サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

SSDが認識しない|原因や対処法・データ復旧方法とは



PCがSSDを認識しない、読み込まない、SSDにアクセスできないというトラブルが発生することは少なくありません。たとえば次のようなトラブルが起きている場合、SSDに障害が発生している可能性が高いです。

  • 電源を入れてもSSDが動かない
  • 外付けSSDをPCに繋いでも認識しない
  • フォルダやファイルが開けない
  • 「フォーマットしてください」「アクセスできません」などのエラーが出る
  • 「アクセスが拒否されました」と表示される。

このような症状が起きている時、不適切な操作を加えると、大切なデータを失ってしまうリスがもあります。この記事で正しい対処法を知り、SSDが認識しない問題を解決しましょう。

SSDが認識しない原因

SSDのトラブルが起きる原因は主に3つ考えられます。

筐体不良・電源不良

これは、SSDのデータ領域以外のパーツやパソコンとSSDを繋ぐケーブルが、衝撃や劣化によって物理的に破損している状態を指します。主な原因は次のとおりです。

  • SSD本体や内部部品の破損や劣化
  • SSDを繋ぐPCのコネクタ部分などの物理的な破損
  • SSDとPCを繋ぐケーブルの不具合

論理的な障害

論理障害とは、SSD内部のデータを管理する仕組みに何らかのトラブルが発生している状態です。SSDが機械的に壊れているわけではないですが、システム部分の破損が起こっているのです。主な原因は次のとおりです。

  • 強制終了により、データを構成するファイルシステムに異常が起きている
  • 人為的な誤操作によるデータの削除、初期化、移動
  • ウイルス(ランサムウェアなど)によるデータ障害

論理障害が発生している場合、むやみに自身で作業を行ってしまうと、意図しないデータの上書きなどが発生し、取り出したいデータの復旧難易度が上がってしまいますので、注意してください。

▶おすすめのSSDデータ復旧業者はこちら

物理的な障害

物理障害とは、データが保存されているSSDの領域が物理的に破損している状態です。これは「強い衝撃」「水没」「経年劣化」などが原因で発生します。

主な原因は次のとおりです。

  • 経年劣化(書き込み回数の上限)
  • 初期不良
  • 水没
  • 静電気

また、SSDはHDDと違い、データの書き込み回数に制限があります。データの書き込み・消去をおよそ数千~1万回行うことで、SSDは寿命を迎えてしまいます。

物理障害が発生しているSSDの修復・復元は非常に困難です。SSDに搭載されているメモリは、HDDとまったく仕組みが異なっており、従来のHDDにおいては可能であったデータ復旧技術がまったく通用しないからです。SSDの構造や復旧方法については下記の記事でも詳しく紹介しています。

以上のことから、物理障害を起こしたSSDのデータ復旧に対応している業者は、日本国内でも数えるほどしかありません。SSDに保存されているデータが必要な場合は、SSD復旧の知見が蓄積されている、技術力のあるデータ復旧の専門業者まで相談してください。

SSDのデータ復旧業者選びで失敗しないコツ

認識しないSSDからデータを取り出したい場合、自力で対応すると状態が悪化する恐れがあります。この際、販売業者やメーカーに対応を依頼すると、内部のデータがすべて初期化される可能性が高いため、どうしても取り出したいデータがSSDにある場合、データ復旧の専門業者に相談することをおすすめします。

データ復旧の専門業者では、メーカーで復旧不可能なデータでも救出できる可能性が高く、個人での対応よりも確実にデータを取り出すことが可能です。ただし、業者の中には、自社内に復旧設備を持たず、作業を外注しているケースも少なくなく、SSDの復旧実績が少ない業者も数多くあります。

そのため、データ復旧の業者に依頼する際は、業者の技術力を見きわめ、本当に信頼できる業者をの選ぶことが最重要のポイントになります。もし、はじめに技術力の低い業者に依頼してしまうと、データを取り出すことはおろか、データを完全に失ってしまうこともあります。

データ復旧業者の実力を確実に見きわめるためにも、以下3つのポイントは必ず確認しましょう。

データ復旧業者の実力を確実に見極めるためのポイント

【ポイント1】データ復旧業者の技術力を見極める
【ポイント2】信頼できる復旧業者かどうかを見極める
【ポイント3】サービスの利用しやすさを見極める

これらポイントをおさえたデータ復旧業者の選定方法については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

SSDが認識しない症状ごとの対処法

SSDが認識しない場合によくみられる症状と、症状ごとの対処法は次のとおりです。

まずはご使用のデバイスで発生している症状と、ここでの説明を比較してみましょう。

下記の症状が見られる方は、SSDに何らかの異常が発生しているといえます。症状や原因にあわせて適切な方法をとりましょう。

電源を入れてもSSDが動かない

電源を入れてもSSDが動かない場合、電源の供給が正常に行われていない可能性があります。原因としては、電源ケーブルの故障やPC本体の不具合が考えられます。

電力供給が不足がしているケース

電力供給が不足がしている場合、ケーブルを外し、再度、接続し直してください。もし再接続してもSSDが認識されない場合は、ケーブルやUSBポートが断線・破損していることが考えられるので、別のものに交換することで解決する場合があります。

それ以外の要因としては、PC本体に適切に電源が供給されていない可能性も想定されるので、PC側のケーブルを再接続ないし交換するか、外付けSSDの場合、別のPCに接続して使用することをおすすめします。

SSD本体が故障しているケース

この場合、SSDが寿命を迎えた可能性があります。原則として寿命を迎えたSSDを個人で修復、ないしデータ復旧することは出来ません。まずは専門業者に相談し、SSDの故障診断を受け、データの要不要に応じて適切な対応をとることをおすすめします。

業者の中には、初期診断と見積もりの案内まで無料で受けられるため、価格が気になる際は問い合わせて確認しすると良いでしょう。

SSDをPCに繋いでも認識しない

エクスプローラー上でSSDが認識されない場合、USBケーブルやUSBポートの不良が考えられます。しかし、電源が供給されているはずなのに適切に動作しない場合、複数の原因が考えられます。ここでは原因ごとの対処法を列挙します。

対処1:デバイスドライバを更新する

古いデバイスドライバを使用していると、SSDドライブが適切に表示されないことがあります。

Windowsの「デバイスマネージャ」でドライバーソフトウェアを更新する方法

⑴「スタート」ボタンをクリックする→検索ボックスに「デバイス マネージャー」と入力してデバイス マネージャーを開く

デバイス マネージャー

⑵対象のSSDを右クリックする→「ドライバーソフトウェアの更新」を選択する

⑶ポップアップウィンドウで「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索します」を選択する

以上でデバイスドライバーが自動的に更新されるはずです。

デバイスドライバーが自動的に更新され、機器名が表示される

 

もし機器名が表示されなかったり、機器名に「!」がついている場合は、ドライバの再インストール、更新プログラムのアンインストール、システムの復元などの対処が必要です。ただし、これらの対処法はPC本体に保存しているデータを失うリスクがありますので注意してください。

もしドライバーソフトウェアの更新に失敗した場合は、次の手順でドライバを自動的に再インストールすることが可能です。

  1. デバイスマネージャーでSSDドライブを右クリック
  2. 「デバイスのアンインストール」を選択
  3. コンピュータを再起動

対処2:フォーマットする

内蔵SSDを換装・増設した場合、フォーマットに不備があると、互換性の問題でPC上でSSDが正しく認識されていない可能性があります。このとき、SSDをフォーマットすると、エクスプローラー上に正しく表示されることがあります。

SSDをフォーマットする方法

1:ディスクの管理を開きます

ディスクの管理

 

2:SSDの容量が 2TB以内に収まる場合は「MBR(マスターブートレコード)」を選択しましょう。

MBR(マスターブートレコード)

 

ただし、フォーマットを行うと、ローカルフォルダのデータが消えてしまう恐れがあるため、必ずバックアップをとっておきましょう。

▶おすすめのSSDデータ復旧業者はこちら

対処3:BIOSを確認する

BIOS設定を確認してみてください。SSDを接続しているSATAポートが「無効」になっている場合、「有効」にする必要があります。

確認・設定方法は次の通りです。

⑴コンピュータを再起動する→起動時にロゴ画面でF2キーを押してBIOS設定画面に入る

⑵「セットアップユーティリティ」で、SSDを接続しているSATAポートが「有効」になっているかどうかを確認する(※「無効」である場合は、「有効」にする)

BIOSユーティリティ

⑶コンピュータを再起動する→もう一度⑴、⑵を実行し、SSDが認識されているかどうかを確認する

上記方法で対処できない場合は、BIOSを初期化してみましょう。

BIOS初期化の手順

PC起動時に「F2キー」や「F12キー」など(メーカー指定のキーボード)を開き、「BIOSセットアップユーティリティ」というBIOSの設定画面を開きましょう

  1. BIOS設定画面の「EXIT」をクリックする
  2. Load Setup Defaults」や「Load Optimized Deaults」をクリックする
  3. 注意事項を確認し、問題なければ「はい」または「Yes」をクリックする
  4. 初期化が完了したら、「Save and Exit(保存して終了)」をクリックする

Load BIOS Defaults

対処4:更新プログラムをアンインストールする

正常に起動できない要因を排除するため、起動の支障となるような疑わしいソフトウェア(たとえば、直近でインストールしたもの)などはアンインストールしましょう。OSのアップデートに問題がある場合は、更新プログラムを削除するのも一つの手段と言えます。

対処5:システムの復元を実行する

「システムの復元」とは、SSDが内蔵されているPCシステムを以前保存した復元ポイントにまで戻す仕組みです。ただし「システムの復元」を実行すると、復元ポイント(バックアップを作成した時点)以降に保存したデータは、すべて削除される恐れがあります。

  1. Windows回復環境を起動させる。
  2. オプションの選択画面から、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「システムの復元」の順に選択する。

システムの復元

ただし、システム復元では、データを復元することは出来ません。あくまでもシステムを復元し、変更された設定などを差し戻すための機能であることに、ご留意ください。

フォルダやファイルが開けない、または「フォーマットしてください」「アクセスできません」などのエラーが出る場合

この場合、システムの問題である「論理障害」が発生している可能性が高いです。

次の対処法(修復ツール・復元ソフト・設定変更)を行ってみてください。

また、SSDの換装・増設以外のケースでは、絶対にフォーマットや初期化はしないようにしてください。フォーマットや初期化を実行してしまうと、保存されていたデータが失われてしまいます。

診断ツールでSSDの問題を修復できなかった場合は、深刻な障害が発生している可能性が極めて高いため、データの要不要に応じて専門業者に相談してください。

(2022年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

対処1:エラー回数を確認する「S.M.A.R.T.」を使う

HDDやSSDには、エラー回数をモニタリングする「S.M.A.R.T.」という機能が搭載されています。

これは「Crystal Disk Info」というフリーソフトでHDDの状態を表示できます。

Crystal Disk Info

列挙されている項目は、HDDとSSDで異なるものの、基本的に全てなら問題ありません。しかし、が有る際は、ハードウェアに故障の兆候がみられるため注意が必要です。なお、S.M.A.R.T.で障害が起きたSSDはむやみに操作したり、データの移動を続けたりすると、状態がさらに悪化するため、通電および電源のオンオフ自体も極力控えましょう。

対処2:WindowsのツールでSSDの問題を診断・修復する

Windowsが起動できる場合
■Windows内のディスクチェック(エラーチェック)で修復する

まずは、Windowsパソコンに内に格納されているディスクのトラブルチェック用ツール「ディスクのチェック」で修復してみてください。(※Windows 10/8では、「エラー チェック」のこと)

対象のNTFSドライブを右クリックし、メニュー内「プロパティ」→「ツール」タブ→「チェックする」の順に選択し、「ディスクのチェック」ウィンドウに入る
「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクターをスキャンし、回復する」にチェックを入れ、「開始」ボタンをクリックする

Windows 10/8での操作手順は以下の通りです。

  1. NTFSドライブを右クリックし、メニュー内「プロパティ」→「ツール」タブ→「チェック」の順に選択
  2. 「エラー チェック」ウィンドウにて、「ドライブの修復」をクリックし、「次の再起動時に修復する」または「今すぐ再起動して修復する」を選択する
Windowsが起動できない場合
■コマンドプロンプトを起動し、CHKDSKで修復する

こちらは、Windowsは正常に起動できなくとも、コマンドプロンプトは起動できるという場合の修復方法です。

Windowsの動作に必要なシステムファイルが破損している場合、コマンドプロンプトで「sfc /scannow」を実行することで、誤って上書き・破損したシステムファイルを修復できます。

  1. 「Windowsロゴ+R」キーを同時に押し、「ファイル名を指定して実行」ボックスを開く
  2. 「cmd」と入力して「OK」をクリックし、コマンドプロンプトを管理者として起動する
  3. chkdsk c:(対象のNTFSに該当するドライブ) /f」と入力し、「Enter」キーを押す
  4. システムスキャンを開始しています…」と表示されたら、スキャンが終わるまで待ちます(チェックには通常1時間かかります)。
  5. 検証100%が完了しました」と表示されたら、スキャン完了です。

 

コマンドプロンプト

Windowsが正常に起動できない場合、コマンドプロンプトは「詳細オプション」から起動可能であるほか、セーフモードでデスクトップに到達できる場合があります。

この際、次のエラーが出た場合は別の方法を試してください。

  • 「Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした」

この場合は「chkdsk c: /f」あるいは「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」で修復可能なケースがあります。

  • Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」

この場合は、PCを再起動、あるいはセーフモードで起動すれば修復可能な場合があります。

  • 「アクセスが拒否されました。十分な権限を持っていないか、別のプロセスでディスクがロックされている可能性があります」

この場合、管理者権限で実行されていない可能性があります。下記の手順で実行しましょう。

コマンドプロンプトを管理者として実行

コマンドプロンプトを「管理者として実行」する。

セーフモードの起動方法はこちらをご覧ください。

対処3:ファイルを適切に関連付ける

下記の場合、設定上の問題ですので、下記の手順で適切な設定に変更することで対処可能です。

  1. ファイルの関連付けに不具合がある
  2. ショートカットのリンクが変更されている

しかし、ショートカット先のフォルダやファイルが削除・上書きされている場合、データ復元をおこなう必要があります。このとき個人で対応すると、データが完全に消えてしまうことがありますので注意してください。

①ショートカットのリンクを正しく設定する

ショートカットフォルダを右クリックし、「プロパティ」>「ショートカット」からリンクを正しく指定しましょう。

ショートカットフォルダ

②復元ソフトを使用して新たなドライブ名を割り当てる

データの削除やフォーマット、パーティション消失などの論理障害は、データ復元ソフトで対応が可能な場合があります。しかし、SSDはデータ削除の仕組みがHDDが異なるため、既存のデータ復元ソフトでは正しく復元できず、データが上書きされてしまうリスクもあります。

どうしても失いたくないデータがある場合は、データ復旧の専門業者に相談してください。復元ソフトでスキャン後、データ復旧専門業者に依頼したとしても、データ復元の難易度が上がってしまうリスクがあります。

データ復元ソフトのリスクについては、下記の記事でも解説しています。

自力でSSDが復旧できない場合の対処法

ストレージにデータが表示されず、「フォーマットしてください」「アクセスできません」などのエラーが出る場合、論理障害(ファイルシステムの破損)、もしくはSSDに物理障害が起きていると考えられます。原因は多岐にわたるため、個人で対応すると、SSD自体が完全に破損する恐れがあるので注意してください。

障害が発生しているSSDでは、原則として障害の原因を特定し、それに特化した修復を個別で行う必要があります。しかし、SSDはHDDと異なり、駆動部品が存在せず、たとえば「異音」など物理障害の代表的な症状がほとんど起こりません。

つまり、個人で障害の種類を特定するのは難しく、修復作業にもSSDの専門知識を要するため、故障時はデータの要不要に応じて、製造元メーカーまたはデータ復旧専門業者への依頼が必要になります。

メーカーや修理専門業者

SSD搭載のパソコンの場合、SSDの交換を行ってもらうことで、機器を正常に動作させることが可能になります。パソコンの保証期間や費用面を調べ、安心できる修理専門業者を選びましょう。ご使用のSSDが無償交換できる場合があります。(交換には条件がある場合がほとんどであるため、保証書を確認してください)

ただしSSDの修理は、あくまで「パソコンを使えるようにする」ことが目的なので、基本的に「データ」を保存しているSSDは初期化されてしまいます。もし大切なデータをHDDに保存している場合はデータ復旧業者に相談しましょう。

データ復旧専門業者

トラブルが発生したSSDから必要なデータを取り出したい場合、最も安全かつ正確にデータを取り出す方法が「データ復旧業者」への依頼です。

ただし、データ復旧業者は国内に100社以上もあり、それぞれ技術力に大きい差があるため、業者を選定するにあたっては注意が必要です。SSDはHDDと比較して、復旧の難易度が一般的に高いのですが、SSDの専門知識やノウハウが蓄積されている復旧業者であれば、復元ソフトでは対応できない重度論理障害や、物理障害についても復旧作業が可能です。

業者を選ぶ際は「専門設備」や「対応実績」などを事前に確認し、障害機器にあった適切な業者を選ぶようにしましょう。データ復旧業者には、事前に無料で相談・診断・見積りが可能なところもありますので、物理障害ではなくとも、確実に取り出したいデータがある方は、いちど専門業者へ依頼するのが安全策と言えるでしょう。

データ復旧サービスの選び方については下記の記事を参考にしてください。

おすすめのSSDデータ復旧業者

技術力が高い業者の選定といっても、馴染みのないサービスの判断を素人がするのは難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのデータ復旧サービスを紹介します。
(2022年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー
公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

SSDが認識されないトラブルについて、起こり得る症状や原因と注意点、対処法について解説しました。トラブルの原因を突き止め、それに合った対処をとることが重要です。また、フォーマットや初期化を実行してしまうと、保存していたデータが消えてしまうため絶対に行わないでください。

この記事でご紹介している対処法をとっても解決できない、確実に取り出したいデータがあるという場合には、気軽に専門業者の無料診断・相談を利用してみましょう。

SNSでもご購読できます。