サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「マスク無料配布」で誘導、コロナウイルス関連のフィッシング詐欺に注意

  • LINEで送る

画像:新型コロナウイルスに乗じた犯罪/一般財団法人日本サイバー犯罪対策センターより

一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)はこのほど、世界的に流行するコロナウイルスに乗じる形の詐欺犯罪が増えていると警告を発しました。

JC3によると、確認された犯罪は「フィッシング詐欺」に乗じるかたちのものと、「悪質ショッピングサイトへの誘導」を目的にしたものの2タイプ。どちらもマスクなどの衛生用品をチラつかせアクセスを促すなど、閲覧者の心理に漬け込む形をとっていると注意喚起しています。

「マスクの無料配布」で誘うフィッシング詐欺

現在確認されているフィッシング詐欺は、「マスクの無料配布」などのメッセージでターゲットの心理を刺激して、不正アプリのインストールへと誘導する犯罪です。手口はSMSメッセージを送り付け、公的なサイトを装った偽ページで情報を盗み出すといった従来通りのものですが、今回のフィッシング詐欺は内容が時勢に即したものだけに、被害発生が懸念されています。

また、正規のショッピングサイトに偽装した詐欺ページの登場も確認されています。こちらも手口自体は従来のものと変わりませんが、既にマスクを購入しようとした利用者が悪質なショッピングサイトへ誘導される事例が発生しており、注意が必要な状況です。

参照新型コロナウイルスに乗じた犯罪/一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。