Buffalo製LinkStation(リンクステーション)のデータ復旧方法や故障原因について徹底解説!|サイバーセキュリティ.com

Buffalo製LinkStation(リンクステーション)のデータ復旧方法や故障原因について徹底解説!



Buffalo社のLinkStation(LS:リンクステーション)は、法人向けNASとして開発されており、多くの企業で採用されています。しかし、ある日いきなり、筐体のランプが点灯・点滅を繰り返したり、起動・アクセスできなくなったりすることは、そう珍しくありません。

本記事では、LinkStationの障害原因や、すぐにできるトラブルの確認方法、データ復旧(サルベージ)方法について解説します。

LinkStation(リンクステーション)で電源が入らない・アクセスできない原因

LinkStationの電源が入らない・アクセスできない原因は以下のようなものがあります。

電源が供給できていない

電源ケーブルが抜けている、または電源アダプタが破損している場合、LinkStation(リンクステーション)は起動しません。筐体自身がまったく動作しない場合は、電源供給が遮断している可能性を疑いましょう。

NASの筐体不良

電源が入らない場合、NAS・サーバーの外装部分(筐体)が破損している可能性があります。ただし、筐体不良が起こっていても、HDD自体は無事なことも多く、業者・メーカー側で破損している部品を修理・交換することで対応できる場合が多くあります。

ただし、起動・アクセスできない原因が、筐体にあるのか、HDDにあるのかを見分けることは難しいことも多く、安全にデータを取り出すには専門の復元業者へ相談するのが賢明です。

システム破損

これは、誤操作によるデータ削除、読み込み中の強制終了などにより、LinkStation(リンクステーション)のシステムやフォルダ構成などに不具合が生じている状態です。

論理障害は症状によって復旧の難易度が異なります。また、「フォーマットする必要があります」と表示される場合には、物理障害の症状でもあるため、見分けがつきにくいです。むやみに自身で作業すると、誤った操作で意図しないデータの上書き・削除が発生し、復旧が困難になります。

個人作業はなるべく避け、データを取り出したい場合にはデータ復旧の専門業者に相談しましょう。

内蔵ハードディスク(HDD)の障害

LinkStationを構成するHDDは、消耗品です。HDD内部にはデータを記録する「プラッタ」という円盤状の部品が組み込まれており、プラッタは毎分で数千回も回転し、3~5年程度で寿命を迎えます。長期間の運用によって、HDDが物理的に故障することは避けられません。

物理的に故障したHDDの復旧には、クリーンルームという専門設備での分解作業、ならびにファームウェア解析など専門技術が伴います。個人作業は避けデータを取り出したい場合は、データ復旧の専門業者に相談しましょう

ただし技術力という面では、業者ごとにばらつきが大きいため、技術力の高いデータ復旧業者を選びましょう。データ復旧業者を選ぶポイントについては、以下で詳しく紹介しています。

中には、相談から見積もりまで無料で行っている業者も存在するので、業者を選ぶ際はこの点も考慮しておきましょう。

LinkStation(リンクステーション)のトラブル確認方法

エラーランプ・コードから障害箇所を確認する

LinkStaionでは、問題発生時、ランプを点滅させ、コードを表示することで、問題を伝えようとします。メッセージ内容は、赤色ランプと橙色ランプで異なり、より深刻度が高いエラーメッセージが、赤色ランプです。

LinkStaionステータスランプエラーコード

よくあるエラーコードと、その内容一覧は、以下のとおりです。

赤色点滅 橙色点滅
コード メッセージ コード メッセージ
E04/06

ファームウェアが破損しています

I11 内蔵HDDの不良セクタが
閾値を超える可能性があるので、
HDDを交換してください
E11 ファンの回転数に異常があります。
ファン付近に異物がないか要確認
I13 RAIDアレイをフォーマット中
E14 RAIDアレイがマウントされていない I20 HDDをチェック中
E15

内蔵HDDの不良セクタが
閾値を超える可能性があるので、
HDDを交換してください

I22 HDDのデータを消去中
E30 HDD故障 I25 ファームウェアをアップデート中

エラーコードとその内容は、LinkStationセットアップ時にインストールされる「NAS Navigator2」でも確認できます。

LinkStationで「E14」「E15」「E30」「I11」などのエラーが出た場合

LinkStationで「E04」「E14」「E16」「I11」というエラーコードが発生している場合、きわめて高確率で、内蔵HDDに物理障害が発生していると考えられます。このような状態で、「通電を続ける」、「HDDを取り外してリビルドする」、「ファームウェアをアップデートする」、「再起動を行う」などすると、機器の状態が悪化するだけでなく、複数台のHDDに別の故障を併発させてしまう恐れがあります。

上記のエラーコードが表示されており、なおかつ、重要なデータがある場合は、故障したLinkStationのデータ取り出しに対応している復旧業者まで相談するようにしましょう。

自分で解決できないトラブルはデータ復旧業者に相談

LinkStationが故障し、自力で解決できそうにない場合はまずデータ復旧業者に相談しましょう。とくに、顧客情報などの重要なデータを保存していた場合は、無理に自分で対処しようとするとかえって失敗してデータを失いかねません。

確実にデータを救出したい場合は、データ復旧業者のなかでも技術力やセキュリティ面などで信頼のおける業者を選ぶことが大切です。

データ復旧業者を選ぶポイント

  • 復旧実績の数値や指標を明示している
  • 復旧スピードが速い
  • 他社で復旧不可能だった機器の復旧実績が多数ある
  • 官公庁・大手法人の取引実績が多数ある
  • ISO2007」「Pマーク」認証の取得など、セキュリティ対策が徹底されている
  • 復旧ラボへの持込みや見学、出張復旧に対応している
  • 土日祝日の復旧対応や夜間窓口などがある
  • 依頼前の初期費用や特急料金がかからない
  • サービス対応が丁寧で信頼できる

上記のポイントから厳選したおすすめのデータ復旧業者は、デジタルデータリカバリーです。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

11年連続データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧サービス最大手
復旧率最高値は95.2%と高い技術力
✔依頼の8割を48時間以内に復旧するスピード対応
✔国際標準規格ISO27001/ISMS認証を取得した万全なセキュリティ体制
✔警視庁からの表彰、東京都からの技術革新による表彰など豊富な実績

こちらのデジタルデータリカバリーは、国内で最も規模が大きいデータ復旧業者の1つです。依頼前に無料で相談・診断・見積まで行ってくれるので、どこのデータ復旧業者に依頼するか迷った場合はこちらのデジタルデータリカバリーがおすすめです。

LinkStation(リンクステーション)の障害事例

LinkStationで起こりがちな障害にはどのようなものがあるのでしょうか。障害事例を紹介します。

障害事例①起動しない・電源が入らない

LinkStaion電源スイッチ・ランプ

LS520DGシリーズの例※ランプの数や位置はモデルにより異なります

LinkStationがまったく起動しない場合、単に、電源ケーブルが抜けている・電源スイッチがオフになっているなど電源が供給できていないことがよくあります。電源が供給できている場合は電源ランプが点灯します。まずは、LinkStationの電源が入っているかを確認しましょう。

しかし電源が供給されているにも関わらず、起動しない場合はLinkStaion自体が故障している可能性があります。考えられる原因は以下の通りです。

  • LinkStaionのシステムやOSに不具合が生じている
  • RAID構成が崩壊してしまっている
  • 内蔵ハードディスクが物理的に破損し、故障している
  • 本体のCPU、メモリ、通信装置、USBなどの部品が破損している

電源がつかない場合、機器本体に物理的な障害が発生していることが大いに考えられるため、基本的に個人で行うと復旧作業は非常に難しいものとなりますLinkStaionの電源がつかない・起動しない場合は専門業者に復旧を依頼することをおすすめします。

障害事例②本体が物理的に破損している

LinkStaionに物をぶつけてしまったりして、物理的な破損が目視で確認できた場合、すぐに使用を控える必要があります。

また、本体に何かしらの衝撃が加わると、外から見える範囲だけではなく、内蔵ハードディスクにも衝撃が伝わっている可能性があります。起動中に「カチカチ」「ギーギー」という異音がしたり、焦げ臭いにおいがした場合は内蔵ハードディスクに物理障害が発生しているサインです。そのまま使用を継続すると、ハートディスクのディスクに”スクラッチ”という傷がつき、データを読み取ることができなくなります。

また、LinkStaionは精密機器のため、熱にも弱く、高温の場所に設置してあると故障の原因にもつながります。設置してある場所の周辺に異物を置いていないか、部屋が高温になっていないかなども確認しましょう。

障害事例③ハードディスクを認識しない

電源が入っているのにハードディスクを認識しない場合、以下の原因が考えられます。

  • ハードディスク内のファームウェアに異常が発生している
  • LinkStaion非対応のOSからアクセスしている
  • ハードディスクのマウントに失敗している
  • ハードディスクに不良セクタが発生している
  • USB接続のハードディスクのフォーマット情報が読み出せない

万が一ハードディスクに異常が生じている場合、それ以上の使用継続はさらに状態を悪化させてしまいます。

障害事例④データが見られない/削除・消去してしまった

データが見られなくなった・アクセスできなくなった

電源は入っているのに、突然データが見られなくなってしまった場合、ハードディスクに以下のような障害が発生している可能性があります。

  • ヘッドの損傷と磁性体剥離によりヘッドクラッシュが発生している
  • ハードディスク内のデータが破損してリードエラーが発生している

など、ハードディスクに物理的な障害が発生していることが考えられます。物理障害は個人で復旧するのは非常に困難なため、ご自身での復旧作業は控えましょう。

データを誤って削除・消去してしまった

LinkStaionには一部の機種にごみ箱機能が搭載されています。万が一誤って共有フォルダ内からデータを削除してしまった場合、LinkStaionのごみ箱を確認しましょう。ごみ箱機能搭載のLinkStaion一覧は以下の通りです。

LinkStaionごみ箱機能搭載型番

LinkStaionのごみ箱からもデータを確認できなかった場合でも、データが完全に消去されていない限り、復旧の可能性が残っています。諦めずに、データ復旧サービスなどを上手に活用しましょう。

障害事例⑤ネットワーク上で認識されない

LinkStationがネットワーク上で認識されない場合、

  • ファームウェアに異常が発生している
  • LinkStationと接続しているルーターやハブの電源が切れている
  • LinkStationのIPアドレスが変更されている

などの原因が考えられます。ネットワーク上でLinkStaionが認識されない際は、電源の状態やLinkStationの設定画面を確認しましょう。

障害事例⑥エラーランプが点灯/点滅している

詳細は以下の項目をご覧ください。

LinkStation(リンクステーション)のトラブル確認方法

LinkStation(リンクステーション)の復旧における注意点

LinkStationに障害が発生した場合、復旧作業時に注意すべき点があります。

データの保存や書き込みはNG

LinkStationに不具合があるときは、画像・動画・音楽などいずれのデータも新規作成や保存をしてはいけません。

障害の発生時にデータの書き込みを行うと、故障したハードディスクが再度動いてしまうことになり、症状の悪化を招きます。ディスクを不用意に動作させることで、データ復旧が困難になってしまう可能性があります。

データ復旧ソフトの使用は要注意

LinkStationからデータを取り出す方法として、市販の「データ復旧ソフト」があります。しかしデジタル機器に関する知識がない状態で、復旧ソフトを使用すると、予期せぬ故障を招く可能性があります。

ソフトを使用してデータ復旧作業を行う場合、RAID構成を選択したり、ハードディスクをLinkStationから取り出したりする作業が必要です。デジタル機器に関する知識がなかったり、LinkStationのファイルシステムがよくわからないままソフトを使用してしまうと、逆にデータを消してしまったりディスクを破壊してしまうリスクがあります。

電源のON・OFFを繰り返すのはNG

不具合を自分で解決しようと、何度も再起動したり、電源を繰り返しON・OFFしないようにしましょう。

ハードディスク内ではデータを記録するプラッタが高速回転しています。プラッタに異常がある場合、何度も起動することで、余計に損傷が拡大してしまいます。また、通電し続けることでも、症状が悪化することがあります。

データ復旧方法や注意点に関しては以下のページで詳しく紹介していますので、参照してください。

LinkStation(リンクステーション)の復旧方法

LinkStationで障害が発生した場合、以下の対処を取りましょう。ただし、LinkStationの電源ランプ・HDDランプが赤色に点灯している場合、致命的なエラーが発生している可能性が高いため、自力での操作は極力控えるようにしましょう。

シャットダウンし電源ケーブルを抜く

エラーを示すランプが点滅・点灯していないのに、LinkStationに不具合が発生している場合は、LinkStationをシャットダウンして電源ケーブルをコンセントから抜いた状態で、1分ほど放置します。その後、改めて電源を入れます。

シャットダウンを行ってもトラブルが解決しない場合は、LinkStaion自体、OSやシステムなどが故障しているか、ハードディスクに異常が生じている可能性があります。また、原因が分からないまま使用を続けると危険です。個人での復旧は難しいため、データ復旧サービスの初期診断を有効活用しましょう。

Buffaloのデータ復旧サービスに依頼する

LinkStaionの発売元であるbuffaloから提供されているデータ復旧サービスですが、利用する際には注意するポイントがあります。

無償保証サービスの対象は軽度障害のみ

障害の診断が軽度の論理障害以外のものだと、無償保守サービスの対象外となってしまいます。
特に以下の障害がある場合は、サービス対象外です。

  • 落下・衝撃などによる本体の破損
  • ファームウェア書き込み失敗による破損

主に物理障害や重度の論理障害が発生している場合、データ復旧の難易度は非常に高いため、無償保守サービスの対象外となっているようです。

目的はデータ復旧?修理?

データ復旧と修理の違い

メーカーで対応できない・データが取り出せないという状況になった場合、機器の交換や修理を勧められることがあります。この場合、機器の修理・交換のみの対応となり、データが戻ってくることはありません。また、あくまでもメーカーによるデータ復旧サービスのため、データ復旧業者より専門性や技術力は低くなってしまいます。

大切なデータであれば、目的はデータ復旧なのか、機器の修理なのかよく考える必要があります。

データ復旧専門の業者に依頼する

メーカーに問い合わせたが解決できない・修理や交換を勧められた場合や、そもそも起動すらしないため操作ができない場合には、データ復旧専門業者に相談することをおすすめします。

データ復旧までのスピードが速かったり、専門知識・ノウハウが蓄積されているためデータ復旧の成功確率が高いことなどがメリットです。またbuffaloのデータ復旧サービスでは対応できない難しい障害にも対応可能な業者も多く、確実にデータを取り出したい方にはおすすめの方法です。

さらに、セキュリティ上LinkStaionを外に持ち出すことができない官公庁やIT会社などの法人向けに、出張サービスを提供している業者もいます。

データ復旧専門業者に依頼するメリットや注意点などは下記のページで詳しく説明しています。

おすすめのデータ復旧業者

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積36万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 パソコン(Mac/Windows)、RAID機器(NAS/サーバー)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積36万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

LinkStation(リンクステーション)の概要・機能

Buffalo(バッファロー)の「LinkStation(リンクステーション)」は、個人・小規模オフィス向けのNAS(ネットワークHDD)です。個人や小規模オフィスで使いやすい次のような機能が搭載されています。

高速なデータ転送

LinkStationでの転送速度は100MB/sで、USB2.0の約1.6倍の速さです。撮りためたハイビジョン映像などの大容量データも短時間で転送できます。

DLNAガイドラインに準拠した「メディアサーバー」

パソコンやUSBメモリー等から保存した動画を、ネットワーク対応テレビ・ステレオなどDLNA対応機器で視聴できます。

外出先からもデータにアクセス「WebAccess」

LinkStaionのwebaccess
参照LS520DGシリーズ/BUFFALO

これまで、外出時にはスマホやPCなどのモバイル端末にデータを保存して、データを持ち運んでいました。LinkStationとアプリ「WebAccess」を組み合わせることで、モバイル端末からいつどこにいても自宅のLinkStationにアクセス・操作できます。

ハードディスクをスリープする「スピンダウン」

夜間などLinkStationに一定時間アクセスがないときは、ハードディスクをスリープするスピンダウン機能がはたらき、消費電力を節約します。

まとめ

Buffalo社の個人・小規模オフィス向けNAS、LinkStation(LS:リンクステーション)のよくある障害の事例や障害が発生したときの復旧方法を説明しました。

障害の発生時は、自己判断はせずデータ復旧の専門家にまず相談すべきです。LinkStationに通電し続けることにより、不具合の生じていないディスクまで破損し、取り返しのつかないことになりかねません。障害の発生時は、自己判断はせずデータ復旧の専門家にまず相談しましょう

おすすめデータ復旧業社への無料相談・お見積りはこちら

SNSでもご購読できます。