが困難になるためデータ復旧業者に相談することをおすすめします。

物理障害に陥っていると、分解が必要になることが多いですが、分解をするにはクリーンルーム(手術室のような設備)が必要になります。

自分で上記のような環境を用意することは難しいため、物理障害の疑いがある場合はできるだけ通電や操作をせず、専門業者に相談しましょう。

論理障害

論理障害とはHDDに論理的な障害が起こっていることです。

論理障害に陥っていると保存していたファイルを開くことができなかったり、何度もフリーズしたり、フォーマットの要求をされたりします。

論理的な障害とは以下のようなことが原因で陥ることが多いです。

  • 初期化してしまった
  • データを削除してしまった
  • 作業中に強制終了してしまった

「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示された時の注意点

「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示された時の注意点は以下の4つです。

  • 何度も電源の入り切りを繰り返さない
  • 再起動しない
  • フォーマットしない
  • 安易にデータ復旧ソフトを使用しない

何度も電源の入り切りを繰り返さない

故障した状態で電源の入り切りを繰り返すとHDDに大きな負荷がかかり、スクラッチ(データ記録面の傷)が発生・悪化することがあります。

できるだけ何も触らずにデータ復旧業者に相談することが復旧率が高くなるポイントです。

初期化しない

初期化するとデータが全て消えてしまいます。

初期化して購入時の状態に戻したいという方以外は初期化しないようにしましょう。

フォーマットしない

フォーマットすると、保存してたデータがすべて消されてしまいます。

重要なデータを保存している方はあらかじめバックアップをとっておくようにしましょう。

安易にデータ復旧ソフトを使用しない

データ復旧ソフトは原則的に軽度の論理障害にしか対応できません。

もし物理障害が発生していればソフトを使用することでかえって状態が悪化するリスクが非常に高いため、安易にデータ復旧ソフトを使用しないようにしましょう。

また、データ復旧ソフトには無料のものと有料のものがありますが、フリーソフトであってもスキャンまでは無料で復元の実行には追加料金がかかるようなものも多いです。

仕事や家族との思い出などが含まれた大切なデータを復旧したい方はデータ復旧業者に相談するようにしてください。

「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示された時の対処法

「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示された時の対処法はデータ復旧業者に相談することです。

データ復旧業者に相談

上記で示したように「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示されたときは物理障害が原因である可能性が大きいのでデータ復旧業者に相談するようにしてください。

物理障害か論理障害かを判断するのはむずかしいと言われているのでデータ復旧業者に相談してみましょう。

なお、メーカーや修理業者はデータ復旧の専門業者ではないため、データは全て消えてしまうかソフトにかける程度の復旧作業しか対応できないケースが考えられます。

確実にデータを救出したい場合は、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

おすすめのデータ復旧業者

データが必要な場合、技術力のある適切な業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。

そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積36万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、HDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積36万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回は「ハードディスクに機械的なトラブルの可能性があります」と表示される原因と注意点、そして対処法について紹介しました。

一度失敗してからではデータ復旧業者でさえも復旧が困難になるほど、障害が大きくなる可能性があるので、重要なデータを保存している方はまずデータ復旧業者に相談しましょう。

SNSでもご購読できます。