サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【iPad/Android】タブレットの電源が入らない場合の解決方法



iPadやAndoroidなどのタブレットは、小型のPCのような使用方法が可能であり、常に持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。しかし、タブレットは消耗品であるため、ある日突然電源が入らなくなってしまう場合があります。

充電を行っているが電源が付かない」「タブレットに保存されているデータにアクセスしたい」といった場合でも、適切な対処を行うことで問題を解決することが可能です。

この記事では、タブレットの電源が入らない場合の原因や解決方法、データの取り出し方法を解説します。

▶まずは、データ復旧の専門業者に相談したい方はこちら

タブレットの電源が入らない原因

タブレットの電源が入らない原因に以下の4つがあります。

  • 初期不良
  • バッテリーの充電不足や経年劣化
  • 水没や落下などの強い衝撃
  • システムの不具合

初期不良

電源が付かないタブレットが購入して間もない場合、タブレット自体に購入時から不具合がある可能性があります。

その場合、初期不良の可能性が高いため、購入時のレシートや保証書などを用意し、購入した店舗に問い合わせてください。

バッテリーの充電不足や経年劣化

バッテリーに、タブレットを起動させるために十分な充電がされていない場合、タブレットの電源は入りません。

また、タブレットに限らず、電子機器のバッテリーは消耗品であるため、経年劣化によりバッテリーに不具合が生じる可能性があります。

水没や落下などの強い衝撃

タブレットは精密機器であるため、落下などの強い衝撃が加わると、物理的に破損してしまう場合があります。

また、データを保存しているメモリ部分が破損してしまうと、個人での対処は不可能となります。メモリチップのデータ復旧は難易度が高く対応できる業者も限られてしまいます

システムの不具合

タブレットには、「iOS」や「Andoroid」などのOSが搭載されています。OSはタブレットを正常に起動・動作させるために必要なシステムであり、そのOSに不具合が発生していると、タブレットが起動しない(≒電源が付かない)場合があります。

またOS以外にも、タブレットに保存されているアプリケーションやウイルス感染によるシステムの不具合である可能性もあります。

原因の特定が難しい場合は、データ復旧の専門業者に相談してください。


ここまで紹介した原因で以下のような症状が現れます。

  • 電源ボタンを押しても、電源がつかない
  • 起動画面は表示されるが、その後真っ暗になる
  • 急にタブレットの電源が切れる・電源が落ちる
  • 画面が映らない・反応しない・動かない
  • 再起動が繰り返されて起動しない
  • 電源を入れた後、タブレットが使えるようになるまで時間がかかる

タブレットの電源が入らない時の対処法

タブレットの電源が入らない場合、まずは正しい方法で確実に充電が行われているかを確認し、解決しない場合、下記に紹介する方法を試してください。

  • 周辺機器の確認
  • セーフモードで起動する
  • 強制的に再起動を行う
  • 専門業者に相談する

周辺機器の確認

まずは、充電コードや電源部分、その電源をつないでいる電源タップなどを確認してください。正しい方法で充電をしているのにも関わらず、充電がされない場合、周辺機器に問題がある可能性があります。

一度、別のものに取り換えて再度充電を行ってください。

セーフモードで起動を行う

セーフモードとは、必要最小限の動力でタブレットを起動させるモードです。セーフモードを起動させることで、一時的にデータにアクセスすることが出来るため、バックアップを作成することが可能です。

しかし、タブレットの問題自体が解決する訳ではないので注意してください。

セーフモードの起動方法は各機種によって異なるため、メーカーのHPなどを参考にしてください。

強制的に再起動を行う

ここまで紹介した方法でも解決しなかった場合、タブレットの強制再起動を行うことで解決する可能性があります。

しかし、強制再起動は機器への負担が大きく、タブレット内のメモリに物理的な破損がある場合、状態が悪化してしまう可能性もあります。

自身で行うのが不安な場合や、重要度の高いデータを取り出したい場合は、データ復旧の専門業者に相談してください。

バッテリーを外せるタイプの機器

  1. バッテリーを機器から外す
  2. 約5分間放置する
  3. バッテリーを機器に戻す

バッテリーを外せないタイプの機器

バッテリーを外せないタイプの機器は、電源ボタンを長押し・電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しなど、機種ごとに強制再起動の方法が異なります。

各メーカーのサポートページなどを参照しましょう。

専門業者に相談する

自身での対処では解決しなかった場合、専門業者に相談してください。

専門業者によって目的が異なるため、自身の目的に合わせて相談しましょう。また、データ復旧の専門業者では無料で相談から見積もりを行っている業者も存在するので、まずは相談してみてください。

  • 機器修理専門業者
  • データ復旧専門業者

機器修理専門業者

機器修理専門業者に相談すると、使用していたタブレットの「動作」を復旧します。そのため、保存されているデータは失われてしまう場合が多いです。

バックアップ等があり、タブレット内のデータが不要な場合は機器修理専門業者に相談してください。

データ復旧専門業者

データ復旧専門業者に相談すると、タブレット内に保存されている「データ」を復旧します。データが保存されているメモリを取りだすため、タブレットは分解されてしまいます。

1つでも必要なデータがある場合は、データ復旧専門業者に相談してください。

おすすめのデータ復旧専門業者

データ復旧専門業者に相談するのであれば、データが復旧出来なければ意味がありません。そこでタブレットのデータ復旧に対応している「復旧率の高い」専門業者を選定しました。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 タブレット、RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

タブレットの電源が入らない・起動できない場合の原因と対処法について解説しました。タブレットの電源が入らない場合には、まず自身で出来る電源周りの確認や再起動を行いましょう。自身のデータの重要度に合わせた、適切な対処法を検討してください。

SNSでもご購読できます。