サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【徹底解説】BD(ブルーレイ)・DVD・HDDレコーダーのデータ復旧|故障原因やおすすめ業者を比較!



  • ブルーレイレコーダのデータを誤って消してしまった!
  • DVDレコーダーが突然立ち上がらなくなった!
  • HDD(ハードディスク)に保存されているデータにアクセスできなくなってしまった!

そんな時、やみくもに手を加えたり、修理を依頼したりしてしまったりすると、データが消失する危険があります。レコーダーからデータを復旧するには、起きている症状から原因や対処法を知る必要があります。

そこで本記事ではブルーレイ・DVD・HDDレコーダーの故障・障害事例や、正しくデータを救出するポイントなどについて解説していきます。

レコーダーの種類

光学ディスクを利用しているレコーダーには、DVDレコーダーとBDレコーダーがあります。主にテレビ番組の録画やホームビデオの録画に使用される等、用途はさまざまです。

ブルーレイレコーダー

ブルーレイレコーダーは、DVDレコーダーの後継機として2000年代に登場しました。ブルーレイレコーダーは、主に次のような構造となっています。

ブルーレイレコーダーは、大きく分けて3つのパーツで構成されています。

  1. 光ディスクを読み込むブルーレイドライブ
  2. 録画したデータを内蔵するHDD
  3. 電源や液晶表示などの制御を行うパーツ

ブルーレイレコーダーの耐用年数は、一般的に5年程度であり、振動にも弱く、複数の要因で障害が発生します。たとえば、HDDの劣化にともなう動作不良やデータ消失、あるいは経年劣化による筐体の故障で電源が点かなくなってしまうケースを挙げることができます。

HDDレコーダー

映像データをハードディスク(HDD)に記録するタイプのレコーダーです。ブルーレイレコーダーが普及する以前には、もっぱらHDDレコーダーが使われていました。

近年は外付けHDDを増設できるタイプも増えており、各HDDメーカーもレコーダー用の外付けHDD(いずれも数TB単位)を販売しています。

主要モデル

DVD/BDレコーダーの主要モデルは、以下4メーカーから販売されています。

メーカー 主な機種 耐用年数の目安
SONY BFZ-FBT・BDZ-FBW・BDZ-ZT 6年
Panasonic DIGA(ディーガ) 6年
SHARP AQUOS (アクオス)・AQUOS 4K シリーズ 5年
TOSHIBA REGZA (レグザ) 5~6年

レコーダーの故障・障害原因

レコーダーの故障・障害原因には主に次のようなものがあります。

  • 筐体の障害
  • HDDの物理障害
  • HDDの論理障害

筐体の障害

電源が入らない場合は、外装部分である筐体が故障していることがあります。ただし、筐体故障が原因で、HDDにも異常をきたす場合もあるため、他の障害と判別がつきにくいことがあります。

筐体以上の場合、復旧難易度は非常に高く、データ復旧の専門家でも「未解明なことが多い」と評するほどです。この際、メーカー保証の範囲であれば、修理をおこなうことができますが、原則としてデータは戻ってこないものと思ってください。

技術力がある専門業者であれば、筐体故障にも対応しているので、まずは初期診断をおこなうことをおすすめします。

HDDの物理障害

物理障害」とは、レコーダーのHDDそのものが物理的に破損している状態です。物理障害の原因は「物理的衝撃」が一般的ですが、HDDは3~5年ほどで劣化するため、強い衝撃を与えなくても物理障害は起こります。

なお、コピーガード機能によって別の記憶媒体にそのままダビングできないため、レコーダーの物理復旧では、元のレコーダーを動作できる環境にまで復旧する必要があります。そのため、一般的なHDD障害と比較すると、復旧の難易度も高くなります。

HDDの論理障害

論理障害」とは、レコーダー自体には問題がないものの、「誤操作によるデータ消去やフォーマット」「読み書き中の強制終了」が原因で、ファイルシステムが破損し、記録データにアクセスできなくなる状態を指します。

レコーダーの論理障害は「物理障害」以上に復旧の難易度が高いとされています。なぜなら、レコーダー上に記録されたデータそのものは、著作権の関係で全て暗号化されているため、従来の復旧作業が通用しないパターンが非常に多いためです。


HDDの「論理障害」「物理障害」については以下の記事で詳しく解説しています。

レコーダーのデータ復旧は難易度が高い

もし、レコーダーが認識せず「ビデオカメラで撮ったホームビデオ」や「テレビ番組」が取り残されている場合、データ復旧業者に依頼することデータを復旧できる場合があります(テレビ番組の場合、著作権上の問題で対応できないケースもあります)。

レコーダーは、メーカーやモデルごとに独自のフォーマット形式を採用しているため、データ復元を行うには、各機器ごとのフォーマットに合わせたデータ復元技術が必要となります。しかし、レコーダーのデータ暗号化技術は非常に強力で、実際、ほとんどのメーカーはデータ復旧保証サービスを設けていません。この点もレコーダーのデータ復旧が困難であることがうかがえます。

そもそもレコーダーのシステムは非公開情報が非常に多く、データ復元ソフトでの対応はほぼ不可能で、データ復旧業者でも対応できる業者は世界的に限られています。特にブルーレイ規格のレコーダーは主に日本でしか販売されておらず、データ復旧にまつわる知見が非常に乏しいことから、データ復旧業界では「認識しないレコーダーからのデータ復元は、ありとあらゆるデジタルデバイスの中でも、最高峰クラスの難易度を誇る」と評されています。

また、データ復旧の専門業者でも対応可能なメーカーにばらつきがあることが多いため、技術力があり信頼できる専門業者を必ず選ぶようにしましょう。なお、一部の業者では初期診断を無料で行っているため、あらかじめ依頼先の業者が無料対応を行っているかも確認しておくとよいでしょう。

レコーダーの故障・障害事例

レコーダーでの故障や障害事例には、主に次のようなものがあります。

  • エラーコードの表示・エラーランプの点灯
  • データを削除・上書き・初期化してしまう
  • 電源が入らない
  • 異音が生じる
  • 録画一覧に動画はあるが再生不可

エラーコードの表示・エラーランプの点灯

「レコーダーの窓にエラーコードが表示される」「エラーランプが点灯している」場合、 本体またはHDDに不具合が発生しています。

まずレコーダーの取扱説明書を参照し、コードやランプの意味を確認しておきましょう。機種によってコード表示が異なることもあるため、メーカーごとの説明を参照してください。メーカー別の致命的なエラーコードは主に次のとおりです。

SONY

  • 「SYSTEM ERROR 」
  • 「E6100」
  • 「E6101」

パナソニック(DIGA)

  • 「F99」(本機が正常に動作しません)

シャープ(AQUOS)

  • 「システムエラーが発生しました」
  • 「ハードディスクにエラーが発生しましたので操作できません」
  • 「 ハードディスクを確認中です」

東芝(REGZA)

  • 「新しいUSBハードディスクを検出しました」
  • 「ハードディスクが初期化されていません」

上記のエラーが出る場合、ほとんどが「HDDが認識されていない」ことを示すエラーです。確認事項を試してもエラーが改善しない場合、一時的な不具合ではなく、レコーダー本体が故障している可能性が考えられます。この場合、HDDが物理的に破損しているか、記録面に傷が付いている可能性も極めて高いため、出来る限り操作を控えて専門業者まで対応を依頼しましょう。

データを削除・上書き・初期化してしまう

  • 「録画データを誤って削除してしまった、上書きしてしまった」
  • 「HDDを誤ってフォーマットし、初期化してしまった」
  • 「録画データが全く表示されず、残量の認識もおかしい」

上記のようなデータ消失に関しては、基本的にメーカー保証の範囲外となります。このような状態で作業を続けると、削除データが完全に上書きされてしまい、データ復旧の専門業者でも対応が困難となってしまいます。

電源が入らない

レコーダーの電源部分が緩んでいるなど不具合が生じている場合、電源が入らなくなることがあります。

この場合、レコーダー本体にトラブルが生じているわけではないので、まずは落ち着いて電源回りの接続を確認しておきましょう。なお、モニターケーブルと電源ケーブルは緩みやすいので、しっかりと奥まで差し込んで固定しましょう。

異音が生じる

電源は入るものの「カチカチ」と異音が生じている場合は、経年劣化や衝撃が原因で物理的な障害が発生している恐れがあります。

こうした不具合が生じたレコーダーで何回も電源のオン・オフを繰り返すと、さらに状態が悪化する恐れがあるため、一切の通電を控えてください

録画一覧に動画はあるが再生不可

この場合、データを管理するファイルシステムが破損しているか、物理的な障害がHDDに発生していると考えられます。

いずれにせよ、人で障害を正確に特定するのが困難な症状であるため、不用意な操作は控えましょう。データだけでなく、機器自体が破損してしまう恐れもあります。

レコーダーの復旧・データ取り出し方法

不具合を起こしたレコーダーの復旧・データ取り出し方法には、以下のようなものがあります。

  • 他の機器に一時的にデータを移行する
  • 専用の復元ソフトを使う
  • メーカーに修理を依頼する
  • データ復旧業者に依頼する

レコーダーのデータ障害は復旧難易度が高いものの、機器の復旧・データ取り出しに対応した専門業者も存在します。それぞれの方法と業者についてご紹介します。

他の機器に一時的にデータを移行する

あまり簡単な方法ではありませんが、同じメーカー・型番の機器をもう1台用意できるのであれば、HDDを移し替えてデータを読み込める可能性があります。

ただし、これはある程度機械の知識がないと難しい方法です。なぜなら、ブルーレイレコーダーは種類によって異なるファイルシステム(ファイルを読み書きするシステム)が採用されており、別の機器でデータを読み込むには、同じファイルシステムでないといけないからです。

もし、ファイルシステムが異なる機器にデータを移行した場合、データを読み込めないどころか、フォーマット(初期化)されてしまう危険性もあります。その場合、データの復旧確率が激減してしまうので、あまり推奨できる方法ではありません。

また、この方法はHDD自体が壊れているときには使えません。HDDが故障しているときは個人での対処は原則として不可能であるため、専門業者に相談する必要があります。

専用の復元ソフトを使う

個人でデータを取り出したい場合は、市販の復元ソフトを使うという方法もあります。ただし、ブルーレイレコーダーのファイルシステムは機器ごとに異なるため、PC用の復元ソフトでブルーレイの録画データを読み出すことはできません。

つまり、ブルーレイレコーダーのファイルシステムはPCと互換性がないため、データを取り出せても読み出し不可能になってしまいます。むしろ復元ソフトを使用すると、症状を悪化させるリスクもあるため、安易に復元ソフトは使用しないよう気を付けましょう。

メーカーに修理を依頼する

データよりも、レコーダーの起動・動作を優先させたい場合、メーカーに修理を依頼する方法がおすすめです。

破損したパーツを修理・交換すると、レコーダーそのものは正常に起動・動作させることができます。ただし、HDDは修理・交換時、工場出荷状態に戻ってしまうことがほとんどで、データはすべて失われてしまいます。修理依頼する際は、事前にレコーダーの保証期間や費用面を調べて、最適な修理業者を選びましょう。

データ復旧業者に依頼する

データ復旧・取り出し方法として、最も確実かつ成功率が高い方法が、レコーダーにも対応したデータ復旧専門業者に相談することです。

データ復旧業者では、故障原因を的確に切り分け、原因に応じた対処を行います。中にはメーカーでも未解明なレコーダー特有のデータ障害に対応している業者もあり、高難易度の障害であっても復旧できることがあるため、早い段階で相談してみるのがおすすめです。

データ復旧の専門サービスの詳細については、以下の記事を参考にしてください。

レコーダーを復旧・データ取り出しする際の注意点

レコーダーの復旧・データ取り出しの際には、次の注意点を念頭に置く必要があります。

  • 不用意な操作は控える
  • 「メーカー修理」は「データ復旧」を目的としない
  • 技術力の高いデータ復旧業者に相談する

不用意な操作は控える

レコーダーに不具合が起きている際、素人判断での不用意な操作は控えましょう

障害発生時に「データの読み書き」「電源のON/OFF」など、通電を伴う作業を続けると、HDDに負担をかけて更なる症状の悪化を招き、本来は復旧できたはずのデータ、機器そのものが破損する恐れがあります。

「メーカー修理」の場合はデータは失われる

筐体不良の場合、保証期間内であれば、メーカー修理でも対応可能です。

ただし、メーカー修理は「データ復旧」ではなく「機器の修理」が目的となります。そのため機器の修理・交換を行うと、ほとんどの場合でデータが記録されているHDDの交換を行わねばならず、結果としてデータは失われてしまいます

機器の動作不良でお困りの方は、データの要不要に応じて以下の手順で相談先を検討しましょう。

データの必要性による分類

技術力の高いデータ復旧業者に依頼する

ブルーレイ・DVD・HDDレコーダーのデータ復旧で一番確実なのが、データ復旧業者に依頼する方法です。ただし一般的な修理業者と異なり、データ復旧業者には「具体的にどのような技術があるのか」についてイメージが湧かないという方も多いことでしょう。

データ復旧業者は国内に100社以上もあり、それぞれ技術力に大きい差があるため、業者を選定するにあたっては注意が必要です。

技術力が高い業者かどうかを見極めるポイントがいくつかあり、大きく分けて「成功率」「復旧実績」「根拠数字」の3つとなります。

成功率 データの復旧依頼に対し、その復旧・復元成功率が高いかどうか
復旧実績 これまでの対応実績が多いか少ないかだけでなく、難易度が高い物件(レコーダーなど)にも対応した実績があるか
根拠数字 上記について曖昧な表現ではなく、明確な根拠数字を示せているか

レコーダーのデータ復旧業者を選ぶポイント

データ復旧業者を選ぶ際に以下の5つのポイントが満たされているか確認しましょう。

  1. 高い技術力
  2. 早い復旧スピード
  3. 豊富な相談実績
  4. 整った復旧設備・環境
  5. 万全なセキュリティ対策

高度な技術力

データ復旧業者を選択していく中で一番重要なのは、技術力です。

似たようなデータ復旧業者であっても、対応できる機種や症状は大きく異なります。データ復旧は何度もできることではなく、場合によっては二度とデータを取り出せなくなってしまう可能性があります。

データ復旧業者に依頼するにあたってHPに客観的な数値で「データ復旧成功率〇%」「相談実績〇件」といった記載をしている確認する必要があります。

復旧率が高い業者であっても信用できない?

復旧率が高いだけでは信用できない」という考え方もあります。復旧率の計算方法が業者によって違うため、復旧率だけでは判断が難しいことが理由です。しかし、全国100以上あると言われるデータ復旧業者から依頼先を決めるうえで、復旧率という客観的な指標が判断材料の一つとなるのも確かです。もし選ぶ際に不安でしたら、その他のポイントも含めて比較し、より詳細で客観的な数値が記載されている業者を選択することをおすすめします。

速い復旧スピード

復旧技術が高い業者は復旧スピードが速い可能性が高いです。復旧技術の高い業者は機器に起きている障害の特定や対処法の判断が早いため、復旧作業がスムーズに行われます。

そこで注意していただきたいのが、復旧スピードが速いからといって復旧できる範囲が広いとは限らないという点です。業者によってはスピードが速い分、復旧は簡単な症状に限定している場合があります。

復旧スピードの指標として、「最短即日復旧」「24時間365日営業」「必要部品のストックが多い」「1日の作業キャパシティが大きい」などの表記があるか確認してみましょう。

豊富な相談実績

新しい機器や記憶媒体が次々に登場する中で、復旧作業は過去にどれだけ相談・復旧事例があったかによって日々進歩するものです。実績が「高い技術力」「早い復旧スピード」の裏付けにもなります。

業者によっては「業界トップクラス」などあいまいな表現しか記載していません。正確な相談件数や復旧率と、その根拠を記載している業者の方がより信頼ができます。実績のある業者には「データ復旧成功率〇%」「相談実績〇件」のような具体的な数値を記載しているはずなので、確認してみてください。

また、上場企業や官公庁からの依頼実績は、データ復旧業者における信頼が高い証拠です。

整った復旧設備・環境

データ復旧の為には、設備・環境が充実していることも重要です。

たとえば、症状によっては、HDDを開封する際に内部にホコリなどが入ってしまい、データ復旧不可能になってしまう可能性もあります。危険防止のため、ごみやホコリが混入しないためのクリーンルームなどの専用設備を設置している業者もあります。

また、「持ち込みの依頼ができるか」も確認しておくと安心です。データ復旧を機器郵送でしか行っていない場合、作業自体を海外の企業に外注している場合もあります。

特別な設備や環境が整っていると、データ復旧において対応できる症状が増えるため、復旧成功確率が高くなります。

万全なセキュリティ対策

データ復旧を依頼するうえで、業者がセキュリティ対策を行っていることはとても重要です。

万全なセキュリティ対策がなければ、依頼したデータの流出の可能性があります。

セキュリティ対策がしっかりしている業者では、「プライバシーマーク」や「ISO認証」などの認定を得ています。これら認定は、世界基準で規定されている厳しい調査をクリアした業者の未収得できるものとなります。

会社のデータや個人情報のデータの復旧を依頼する場合には、セキュリティ対策を重視している業者を選ぶようにしましょう。

レコーダーの実績が豊富なおすすめデータ復旧業者

デジタルデータリカバリーは、国内に存在するデータ復旧業者の中でも官公庁や大手企業からの依頼を多く受けている企業です。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー
公式HPデジタルデータリカバリー

11年連続データ復旧国内売り上げNo.1の最大手
復旧率最高値は95.2%と高い技術力
✔依頼の8割を48時間以内に復旧するスピード対応
✔国際標準規格ISO27001/ISMS認証を取得した万全なセキュリティ体制
✔警視庁からの表彰、東京都からの技術革新による表彰など豊富な実績

設備環境が整っており、出張対応もしているので法人でデータ復旧業者を探している場合はこちらのデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

おすすめ1位のデジタルデータリカバリーのサービスの特徴・評判などを徹底調査した記事はこちらです。

まとめ

本記事ではBD(ブルーレイ)・DVD・HDDレコーダーのデータ復旧方法や注意点などについて紹介しました。

BD(ブルーレイ)・DVD・HDDレコーダーの復旧作業は非常に難しく、さらに「論理障害」と「物理障害」が併発していることもあるため、個人で障害を判別することは極めて困難です。また、データが暗号化されていることから、市販のデータ復旧ソフトなどでは原則対応することは出来ません。

BD(ブルーレイ)・DVD・HDDレコーダーに残された重要なデータを復旧するには専門家であるデータ復旧業者に任せるのが、もっとも最善の方法といえるでしょう。

SNSでもご購読できます。