サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ゴミ箱に移動した、あるいは空にしたデータを復元する方法



操作ミスで必要なデータを完全に消してしまった場合、復元することは可能なのでしょうか?

この記事では、ゴミ箱に移動したデータの復元方法を、Windows・Macそれぞれ紹介します。ただし、復元作業についてはあくまで自己責任で行い、重要なデータを削除したという方、あるいは、個人で対処するのが難しいという方は、専門の業者へ相談しましょう。

▶まずは、データ復元の専門業者に相談したい方はこちら

ゴミ箱から削除したデータを復元する方法

消去したデータはまず、PC内の「ゴミ箱」に移動します。

「ゴミ箱」のデータを復元したい場合は、右クリックで「元に戻す」を選択すれば簡単に復元できます。しかし、ゴミ箱を空にしてしまうと、基本的にデータは復元できません。

しかしながら、ゴミ箱からデータを消去しても、すぐに完全消滅してしまうわけではありません。一定期間は間違いなく、PC内にデータは存在しています。ただし、継続してPC画面の操作を行ったり、時間が経過しすぎたりしていると、復元することはきわめて難しくなってしまいます

ここでは、ゴミ箱から削除したデータを個人で復元する方法を、OSごとに紹介します。

Windowsの場合

ファイル履歴を利用する

Windows 10以上の場合、ファイル履歴からデータ復元できます。ファイル履歴は、自動的にファイルをバックアップしてくれる機能で、一定時間ごとに行われます。そのため、「ファイルのバックアップを自動的に実行する」を「オン」にしている場合、データを復元することが可能です。

ファイル履歴を行う手順を説明します。

手順1:「スタート」から、「Windowsシステムツール」を選択し、その中にある「コントロールパネル」をクリック。

手順2:「ファイル履歴」をクリック。

手順3:「ドライブの選択」をクリック。

手順4:利用できるドライブを選択し、「オンにする」をクリック。

手順5:「コントロールパネルホーム」から「個人用ファイルの復元」をクリックし、復元したいファイル、またはフォルダを選択して「復元」→「ファイルを置き換える」をクリックする。

Macの場合

Macの場合、ゴミ箱から削除したデータの復元方法として「Time Machine」を利用する手段があります。ここではTime Machineによる復元方法を2つ紹介します。

Time Machineでファイルすべてを復元する

手順1:「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」から移行アシスタントを開く

手順2:選択肢から「Mac、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから」を選択し、「続ける」をクリック

手順3:Time Machine バックアップを選択し「続ける」をクリック

手順4:リストからバックアップを選択して「続ける」をクリック

手順5:転送する情報を選択し、「続ける」をクリックする

TimeMachineでシステム全体を復元する方法

手順1:Mac の電源を入れた直後に「command + R」キーを押し、「macOS 復元」モードを起動

手順2:macOS ユーティリティのウインドウで「Time Machine バックアップから復元」を選択

手順3:選択画面から「Time Machine バックアップディスク」をクリック(ディスクが暗号化されている場合、ディスクのロック解除が必要)

手順4:バックアップを選択後、「続ける」をクリック

手順5:復元先のディスクを選択し「復元」または「続ける」をクリック

ゴミ箱から復元できない場合の対処法

データ復元ソフトを使用

上記で説明した方法で解決できなかった場合でも、データ復元ソフトを使うことでデータを復元できる場合があります。

比較的安価に手に入るデータ復元ソフトですが、どのような削除データでも100%完璧にデータを復元できるというわけではありません。たとえば、動画ファイルの復元は困難とされており、ファイルが断片化し、一部のデータしか復元できないということもあります。

また、データ復元ソフトの使用には一定以上のリテラシーが必要となり、知識不足のまま操作を誤るとデータの上書きが発生し、最悪の場合、二度とデータを取り出せなくなってしまいます。重要なデータで、確実にデータを取り戻したい場合は、ソフトを使用せず、データ復旧の専門業者に相談してみましょう

データ復元ソフトについては下記の記事を参考にしてください。

データ復元業者に相談

これまでに紹介した復旧方法でも復旧できない、もしくは、削除してしまったデータの重要度が高いという場合は、データ復旧の専門業者に相談する方法が最も安全・確実です。

どうしていいか分からない」「個人での作業に不安を感じる」という場合には、気軽に専門家への無料相談を検討しましょう。データ復旧専門業者の中には、相談から見積もり提示を無料で行っている業者も存在します。

おすすめのデータ復旧業者に関しては、下記のページで詳しく解説しています。

おすすめのデータ復旧専門業者

消えてしまったデータを正確に取り出すには、復旧率が高く技術力のある業者に依頼する必要があります。しかし、国内にデータ復旧の専門業者は100社以上存在するため、業者の選定をするのは難しいと思います。そこで今回は削除してしまったデータの復旧に対応しているおすすめのデータ復旧専門業者を紹介します。

(2022年最新版)おすすめデータ復旧・復元業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

誤ってデータを削除してしまっても、記事内で紹介した復元方法を試すことでデータを取り戻せる可能性があります。データが消えてしまった際には、データの重要度に応じた復元方法を検討しましょう。もし削除後しばらく時間がたっているという場合は、ツールを使うと上書きされる可能性があるため、データ復旧の専門業者までご相談されることをおすすめします。

SNSでもご購読できます。