サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

HDDやSSDのデータ復旧にかかる費用は?要因からみる違い

  • LINEで送る


HDDやSSDに問題が発生し、データが取り出せなくなる、ということは突然起こります。データのバックアップを取っていなかった場合、何らかの方法でデータを復元しようと試みるはずです。

様々な復元方法の中で一番確実にデータを復元できる方法が「データ復旧専門業者」への依頼です。しかし、データ復旧が一般的に馴染みのないサービスであるため、その料金の相場や業者による違いに不安を感じる方もいるでしょう。

この記事では、データ復旧専門業者に依頼した場合にHDDやSSDの復旧にかかる費用や、その要因おすすめのデータ復旧サービスを紹介しています。「相場がわからないので予算が足りるのか不安」という方でも無料で見積もりを出す方法も紹介しているので参考にしてください。

データ復旧業者によるHDDやSSDの復旧にかかる費用は?

結論から伝えますと、データ復旧業者にHDDやSSDの復旧を依頼する際にかかる費用は、数万円~数十万円程度と非常に幅広いです。これは、機器の状態や容量、依頼する業者の技術、保有している設備等に差があるためです。

費用に幅があるので、まずは一度専門業者に相談することを検討してみてください。相談から見積もりまで無料で実施している業者もあるので、正確な見積もりが知りたい場合は、一度無料相談して見積もりを出してもらいましょう。

ここからは、HDDやSSDの復旧費用に違いが出る要因について解説します。

HDDやSSDのデータ復旧費用に違いが出る要因

データ復旧費用は機器の状態が要因で変動します。主な変動の要因となるものに以下のものがあります。

  • 障害の種類
  • 障害の程度
  • HDDやSSDの容量

障害の種類

機器の障害は大きく分けて「論理障害」と「物理障害」という2つに分けられます。一般的に物理障害の方が重度であり、その分費用が増す場合が多いです。以下に2つの障害の特徴を紹介しています。

論理障害

論理障害は、機器本体に問題はないが、記録されているデータやフォルダに問題が生じている状態を指します。
OSの起動不良やファイル・フォルダが開けなくなる症状が現れます。

物理障害

物理障害は、機器本体に物理的な問題が生じ、正常に起動できない状態を指します。
異音の発生やOSの起動不良、フリーズなどの症状が現れます。


それぞれの障害について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

障害の程度

“風邪”と”ガン”では治療費が大きく異なるように、HDDやSSDでも発生している障害の程度によっても復旧費用が変動するのが一般的です。

障害に応じて必要な設備・技術・部品が異なるため、機器の復旧においては障害の診断を行わなければ、正確な見積りを出すのは難しいといえます。

詳しい障害の状態は一度無料で相談・障害診断できる専門業者へ相談しましょう。

HDDやSSDの容量

機器の障害が同じ程度であれば、復旧希望のHDDやSSDの容量が大きいほど、復旧するデータの領域が広くなるため、費用が増す場合があります。

容量の大きいHDDやSSDの復旧は、復旧するデータの領域が広くなるため、復旧の難易度も上がります。業者によっては、一定以上の容量には対応していない場合もあるので注意しましょう。

参考:固定料金制の業者について

専門業者によっては障害の種類や程度にかかわらず、料金が一定の業者も存在します。しかし、一律料金には注意が必要です。

定額制の業者は料金の分かりやすさの面で目を引くものの、どのような故障状態が発生していても行う復旧作業が同一であったり、対応できる機器の種類が限られている場合があります。HP上で比較的安価な固定料金設定をしている業者も存在しますが、自分の機器のデータを復旧するに足る技術力があるかは見極める必要があります。データが復旧できなければ元も子もありません。

また、データ復旧に失敗した場合、障害が悪化するケースがほとんどです。障害が悪化してしまった場合、データ復旧の確率がさらに下がってしまうため、リスクをしっかり理解しておきましょう。

HP段階で料金が固定表記されてない業者でも、見積りを依頼すれば明確な料金が分かるため、大切なデータであれば見積り出しの手間は惜しまないようにしましょう。

おすすめデータ復旧専門業者

費用が気になる方におすすめの、無料で相談・障害診断から正確な見積もりまで行っている業者を紹介します。

データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。
(2021年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


サイトデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断から見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

HDDやSSDのデータ復旧にかかる費用について紹介しました。

機器の復旧費用は様々な要因で変化します。自身のデータの重要度を考え、適切な業者選定を行いましょう。正確な費用が知りたい場合は、見積もりまで無料のデータ復旧専門業者へ相談しましょう。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。