「情報漏洩事件が起きた後はどうすれば良いのか?」とその時にならなければ対処しずらい問題に疑問を持つ人も多いはずだ。

現代はIoT(Internet of Things)いわゆるモノのインターネット化した時代であり、日常的な業務にすらコンピュータを始めとする電子機器を用いて極めて多くの電子情報を処理している。

電子情報は改変が容易であり、法的な証拠物として取得するには専門知識と長年の経験が必要とするからこそ、厳選したデジタルフォレンジック調査ツールを選択する必要性がある。

情報漏洩事件後に必要なデジタルフォレンジック調査ツールとは?

サイバー攻撃や個人情報漏洩等、コンピュータを中心として電子機器に関する犯罪や法的紛争が生じる可能性は高まっている。

このような場面において、デジタルフォレンジック調査ツールは原因究明や調査に必要となるデータを収集・分析する事で、その法的な証拠性を明らかにする技術の事を意味する。

だからこそ、情報漏洩事件後にはデジタルフォレンジック調査ツールが極めて重要な存在となる。

デジタルフォレンジック調査ツールを選ぶ際のポイントに触れながら、どうのような調査ツールが良いのかを厳選しながらお伝えしていく。

デジタルフォレンジックツール・5サービスの比較

株式会社ワイ・イー・シー 「フォレンジック初動調査セット」

img_12027-02

情報システムを運用していく上でセキュリティ対策を万全にしても、突如としてサイバー攻撃や外部からの不正アクセス、そして内部の人間による不正等による事件が発生する事は十分にあり得る。

だからこそ、事件の発生要因が何かを素早く特定する事は被害の最小化を防ぎつつ、企業の社会的責任を果たす上でも極めて重要だ。

そのような場面で、大手企業や法執行機関にも採用されているフォレンジック初動調査セットはWebサイト閲覧履歴やメール送受信情報、そして不正アクセス履歴等が簡易的に解析する事が可能な為、十分な効果を発揮する。

情報漏洩事件がどういった原因で発生したのかを知る為の原因調査を考えているなら、まず最初に考慮に入れておく事をお勧めするデジタルフォレンジック調査ツールだ。

AOS リーガルテック株式会社 「フォレンジック調査サービス」

img_12027-03

モノのインターネット化(IoT)によって、私たちの業務の大半はコンピュータ等の電子機器を通じて行われている為、膨大なデータを処理する必要がある一方で、それらのデータ保全が難しくなってきている。

特に、企業の機密情報が流出した際に、企業に関連するデータの総量は予想を超える量が存在しており、また、外部から容易にデータの改変が可能な為に、法的な立証性を保つ事すら難しくなる。

「フォレンジック調査サービス」では、専門家による迅速な対応を基に事件に対する調査・解析を行う事で、機密情報流出に関わるリスクやトラブルを回避する事が可能である。

また、事件に該当するデータが改変・消去されていた場合でもフォレンジック調査を通じてデータの復元を行う事が出来るので、法的措置を考慮に入れていた場合でも安心だ。

Net Agent ネットエージェント株式会社 「フォレンジック調査サービス」

img_12027-04

情報漏洩事件が生じた際に、事件の経緯を詳しく調査する必要性があるのは明白だが、解析すべきデータが法的な立証性を持った形で正しく取得する事は、本来専門家に依頼しなければならない事である。

Net Agentの「フォレンジック調査サービス」では、コンピュータやWebサーバ、外部のHDDに至るまでの全ての電子機器の事件にまつわるデータを全く書き換える事が無い為に安心して調査を任せる事が可能だ。

特に、世界各国の調査機関で多くの実績を誇る専用の解析ソフトウェアを熟知した専門家による調査を行う為、その信頼性は極めて高い傾向にある。

どう言った経緯で事件が発生したのかを、綿密な打ち合わせの基に調査・解析したいと考えているならお勧めしたい企業の一つである。

NTTアドバンステクノロジ株式会社 「デジタルフォレンジックサービス」

img_12027-05

近年、企業の情報システムの脆弱性を標的にする事で、不正アクセスによるサイバー攻撃や機密情報流出による企業への犯罪事件が多発している。

このようなサイバー攻撃が原因となった場合の事件において、何故問題が生じてしまったのかを早急に対処する事は、企業として急務である。

「デジタルフォレンジックサービス」では、調査解析に対して豊富な経験を持つ専門技術者が最新の解析ツールを最大限活用する事で、隠された真実を明らかにしていく事が可能だ。

該当事件に関するデータの正確な保全と入念な解析を行うことで、法的な立証性を保つ調査をする事が可能であり、高機密性を備えた解析専用のラボを完備している為、取り扱うデータの安全性も極めて高い。

情報流出事件を高機密性に基づく調査をしたいと考えているなら、まず選んでおきたい企業だ。

株式会社ディアイティ 「X-Ways Forensics ファミリ/コンピュータフォレンジックツール」

img_12027-06

外部からのウィルス攻撃や不正アクセスによるサイバー攻撃事件後の対処として、コンピュータフォレンジックツールを使用する事は最善の判断だ。

だが、そうした時にまず考慮に入れて欲しいのが、どれだけ価値ある実績を積み重ねる事が出来てきたのかという点にある。

「X-Ways Forensics ファミリ/コンピュータフォレンジックツール」では、世界の35.000以上の組織や企業で採用されている情報流出事件の原因究明の為のツールとなるので安心だ。

専門家でなくても理解しやすいフォレンジック調査ツールであり、またその使いやすさから情報システムの統制や、障害復旧等のその他の対応にも柔軟に扱う事が可能である。

使いやすさと高い信頼性からコンピュータフォレンジックツールを検討しているなら、極めて正しい選択肢である。

サイバーセキュリティ.com
中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

まとめ

情報流出事件において、何より意識していておかなければならないのは事件後の被害を防ぐ事にある。このような更なる被害を防ぐ為にもコンピュータフォレンジック調査ツールを使用する事をお勧めする。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事