サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

SSDが認識しない|原因や対処法・データ復旧方法とは



PCがSSDを認識しない、読み込まない、SSDにアクセスできないというトラブルが発生することは少なくありません。今回は、SSDが認識されないトラブルによくある症状、原因や対処法をご紹介します。
間違えた操作を加えることで大切なデータを失ってしまうリスクもあります。この記事を読んで、正しい対処法を知り、SSDが認識しない問題を解決しましょう。

SSDが認識しない症状

SSDが認識しない場合によくみられる症状をご紹介します。ご使用のデバイスで発生している症状と比較してみましょう。PCに接続しても外付けSSDが反応しないケースから、PCに内蔵されているSSDが突然認識されなくなるケースまで多々ありますが、発生している異常は共通するものも多くなっています。下記の症状が見られる方は、SSDに何らかの異常が発生しているといえるでしょう。

  • 電源を入れてもSSDが動かない
  • SSDをPCに繋いでも認識しない
  • フォルダやファイルが開けない
  • 「フォーマットしてください」「アクセスできません」などのエラーが出る

SSDが認識しない原因

上記のようなSSDのトラブルが起きる原因は主に3つ考えられます。

物理的な障害

物理障害とは、SSDやパソコンとSSDを繋ぐケーブルが、衝撃や劣化によって物理的に破損している状態を指します。SSD自体が機械的に機能しなくなっている障害です。

  • SSD本体や内部部品の破損や劣化
  • SSDを繋ぐPCのコネクタ部分などの物理的な破損
  • SSDとPCを繋ぐケーブルの不具合

論理的な障害

論理障害とは、SSD内部のデータの保存場所・種類・編集情報を管理する仕組み等に何らかのトラブルが発生している状態を指します。SSDが機械的に壊れているわけではないですが、システム部分の破損が起こっている状態です。

  • データを構成するファイルシステムの異常
  • 人為的な誤操作による削除、初期化
  • ウイルスによるデータ障害

データ書き込み回数の上限

SSDはHDDと違い、データの書き込み回数に制限があります。データの書き込み・消去をおよそ数千~1万回行うことで、SSDは寿命を迎えてしまいます。

SSDの構造や復旧方法については下記の記事で紹介しています。

SSDが認識しない時の対処法

SSDが認識されなくなってしまった場合の対処法をご紹介します。

対処の際には、起きている症状や原因よって適切な方法をとることが重要なポイントです。症状・原因ごとに対処法をご紹介しておりますので、当てはまるものを探して対処してみてください。

電源を入れてもSSDが動かない場合

ケーブル(電源用・データ用どちらも)を外し、再度接続し直してください。再接続してもSSDが認識されない場合は、ケーブルを交換すると解決する場合があります。

SSDをPCに繋いでも認識しない場合

対処1 BIOSを確認する

BIOS設定を確認してみてください。「無効」になっている場合、「有効」にする必要があります。確認・設定方法は次の通りです。

⑴コンピュータを再起動する→起動時にロゴ画面でF2キーを押してBIOS設定画面に入る

⑵「セットアップユーティリティ」で、SSDを接続しているSATAポートが「有効」になっているかどうかを確認する(※「無効」である場合は、「有効」にする)

⑶コンピュータを再起動する→もう一度⑴、⑵を実行し、SSDが認識されているかどうかを確認する

対処2 SSDの問題を診断し、修復する

SSDの問題を診断ツールを用いて修復してみてください。診断ツールは、「SMART」や「Checkdisk」などが良いでしょう。SSDの問題を修復できなかった場合は、ご使用のSSDの無償交換が可能な場合があります。(交換には条件がある場合がほとんどであるため、保証書を確認してください)

フォルダやファイルが開けない、「フォーマットしてください」「アクセスできません」などのエラーが出る場合

この場合は論理障害(システムの問題)が発生している可能性が高いため、復元ソフトを使用して対処してみてください。また、絶対にフォーマットや初期化はしないようにしてください。フォーマットや初期化を実行してしまうと、保存されていたデータが失われるリスクがあります。

対処1 デバイスドライバを更新する

ここではWindows標準ツール「デバイスマネージャ」を使用する方法をご紹介します。

⑴「スタート」ボタンをクリックする→検索ボックスに「デバイス マネージャー」と入力してデバイス マネージャーを開く

⑵対象のSSDを右クリックする→「ドライバーソフトウェアの更新」を選択する

⑶ポップアップウィンドウで「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索します」を選択する

以上でデバイスドライバーが自動的に更新されるはずです。万が一、ドライバーソフトウェアの更新に失敗した場合は、SSDを右クリック→「アンインストール」を選択→コンピュータを再起動の手順で操作することで、Windowsがドライバーが自動的に再インストールされます。

対処2 復元ソフトを使用して新たなドライブ名を割り当てる

データの削除やフォーマットなどの論理的な障害がデータ復元ソフトで対応が可能な場合があります。

しかし、ここで注意していただきたいのは、データ復旧ソフトでうまく復元できず、データが上書きされてしまうリスクもあるということです。その場合、後にデータ復旧専門業者に依頼したとしても、復旧できなくなってしまうリスクがありますので、失いたくないデータがある場合にはデータ復旧専門業者への依頼の方が安全策となります。

物理障害が起きている場合

製造元メーカーまたはデータ復旧専門業者に依頼する

物理障害が発生しているSSDは、障害の原因を特定し、それに特化した修復を個別で行う必要があります。修復には専門知識を要するため、製造元メーカーまたはデータ復旧専門業者への依頼が必要になります。
SSDに大切なデータが保存されており、データを取り出したい場合には、初めにデータ復旧専門業者に相談すしましょう。メーカーに修理では内部データの保証はされないケースが多いため注意が必要です。

データ復旧業者には、事前に無料で相談・診断・見積りが可能なところもあります。物理障害ではなくとも、確実に取り出したいデータがある方は、専門業者へ依頼する方が安全と言えるでしょう。データ復旧サービスに関しては下記の記事を参考にしてください。

おすすめのSSDデータ復旧業者

データ復旧の専門業者といっても、本当に技術力がある業者を選定するのは難しいといえます。

そこで、こうしたトラブルに対応実績のある業者の中からデータ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめの専門業者をご紹介します。

(2021年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

SSDが認識されないトラブルについて、起こり得る症状や原因と注意点、対処法について解説しました。トラブルの原因を突き止め、それに合った対処をとることが重要です。また、フォーマットや初期化を実行してしまうと、保存していたデータが消えてしまうため絶対に行わないでください。この記事でご紹介している対処法をとっても解決できない、確実に取り出したいデータがあるという場合には、気軽に専門業者の無料診断・相談を利用してみましょう。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。