Macが起動しない場合の原因とデータ救出方法

Macが立ち上がらない・突然起動しないなどの症状は、比較的多いPCトラブルだと言われています。Macが起動しない場合は主な症状と原因を正しく理解し、適切な対処法を選択する必要があります。

今回は、Macが起動しない場合の原因とデータ救出方法について紹介していきます。

Macが起動しないときに考えられる原因

Macが起動しない原因として考えられるのは以下の3つです。

  1. 周辺機器の不具合
  2. OSなどのシステムの損傷
  3. HDDなどのMac本体の障害

パソコンのような精密機器を復旧する際は、原因を特定することが大切です。Macが起動しないときは、まずは落ち着いて起動しない原因を確認しましょう。

Macが起動しないときの注意点

Macが起動しないとき、Appleのサポートに修理を依頼する前にできる対処法があります。基本的に修理の場合「データ」は復旧できないということを認識しておきましょう。

また、Macが起動しないときの対処法は、自分が何を最優先させるかによって異なります。誤った対処法を選択するとデータを失う危険やさらに症状を悪化させてしまう可能性があります。「データ」・「起動」どちらを優先するか考え、それに合う対処法を行いましょう。

「データ」を優先する方はMacが起動しないときのデータ救出方法へ
「起動」を優先する方はMacが起動しないときの個人でできる対処法へ

Macが起動しないときのデータ救出方法

Macが起動しないとき最も安全に「データ」を救出できる方法がデータ復旧業者です。Macが起動しない原因は「HDDの故障」の可能性が高く、障害のあるHDDの使用を続けるとPCにさらに負荷を与えてしまい症状の悪化に繋がってしまいます。データ復旧ソフトでの復旧も起動ができないと不可能です。

データ復旧業者は豊富な専門知識、技術力を持っているため重度の物理障害などの多種多様な障害、様々な機器に対応が可能なため、安全に確実にデータ復旧させたい場合は、データ復旧・復元業者に依頼するようにしましょう。

エラーや障害が起きた状態で、通電や再起動を繰り返すと症状が悪化しデータが救出できる可能性が低くなってしまいます。データ復旧業者は無料電話相談・診断なども行っているので無作為な作業は避け、対処法を相談する事もお勧めします。

おすすめデータ復旧業者への無料相談・お見積りはこちら

Macが起動しないときの個人でできる対処法

こちらではMacが起動しないときの個人でできる「起動」を優先した対処法をご紹介いたします。あくまでも「起動」を優先した方法のため「データ」を失ってしまうリスクがあるということをご理解ください。

電源の確認

Mac が起動しない場合は、はじめに電源コードやケーブルが正しく接続されているか確認しましょう。電源コードやケーブルは見落としやすく、正しく接続されてないケースは多いため、はじめに確認が必要です。

適切に接続されていた場合は、周辺機器をパソコンからすべて外し再起動しましょう。周辺機器を外すことで、パソコン・周辺機器どちらに問題が生じているのか確認することができます。ただし、何度も再起動することは障害悪化に繋がってしまいますので、1回試して起動しない場合は、むやみに再起動することは避け別の方法を試しましょう。

SMCリセット

Mac が起動しない場合、SMC(システム管理コントローラ)のリセットを行うことで起動する可能性があります。下記は一例でありSMCのリセット方法はMacの機種によって異なるため、詳しくはApple公式サポートページを見てください。

MacBook 「shift + control + option」と電源ボタンを10秒以上押下してください。
Macのデスクトップ 電源コードを外し、数分経過したら再びコードを接続し5秒後に電源をつけてください。

※SMCのリセットを何度も繰り返すことはMacに負担をかけるので控えましょう。上手くいかない場合は他の対処法を試してください。

PRAMリセット

PRAMリセットにはMac が起動しない場合に有効な手段の一つです。PRAMのリセット方法は、まずMacのパソコンの電源を落とします。その後、電源を入れすぐに「P」「R」「command」「option」の4つのキーを同時に押し続けてください。Macが再起動し2度目の起動音が鳴ったことを確認したらキーを放すことでPRAMがリセットされます。

※PRAMリセットをしても起動できない場合は、Mac本体が物理的に損傷している可能性が高いです。

セーフモード

セーフモードにすると、起動ディスクのディレクトリの修復・各種システムのキャッシュ削除を実施します。状態にもよりますが、セーフモードにすることで起動できる可能性があります。

セーフモードの起動方法は、電源を入れ起動音がしたら「shift」キーを押し続けるだけで可能です。起動音がしない機種の場合タイミングが難しいかもしれないので、起動の瞬間と同時に「shift」キーを押すようにしましょう。

上記の方法でも起動できない場合はPC本体の異常またはHDDに障害が発生している可能性が高いため、Appleに問い合わせるかPCの初期化が必要です。

まとめ

今回はMacが起動しない場合の原因とデータ救出方法についてご紹介いたしました。Macが起動しない場合は、まず原因を確認し、「データ」・「起動」どちらを優先するか考え適切な対処を行いましょう。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?