SSDをフォーマットしてしまった際のデータ復元方法|サイバーセキュリティ.com

SSDをフォーマットしてしまった際のデータ復元方法



「誤ってSSDをフォーマットしてしまった」「『フォーマットする必要があります』というエラーが表示されて、SSDが読み込まない」

このような状況になると焦ってしまいますよね。

もし誤ってフォーマットしてしまった場合でも、すぐ対処すればデータをきれいに復元できるかもしれません。また、それまで普通に使えていたSSDで突然フォーマット要求のメッセージが表示されるようになった場合は、SSDが故障している可能性も考えられるため、まずは原因を確認してから適切に対処しましょう。

本記事では、誤ってフォーマットしてしまったSSDのデータを復元する方法と、「フォーマットする必要があります」エラーの原因、具体的な対処法を解説します。SSDのデータ復旧が得意なおすすめのデータ復旧業者も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▶すぐにおすすめデータ復旧業者を確認したい方はこちら

フォーマットしたSSDの復旧は可能?

結論から言えば、自分で復旧することはリスクが大きいためデータ復旧業者に相談するのをおすすめします。

自分でデータ復旧ソフトを使用し失敗した後にデータ復旧業者に相談しても、データ復旧業者でさえも復旧することができないほど重篤な状態に陥るというケースがあります。重要なデータを保存している方は自分で作業を行う前に一度データ復旧業者に相談して下さい。

 SSDとHDDのデータ保存の仕組みの違い

SSDとHDDはどちらとも大容量のデータ記憶装置です。しかし、SSDは半導体メモリが記憶媒体であるのに対して、HDDは磁気ディスクを読み書きすることで記憶しています。

HDDはSSDに比べて壊れやすいというデメリットがありますが、容量が大きく安いというメリットもあります。

SSDはHDDに比べてスピードが速く耐久性があるというメリットがありますが、値段が高いというデメリットもあります。

SSDのフォーマットとは

SSDをフォーマットすると、データが全て消えてしまいます。

OSによって認識できるファイルシステムが異なるため、SSDの換装時や増設時にフォーマットすることで、そのOSに適したファイルシステムを再構築し、SSDを認識できる状態にします。

ただ、それまで使えていたSSDをPCに繋いで「フォーマットしてください」という類のエラーメッセージが表示された場合は、ファイルシステム以外の問題が発生していることがあります。フォーマットすれば必ず問題を解決することができるとは限りません。

重要なデータを保存している方は、すぐにフォーマットしないように注意して下さい。

SSDをフォーマットしてしまった際の注意点

SSDをフォーマットしてしまった際の注意点は以下の通りです。

  • それ以上操作・通電しない
  • 再度フォーマットしない
  • 「フォーマットする必要があります」エラーが表示された場合はSSDが故障している可能性がある

それ以上操作・通電しない

操作や通電をすると、データ復旧業者でさえも復旧することができないほどの状態に悪化してしまう場合があります。

そして、何度も通電すると記憶の書き換えを行うことがあるので操作や通電をしないように気を付けましょう。

 再度フォーマットしない

再度フォーマットするということはSSDに保存せれているデータが再びなくなってしまうと考えられています。

そのため焦って再度フォーマットするのはやめましょう。

「フォーマットする必要があります」エラーが表示された場合はSSDが故障している可能性がある

「フォーマットする必要があります」というエラーが表示されると、SSDが故障してシステムが正常でない可能性があります。

その場合は出来る限り早くデータ復旧業者に相談するようにして下さい。

データ復旧業者には24時間365日電話窓口を設置しているところがあるので気軽に相談してみましょう。

「フォーマットする必要があります」エラーが表示される原因

「フォーマットする必要があります」エラーが表示される原因は2つあります。

  • 物理障害
  • 論理障害

物理障害

物理障害とは物理的な障害が原因で外付けSSDが破損し正常に起動しないことです。物理的な障害になるケースはSSDを落としてしまったり、水没させてしまったりすることです。

物理障害により以下のような症状が発生します。

  • カチカチやカタカタといった異音が聞こえる
  • 焦げ臭いにおいがする
  • 頻繁に再起動やフリーズする
  • 「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」といったエラーメッセージが表示される

物理障害である疑いがある方はデータ復旧業者に相談するようにして下さい。物理障害が起こっている場合は分解する必要がありますが、分解とは高度な技術とクリーンな設備が必要となるため個人で行うのは不可能に近いです。

論理障害

論理障害とは、データ自体が破損している状態です。また、誤操作による問題も論理障害に分類されます。具体的には以下のような症状が発生します。

  • 誤ってフォーマットしてしまった
  • ファイルやフォルダを開くことができない
  • 「フォーマットしてください」と表示される
  • ファイル名がいつの間にか変わっている
  • 頻繁にフリーズする

論理障害の場合は、軽微な問題であればデータ復旧ソフトを使用して復旧することが可能ですが、必ずしも確実に復旧できるとは限らないため注意が必要です。

一度失敗するとデータ復旧業者でさえも復旧することが困難になるほどSSDの障害が悪化することがあります。心配な方はデータ復旧業者に相談するようにして下さい。

フォーマットしてしまったSSDのデータを復旧する方法

フォーマットしてしまったSSDのデータを復旧する方法は主に2パターンあります。

  • データ復旧ソフトを利用
  • データ復旧業者に相談

データ復旧ソフトを利用

1つ目のパターンは、データ復旧ソフトを使用する方法です。データ復旧ソフトはフリーソフトから有償のものまであり、操作に専門的知識が必要なものや初心者でも簡単に使用することができるようなものまで多くの製品が存在します。

データ復旧ソフトでは、比較的軽度な論理障害の場合にデータを復元できる可能性があります。ただし、物理障害の場合はデータ復旧ソフトを使用することはできないため注意してください。もし物理障害でデータ復旧ソフトを使用すると、一気に症状が悪化する危険性があるため原因を見極めることができない方は使用を控えるようにして下さい。

データ復旧ソフトにより作業方法が異なります。ダウンロード先や手順は各製品の公式サイトを見るようにして下さい。

データ復旧業者に相談

外付けSSDが物理障害に陥っている場合、原因を判断することができないという場合、確実に復旧したいデータがある場合は、データ復旧業者に相談しましょう。データ復旧業者はデータ復旧ソフトを使用することに比べて復旧率が高いのが特徴です。データ復旧業者では、整った設備があり復旧に対するノウハウが蓄積されているため迅速な対応を取ることができます。

また、データ復旧業者の中にはSSDの復旧ノウハウがあまりないところもあるので、業者選びは慎重に行いましょう。業者選びのポイントは以下の3点です。

  • 技術力が高い
  • 信頼性がある
  • サービスを利用しやすい

データ復旧業者選びのポイントはこちらの記事で詳しく解説しているので、参考にして下さい。

おすすめのデータ復旧業者

データが必要な場合、技術力のある適切な業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。

そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、HDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回はフォーマットしたSSDの復旧は可能であるのか、注意点、論理障害・物理障害という原因、復旧する方法について紹介しました。

SSDをフォーマットしてしまった際の注意点はそれ以上操作・通電しない、再度フォーマットしない、そして「フォーマットする必要があります」エラーが表示された場合はSSDが故障している可能性があるという3つがあるので注意して下さい。

データを確実に復元したい方は、無料で診断・見積ができるデータ復旧業者に気軽に相談してみましょう。

SNSでもご購読できます。