【Androidスマホ】パスワード・画面ロックが解除できない?解析方法とおすすめ業者を解説|サイバーセキュリティ.com

【Androidスマホ】パスワード・画面ロックが解除できない?解析方法とおすすめ業者を解説

本コンテンツには広告を含み、本コンテンツを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から送客手数料を受け取ることがあります。

スマートフォンのパスワード解除方法とは?業者の安全な選び方も解説

  • 「大切なデータが保存されたAndroidスマホのパスワードを忘れてしまった」
  • 「不正アクセスを受け、第三者にAndroidスマホのパスワードを変更されてしまった」
  • 「故人のAndroidスマホ(デジタル遺品)を問題のない形でパスワード解除したい」

これらのお困りごとを解決するために、「パスワード解除サービス」を展開している業者があります。

Androidスマホでは、むやみにパスワードを入力しても、パスワードを解除することはできません。むしろ入力を試せなくなる、データが初期化されるなどの問題が発生する可能性があります。

本記事では、自力でAndroidスマホのパスワードを解除する方法やパスワード解除業者の特徴、おすすめの解除業者について解説します。お困りの際は是非参考にしてください。

この記事の目次

パスワード解除業者とは?

パスワード解除業者は、自力で解除できないデジタル機器のパスワード解除を行っています。業者に解除を依頼するメリットは以下の3つです。

  • 解除できるパスワードの種類が豊富
  • セキュリティリスクを抑えて解除・解析できる
  • 裁判などで利用できる第三者目線の調査結果レポートを作成できる

業者を利用するときは、実績が豊富で、セキュリティ面が信頼できる業者を選ぶことが重要です。実績が少ない不審な業者に依頼すると、調査範囲が限られる、データが上書かれるなどのリスクがあります。

パスワード解除の知識に加えて、法律・プライバシー保護・セキュリティの知識を持つ業者は対応力が高く、信頼できます。依頼する目的に合わせて適切な手段で調査してもらえる業者に相談しましょう。

パスワード解除業者でできること

パスワード解除業者は、主に以下の3つの方法でパスワードを解除・解析します。

  • パスワードの解除
  • パスワードシステムの無効化
  • パスワードシステムの回避

パスワードの解除

デジタル機器を解析し、パスワードを特定する方法です。パスワード解除業者では、ブルートフォースアタック(総当り攻撃)という特殊な方法で解除することが多いです。

ブルートフォースアタック

理論的にあり得るすべてのパターンを入力して、パスワードを解除するための手法。時間をかけることで確実に解除することが可能。

パスワードシステムの無効化

パスワードを設定するシステムを無効化して、Androidスマホにログイン可能にする方法です。レジストリを直接操作して、ソフトウェアの設定を変更することで、システム自体を無効化できる可能性があります。

しかし、パスワード機能がセキュリティで保護されていると、パスワードを無効化することは容易にできません。

パスワードシステムの回避

パスワードシステムに干渉せず回避(バイパス)して、データにアクセスする方法です。パスワード自体の解除が不必要・不可能な場合にシステムの回避を試します。

昨今注目されるデジタル遺品の解析でも活用されている

パスワード解除の技術は、デジタル遺品の解析にも用いられます。デジタル遺品とは、故人が所有していたデジタル機器やデータのことです。相続のメモ・資産の管理情報・生前の写真や動画などの重要なデータが含まれている可能性があります。

デジタル遺品のパスワードが解除できないときは、専門家に相談しましょう。自力で解除を試すと、データを誤って上書きするなどで、2度とデータが確認できなくなるリスクがあります。デジタル遺品に関する詳細は以下の記事でも詳しく解説しています。

大切なデータはパスワード解除の業者に依頼する

パスワードが解除できないときは、業者に依頼するのが一番確実です。パスワード解除業者に依頼するメリットは以下です。

  • パスワードの種類や複雑さに関わらず、解除できる
  • 自力で解除するよりも早く、簡単に解除できる
  • 専門の技術と知識を持っているため、安全に解除できる

自力で解除するときに使うパスワード解除ツールでは、解除できるパスワードの種類に限りがあります。さらに、パスワードの入力上限が設定されている機器で繰り返しパスワードを入力すると、最悪の場合データが初期化されます。解除されない場合には・確実に解除したい方は、実績が豊富で、信頼できるパスワード解除業者に相談しましょう。

信頼できるパスワード解除業者を選ぶポイント

パスワード解除業者に依頼する場合は、実績面でもセキュリティ面でも信頼できる業者に相談することが重要です。信頼できる業者を選ぶポイントは次の6つです。

  • 実績がある
  • スピード対応している
  • セキュリティ体制が整っている
  • 法的証拠となる調査報告書を発行できる
  • データ復旧作業に対応している
  • 費用形態が明確である

上記のポイントから厳選したおすすめの業者が、デジタルデータフォレンジックです。

デジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジック公式ページ公式HPデジタルデータフォレンジック

✔警視庁への捜査協力を含む、累計32,000件超の相談実績
✔企業で発生しうるサイバーインシデント・人的インシデントの両方に対応
✔国際標準規格ISO27001/Pマークを取得した万全なセキュリティ体制
✔警視庁からの表彰など豊富な実績
14年連続国内売上No.1のデータ復旧技術を保有(※)
(※)データ復旧専門業者とは、自社及び関連会社の製品以外の製品のみを対象に保守及び修理等サービスのうちデータ復旧サービスを専門としてサービス提供している企業のこと。第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく(算出期間:2007年~2020年)

デジタルデータフォレンジックは、社内不正調査や法人のサイバー攻撃被害に加えて、個人のハッキング調査・パスワード解除まで、幅広い対応を可能としている汎用性の高い調査会社です。累計3.2万件以上の相談実績を持ち、大手企業や警察からの捜査依頼も多数解決しているため、実績・経験は申し分ないAndroidスマホのハッキング調査対応業者です。

調査・解除専門のエンジニアとは別に、相談窓口として調査専門アドバイザーも在籍しており、年中無休で対応しているため、初めて調査を依頼する場合でも安心して相談することができます。なお、法人/個人を問わず対応しており、見積まで無料のため費用面でも安心といえます。

パスワード解除業者の料金形態

パスワード解除業者の料金形態は、機器を診断して見積を出す形態が主流です。基本的には以下の要素で費用が決定します。

  • 機器の台数
  • パスワードの内容
  • 解除するための作業工程
  • 作業期間
  • 必要なエンジニアの人数 など

料金は数万円~数十万円ほどが相場といわれています。解除する機器の台数や作業難易度によってはそれ以上になる可能性もあります。

まずは解除業者に相談して、見積を確認しましょう。相談から見積まで無料で対応してもらえる業者もあるので、気軽に相談してみることをおすすめします。

Androidスマホのパスワードを解除できなくなった時の注意点

Androidスマホのパスワードを解除できなくなったときの注意点は以下の3点です。

  • パスワードを入力上限回数まで入力しない
  • Androidスマホを初期化しない
  • 市販のパスワード解除ソフトは使用しない

パスワードを入力上限回数まで入力しない

パスワードを入力上限回数まで入力すると、以下のリスクが発生する可能性があります。

  • Androidスマホのパスワードが一定時間パスワードの入力ができなくなる
  • 入力上限回数でデータが初期化される

複数回パスワードを間違えると、Androidスマホがロックされて一定時間Androidスマホにアクセスできなくなります。

また、セキュリティ保護のため、規定回数までパスワードを間違えると、自動的にデータが削除される設定もあります。この場合はAndroidスマホ内のデータが完全に消失するリスクがあります。

パスワードが分からない時は、思い当たる限りのパスワードの入力を試したくなりますが何度か試してダメな時はすぐに入力するのをやめてください。

Androidスマホを初期化しない

Androidスマホを初期化すると、Androidスマホ内のすべてのデータが消去されます。バックアップがない場合は復元できなくなるので、初期化する前に必ずバックアップを取るようにしましょう。

市販のパスワード解除ソフトは使用しない

市販のパスワード解除ソフトは使用しないでください。信頼性の低いソフトウェアを使用すると、個人情報が漏えいするなどのセキュリティリスクが発生します。データの流出や不正アクセスの危険があるので、ソフトの販売元はどこか、信頼できる業者かなど、セキュリティ上問題ないか確認が必要です。

一番信頼出来るのは、実績が数万件以上あるパスワード解除業者です。中でもフォレンジックの専門知識を利用してパスワードを解除している業者では、データの抽出・保全作業を依頼することも可能です。確実にパスワードを解除したいという方は、まず解除業者に相談してみることをおすすめします。

自分でパスワードを解除するリスク

知識なく誤った操作を繰り返すと、Androidスマホにアクセスできなくなることがあります。ここでは、自分でパスワードを解除するリスクについて下記の内容で紹介します。

  • 一時的または永続的にアクセスできなくなる可能性
  • セキュリティリスクが高まる可能性
  • プライバシーおよび不正アクセス禁止法に違反する可能性

一時的または恒久的にアクセスできなくなる可能性

スマートフォンは通常、一定回数のパスワード試行回数が制限されています。制限回数を超えると一時的または恒久的にAndroidスマホにアクセスできなくなります。これは、パスワードを順番に入力してパスワードを解除する「ブルートフォースアタック」(総当たり攻撃)を防止することなどが目的です。

またAndroidスマホでは、何度も不正なログインを試みると、端末は自動的に初期化され、すべてのデータと設定が消去されます。

iPhoneでは、間違ったパスコードを何度も入力するとAndroidスマホは操作不能になります。間違ったパスコードを5回続けて入力すると1分間は操作不能、さらに間違えると5分、15分、1時間と待機時間が伸び続け10回目で工場出荷時まで初期化されます。

初期化されると、Androidスマホに保存しているデータには二度とアクセスできなくなります。何度も繰り返しパスワードを入力するのは控えてください。

セキュリティリスクの増加

知識なくパスワードを自力で削除しようとすると、アカウントやデバイスがセキュリティリスクにさらされる可能性があります。自力で解除するときに使用するパスワード解除ソフトには、信頼できるものと悪質な目的で作成されたものがあります。

ソフトをダウンロードした際に。セキュリティの脆弱性を突かれ、マルウェア感染・不正アクセスなどの被害が発生する可能性があります。

プライバシーおよび不正アクセス禁止法に違反する可能性

法的な知識なくパスワードを解除しようとすると、プライバシー法やデータ保護法に違反する可能性があります。

不正な手段で他人のスマホのパスワードを解除することは、個人のプライバシー侵害となります。また、アクセス権限を持たないデータへのアクセスは、不正アクセス禁止法に違反する可能性があります

リスクを軽減するためには、スマホの所持者に調査の許可を取る必要があります。

Androidスマホでパスワード・画面ロックを解除する方法【裏ワザあり】

Androidスマホでパスワードを解除する方法には以下の方法があります。

  • Androidスマホの画面ロックの一般的な解除方法
  • Googleアカウントを使用する場合(パスワードリセット機能)
  • 【裏ワザ1】Androidスマホデバイスマネージャーを使用する場合
  • 【裏ワザ2】別のPCからAndroidスマホのパスワードを解除する
  • 【裏ワザ3】Andoroidの工場出荷時設定(ファクトリーリセット)に戻す場合
  • 自力で解除できない時はパスワード解除業者を利用する

Androidスマホの画面ロックの一般的な解除方法

Androidスマホの画面ロックの一般的な解除方法は以下があります。

  • PIN式の画面からパスワードを入力する
  • パスワード式の画面からパスワードを入力する
  • パターン式の画面ロックを解除する
  • 指紋認証でロックを解除する
  • 顔認証でロックを解除する など

パスワードを覚えている場合は、いつも通り認証することで解除できるはずです。しかし、入力しても解除されない・パスワードを忘れた時は、何度入力したとしても解除されない可能性が高いです。何度も入力せずに、パスワード解除業者に相談するようにしてください。

Googleアカウントを使用する場合(パスワードリセット機能)

「パスワードリセット」機能を利用して、パスワードを再設定することが可能です。間違ったパスワードを複数回入力すると、Androidスマホが一時的にロックされます。その後、「パスワードを忘れましたか?」や「Forgot Password?」などのオプションが表示されるので、ガイダンスに従って新しいパスワードを設定します。

なお、Androidスマホのパスワードリセットには、Googleアカウントが必要です。

GoogleアカウントでAndroidスマホのパスワードをリセットする方法は次のとおりです。

Googleアカウントを使用してパスワードを解除する方法
  1. ロック画面で「パスワードを忘れた場合」というメッセージが表示されるまで、間違ったパスワードまたはパターンを6回入力します。
  2. パスワードを忘れた画面で「パスワードを忘れた場合」または「パターンを忘れた場合」をタップします。
  3. Googleアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。
  4. パスワードをリセットするための手順が案内されるので、指示に従って新しいパスワードを設定します。
  5. 新しいパスワードを使用してAndroidスマホにログインできるようになります。

【裏ワザ1】Androidスマホでデバイスマネージャーを使用する場合

本記事で紹介する【裏ワザ】は、編集社がWEB上から収集した情報をもとに記載している方法です。スマホメーカーが公式で推奨していない方法ですので、OSや機器のバグを利用した手順が含まれる可能性があります。試す場合は自己責任で行ってください。確実にパスワードを解除すしたい場合には【裏ワザ】は試さずに、パスワード解除業者に相談することをおすすめします。


下記の条件を満たしている場合、Androidデバイスマネージャーを使用して、パスワードを再設定することができます。

  • Googleアカウントの登録が完了していること
  • パスワード解除したいAndroidスマホに連携しているGoogleアカウントを把握していること
  • 別のAndroidスマホもしくはPCを準備できること

Androidデバイスマネージャーを使用して、パスワードを解除する方法は次のとおりです。

Androidデバイスマネージャーを使用してパスワードを解除する方法
  1. 別端末で「Androidデバイスマネージャー」にアクセスする
  2. パスワード解除したいAndroidスマホに提携しているGoogleアカウントでログインする
  3. パスワード解除したい端末を選択する
  4. 「ロック」をタップする
  5. 新しいパスワード・パスワードを入力する
  6. 「ロック」を選択する

【裏ワザ2】解除ソフトを利用してPCからAndroidスマホのパスワードを解除する

PCをAndroidスマホに接続し、パスワード設定を変更することで、パスワードを解除できる可能性があります。インターネット上のスマホのパスワード解除ソフトをダウンロードして、ソフトの支持する手順で解除していきます。

しかし、パスワード解除ソフトは良質なものもあれば悪質なものも存在し、これらを見分けることは至難の業です。悪質なソフトの場合は、ダウンロードした時点でマルウェアに感染させられたり、PCの情報を抜き取られる可能性があります。

また、パスワード解除ソフトは万能ではないため、確実にパスワードを解除できるとは限りません。確実にパスワードを解除したうえで中身のデータを利用したい方や、会社で利用している端末のパスワードを解除したい場合は、解除ソフトではなく、パスワード解除業者に相談することをおすすめします。

【裏ワザ3】AndoroidAndroidスマホを工場出荷時設定(ファクトリーリセット)に戻す場合

Androidスマホを工場出荷状態にしてパスワードを解除するとは、スマホを初期化状態にすることを指します。

Androidを工場出荷状態にしてパスワードを解除する方法
  1. Androidスマホの電源を切る
  2. AndroidスマホとパソコンをUSBケーブルで接続
  3. Androidスマホの電源を入れる
  4. すぐに、電源ボタンと音量下ボタンを同時に押す
  5. 画面にAndroidロゴが表示されたら、電源ボタンから指を離し、音量下ボタンは離さない
  6. [リカバリーモード] 画面が表示されたら、音量ボタンを使用して [工場出荷時の設定にリセット] を選択
  7. [電源ボタン] を押して、[工場出荷時の設定にリセット] を実行
  8. Androidスマホが再起動すると、パスワードは解除される

ただし、工場出荷時の設定にリセットすると、Androidスマホに保存されているすべてのデータが削除されます。大切なデータを含んでいる場合は、この方法でパスワードを解除することはできません。パスワード解除業者に相談するようにしましょう。

自力で解除できない時はパスワード解除業者を利用する

ここまでにパスワードの解除方法や裏ワザを紹介してきました。しかし、自力でパスワードを解除する方法にはセキュリティやデータ管理上リスクが存在します。自力で解除できない場合や、自力で解除するのが不安な方は、パスワード解除業者に相談するのが一番確実です。

パスワード解除業者では、エンジニアのノウハウや技術力を駆使して、解析ソフトよりも高い確率でパスワードを解除することができます。特に、デジタル遺品のパスワード解除や社内不正の端末調査など、パスワードを解除した後に中のデータも確認したい場合は相談することをおすすめします。ただパスワード解除するだけでなく、データの収集・解析・復元もあわせて相談できる会社に相談するのが一番確実です。

中には、相談・見積もりを無料で対応してもらえる業者もありますので、困ったときにはまずは相談してみるようにしましょう。

iPhoneでパスワードを解除する方法

iPhoneでパスワードを解除する方法は、次のとおりです。

  • iCloudに登録している場合
  • iTunesを使用してリカバリーモードで復元する場合
  • DFUモードで復元する場合
  • Appleサポートに相談する場合

iCloudに登録している場合

iCloudに登録している場合、iPhoneのパスワードを解除する方法は、次のとおりです。

iCloudでiPhoneのパスワードを解除する方法
  1. iCloudのウェブサイト(https://www.icloud.com/)にアクセスし、Apple IDとパスワードでログイン
  2. 「iPhoneを探す」を選択し、画面上部の「全てのデバイス」から解除したいiPhoneを選択
  3. 「iPhoneを消去」を選択
  4. 表示されるメニューから「iPhoneの消去」を選択
  5. 「このiPhoneを消去しますか?」というメッセージが表示されたら、「消去」を選択
  6. ロックされたiPhoneが初期化され、パスワードが解除される

ただし、この方法を使用するためには、事前にiPhoneが「iPhoneを探す」機能で有効になっている必要があります。また、パスワード解除後はiPhoneが初期化され、データが消去されることになります。データが必要な方は試さずに、パスワード解除業者に相談しましょう。

リカバリーモードで復元する場合

iPhoneのリカバリーモード(Recovery Mode)は、ソフトウェアの問題が発生したり、パスワードを忘れてアクセスできない場合に使用される特殊なモードです。この方法は、iPhoneのソフトウェアに異常が発生してパスワードが解除できなくなっている場合に有効です。ソフトウェアを修復したり、復元したりすることができます。

iPhoneでリカバリーモードを利用して復元する方法は、次のとおりです。

iPhoneでリカバリーモードを利用して復元する方法
  1. iPhoneをシャットダウンする
  2. iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続
  3. iTunesを起動
  4.  リカバリーモードを起動
    • iPhone 8以降のモデル:音量アップボタンを短く押し、すぐに放す。次に、音量下ボタンを短く押し、すぐに放す。最後に、サイドボタン(電源ボタン)を押し続け、Appleロゴが表示されるまで待つ。
    • iPhone 7/7 Plus:サイドボタン(電源ボタン)と音量下ボタンを同時に押し続ける。Appleロゴが表示されるまで待つ。
    • iPhone 6s以前のモデル:ホームボタンとサイド(またはトップ)ボタンを同時に押し続ける。Appleロゴが表示されるまで待つ。
  5. iPhoneの電源を入れる
  6. iPhoneの画面に以下の画面が表示されたら、iTunesの画面で「復元」をクリック
  7. iTunesがiPhoneのソフトウェアをダウンロードしてインストール
  8. インストールが完了したら、iPhoneが復元される

ただし、iPhoneをリカバリーモードで復元すると、iPhoneのすべてのデータが消去されますので、事前にバックアップを作成することをおすすめします。バックアップが無い場合に、保存しているデータの取り出しが必要な場合は、パスワード解除の専門業者に相談しましょう。

DFUモードで復元する場合

DFUモード(Device Firmware Update)とは、iPhoneのソフトウェアが不具合を起こしているときに使われるモードです。DFUモードでソフトウェアをアップデート・復元することで、パスワードを解除できるようになる可能性があります。

DFUモードでパスワードを解除する方法
  1. iPhoneの電源を切ります。
  2. iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。
  3. iPhoneの電源を入れます。
  4. すぐに、電源ボタンと音量下ボタンを同時に押します。
  5. 画面にiTunesのロゴが表示されたら、電源ボタンから指を離しますが、音量下ボタンは離さないでください。
  6. iTunesがiPhoneを認識したら、iPhoneのソフトウェアをアップデートしたり、復元したりします。

ただし、DFUモードでパスワードを解除すると、iPhoneは初期化されるため、保存しているすべてのデータは消去されます。事前にバックアップを作成していない場合は、手順を試さずにパスワード解除業者に相談することをおすすめします。

Appleサポートに相談する場合

パスワードを忘れた場合、Appleサポートに相談することで問題が解決できる場合があります。

AppleサポートはiPhoneの公式メーカーが運営しているサポートサービスです。パスワードの問題に対する解決策やアドバイスとして適切な操作手順を教えてもらえるため、問題を迅速かつ効果的に解決できるでしょう。

ただし、データは初期化される可能性が高いため、データのバックアップを作成していない場合はご注意ください。iPhoneが初期化されると、Androidスマホ内の写真、メッセージ、連絡先など、全てのデータが削除されます。データのバックアップがない場合、初期化後にデータを復旧することは困難です。データの取り出しが必要な方は、パスワード解除業者に相談してください。

相談見積無料!パスワード解除のおすすめ会社はこちら>>

パスワード解除業者を選ぶポイントとは

パスワード解除業者を選ぶ際には、以下のポイントが重要です。

  • 官公庁・捜査機関・大手法人の依頼実績がある
  • スピード対応している・出張での駆けつけ対応が可能
  • 費用形態が明確である・自社内で調査しており、外注費用がかからない
  • 法的証拠となる調査報告書を発行できる
  • 調査に加え、データ復旧作業にも対応している
  • セキュリティ体制が整っている

前提として、利用しているAndroidスマホのパスワード解除実績があるかどうかを確認してください。実績が少ない業者は、技術力が低い恐れがあります。

また、パスワード解除業者は、信頼性が求められます。信頼できるかどうかを判断するために、官公庁・捜査機関・大手法人の依頼実績があるか確認しましょう。ほかにも、セキュリティ体制が整っているかなどの情報を確認しておくといいです。

さらに、業者の利用方法や料金プランについてもよく確認してください。パスワード解除業者は利用することが初めてという方も多いでしょう。業者に相談した際には、解除までの流れや見積を確認しておくようにしてください。

Androidスマホでおすすめのパスワード解除業者

パスワード解除業者はまだまだ一般的に馴染みが薄く、どの判断基準で依頼先を選定すればよいか分からない方も多いと思います。そこで、30社以上の会社から以下のポイントで厳選した編集部おすすめの調査会社を紹介します。

信頼できるパスワード解除業者を選ぶポイント

  • 官公庁・捜査機関・大手法人の依頼実績がある
  • 緊急時のスピード対応が可能
  • セキュリティ体制が整っている
  • 法的証拠となる調査報告書を発行できる
  • データ復旧作業に対応している
  • 費用形態が明確である

上記のポイントから厳選したおすすめのパスワード解除業者は、デジタルデータフォレンジックです。

デジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジック公式ページ

公式サイトデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、累計3万2千件以上の豊富な相談実績を持ち、全国各地の警察・捜査機関からの相談実績も360件以上ある国内有数のフォレンジック調査サービスです。

一般的なフォレンジック調査会社と比較して対応範囲が幅広く、法人のサイバー攻撃被害調査や社内不正調査に加えて、個人のハッキング調査・パスワード解析まで受け付けています。24時間365日の相談窓口があり、最短30分で無料のWeb打合せ可能とスピーディーに対応してくれるので、緊急時でも安心です。

運営元であるデジタルデータソリューション株式会社では14年連続国内売上No.1のデータ復旧サービスも展開しており、万が一必要なデータが暗号化・削除されている場合でも、高い技術力で復元できるという強みを持っています。調査・解析・復旧技術の高さから、何度もテレビや新聞などのメディアに取り上げられている優良企業です。
相談から見積りまで無料で対応してくれるので、フォレンジック調査の依頼が初めてという方もまずは気軽に相談してみることをおすすめします。

費用 ★相談・見積り無料 まずはご相談をおすすめします
調査対象 デジタル機器全般:スマートフォン/PC/サーバ/外付けHDD/USBメモリ/SDカード/タブレット 等
サービス ●サイバーインシデント調査:
マルウェア・ランサムウェア感染調査、サイバー攻撃調査、情報漏洩調査、ハッキング調査、不正アクセス(Webサイト改ざん)調査、サポート詐欺被害調査、Emotet感染調査
●社内不正調査:
退職者の不正調査、情報持ち出し調査、横領・着服調査、労働問題調査、文書・データ改ざん調査、証拠データ復元
●その他のサービス:
パスワード解除、デジタル遺品調査、セキュリティ診断、ペネトレーションテスト(侵入テスト)、OSINT調査(ダークウェブ調査) 等
※法人・個人問わず対応可能
特長 官公庁・法人・捜査機関への協力を含む、累計32,000件以上の相談実績
✔企業で発生しうるサイバーインシデント・人的インシデントの両方に対応
✔国際標準規格ISO27001/Pマークを取得した万全なセキュリティ体制
✔警視庁からの表彰など豊富な実績
✔14年連続国内売上No.1のデータ復旧サービス(※)を保有する企業が調査
※第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(2007年~2020年)
基本情報 運営会社:デジタルデータソリューション株式会社
所在地:東京都港区六本木6丁目10-1 六本木ヒルズ森タワー15階
受付時間 24時間365日 年中無休で営業(土日・祝日も対応可)
★最短30分でWeb打合せ(無料)

パスワード解除依頼の流れ

デジタルデータフォレンジックにパスワード解除を依頼する流れは以下の通りです。

  1. お問い合わせ・無料相談
  2. 機器の持ち込み・郵送
  3. 調査項目/作業内容を確定し、見積もりできる
  4. 復旧完了後、機器の受け取り

デジタルデータフォレンジックのさらに詳しい説明は公式サイトへ

>フォレンジック調査会社の一覧リストはこちら

Androidスマホで利用されるパスワード・画面ロックの種類と設定方法

ここでは、Androidスマホで利用されるパスワード・画面ロックの種類と設定方法を紹介します。パスワードの種類は以下です。

パスワードの種類 パスワードの特徴 設定方法
パスワード 4~16桁の英数字を利用するパスコードを入力してロック画面を解除する
  1. ホーム画面で二本指で「ステータスバー」を下方向にスワイプする
  2. 右上の「設定」を選択
  3. 「セキュリティ」を選択
  4. 「画面ロック」を選択
  5. 「パスワード」を選択
  6. 「端末を起動するにはパスワードが必須とする」を選択
  7. 設定したいパスワードを入力する
  8. 確認のため再度同じパスワードを入力する
  9. 設定完了

 

スワイプ 画面をなぞる動作の順序を指定し、実行することでロック画面を解除する
  1. ホーム画面で二本指で「ステータスバー」を下方向にスワイプする
  2. 右上の「設定」を選択
  3. 「セキュリティ」を選択
  4. 「画面ロック」を選択
  5. 「スワイプ」を選択
  6. 設定完了
PIN  4~16桁の数字のみを利用するパスコードを入力してロック画面を解除する
  1. ホーム画面で二本指で「ステータスバー」を下方向にスワイプする
  2. 右上の「設定」を選択
  3. 「セキュリティ」を選択
  4. 「画面ロック」を選択
  5. 「PIN」を選択
  6. 「端末を起動するにはPINが必須とする」を選択する
  7. 設定したいPINコードを入力
  8. 確認のため、再度同じPINコードを入力
  9. 「端末ロック時の通知内容」を選択
  10. 設定完了
Smart Lock 特定の条件下でAndroidスマホのロック画面を解除したままの状態にできる機能
  1. ホーム画面で二本指で「ステータスバー」を下方向にスワイプする
  2. 右上の「設定」を選択
  3. 「セキュリティ」を選択
  4. 「Smart Lock」を選択
  5. 「信頼できる端末」を選択
  6. 「信頼できる端末を追加」を選択
  7. 「NFC」を選択
  8. 設定したい「ICカードやNFC対応端末」を端末の背面に重ねる
  9. 「名前」から登録した情報の名前を設定
  10. 設定完了
顔認証 顔情報を事前に認識させ、Androidスマホを顔の前にかざすことでロックを解除できる顔認証
  1. ホーム画面で二本指で「ステータスバー」を下方向にスワイプする
  2. 右上の「設定」を選択
  3. 「セキュリティ」を選択
  4. 「顔認証」を選択
  5. 「顔認証を設定」を選択
  6. 指示に従って顔情報を登録
  7. 設定完了
指紋認証 指紋情報を事前に認識させ、センサーで読み取ることでロックを解除する
  1. ホーム画面で二本指で「ステータスバー」を下方向にスワイプする
  2. 右上の「設定」を選択
  3. 「セキュリティ」を選択
  4. 「指紋」を選択
  5. 指示に従って、センサーに登録したい指紋情報を認証させる
  6. 設定完了
自動ロック 一定時間端末を利用しないことで、自動的にロック画面の状態にする
画面ロックなし パスワードなどを使用していない状態で、画面をスワイプするだけで誰でもログインできる
  1. ホーム画面で二本指で「ステータスバー」を下方向にスワイプする
  2. 右上の「設定」を選択
  3. 「セキュリティ」を選択
  4. 「画面ロック」を選択
  5. 「なし」を選択
  6. 設定完了

これらのパスワードは簡易的なものから、セキュリティレベルの高いものまであります。簡易的なものは状況によって、設定した本人以外にも解除されてしまう可能性があります。

なるべく複雑なパスワードや本人しか解除できないパスワードを設定しておくと安心です。また、複数箇所で同じパスワードを用いると、情報漏えいした時に被害が拡大する可能性がありますので注意してください。

デジタル遺品のパスワード解除業者とは

亡くなった方の所持品であるデジタル機器に保存されているデータを「デジタル遺品」といいます。亡くなった後に、遺族がパスワードを知らないとデータ・ネットバンキング・証券口座などの状況を確認できません。

デジタル遺品を調査しなければ、相続・契約など多くの問題が発生することが考えられます。また、仮にその方がサブスクリプション(定期購入型)サービスなどに契約していた場合、亡くなった後でも毎月料金を請求される可能性があります。

デジタル遺品でパスワード解除が必要になるケース

デジタル遺品でパスワード解除が必要になるのは以下のケースです。

  • 相続に関するデータを確認したい
  • 故人のデータを移行・バックアップしたい
  • 契約している有料サービスを解約したい
  • 故人の友人に葬儀連絡をする必要がある など

これらの場合は、パスワードを解除しなければ解決できないので、まずは業者に相談してパスワードを解除する必要があります。相談・見積まで無料で受け付けている信頼できる業者もあるため、まずは相談してみてください。

デジタル遺品を整理する方法

故人のデジタル遺品を整理する際には、以下の項目を整理しましょう。

  • 口座の状況
  •  SNS(Twitter,Instagarm,Facebookなど)のアカウント
  • Androidスマホ内部のデータ

口座の状況

デジタル遺品を整理するときは、まず最初に口座の状況を調査しましょう。銀行などの金融機関は、利用者が亡くなったときも口座状況を自動的に整理してくれるわけではないです。よって、遺族が口座状況を調査する必要があります。

投資状況・ネットバンキング・クレジットカード情報などの琴線に関する情報は正確に調査を行いましょう。サブスクリプション(定期購入型)サービスを契約をしている場合は、停止しなければ半永久的に料金が請求される危険があります。

また、株式取引を行っていた場合は、開示請求事務センターに相談することで、投資状況を確認できるケースもあります。

 SNS(Twitter,Instagarm,Facebookなど)のアカウント

故人のSNSのアカウントは削除・凍結をしましょう。この操作によって、アカウント閲覧者の混乱を回避することができます。放置すると、アカウントに外部から不正ログイン・悪用される可能性があります。

一部のSNSは、亡くなった方のアカウントを「追悼アカウント」に変更する機能があり、ほかのユーザーがアカウントにログインすることができなくなります。これにより、アカウントの乗っ取りや情報の改変などの情報リスクを未然に防ぐことができます。

Androidスマホ内部のデータ

必要な作業がすべて終了した場合は、Androidスマホのデータを削除しましょう。データを残したままの状態にしておくと、ハッキングや不正アクセスされた場合に登録したままのクレジットカード情報や個人情報を抜き出される可能性があります。

Androidスマホのデータ自体はバックアップを取っておくことで、いつでも復元することが可能ですので、機器上に保存しているデータは削除するようにしてください。

デジタル遺品のパスワード解除も業者に相談するのが確実

デジタル遺品のパスワードが解除できないときは、パスワード解除業者に相談するようにしてください。生前にパスワードを共有していなかった場合、特定することは容易ではないです。パスワード解除業者であればパスワードを解除できる可能性があります。

ただし、業者によってデジタル遺品のパスワードの解除実績が少ない業者もありますので、どの業者に相談して対応してもらうか慎重に選ぶ必要があります。

まずは、無料で相談・見積まで可能な業者で状況を説明し、パスワードの解除が可能かどうかを確認することをおすすめします。

まとめ

この記事では、スマートフォンのパスワード解除方法について詳しく解説しました。

Androidスマホのパスワードを忘れた場合、自力で対処する方法ではセキュリティやデータ管理上リスクが伴う場合があります。また、Androidスマホを初期化してしまうと、データが消えてしまうため、初期化は絶対にしないようにしてください。

パスワードを解除し、確実にデータを取りだしたい場合は、パスワード解除業者に相談することをおすすめします。

よくある質問

ここでは、Androidスマホのパスワードを解除できない時によくある質問を紹介します。

  • Androidスマホにおいて、画面ロックやパスワードは必要性が高い?
  • ドコモの画面ロックを解除できない原因は何ですか? 
  • PINコードを何回間違えたらロックされるか?

Androidスマホにおいて、画面ロックやパスワードは必要性が高い?

Androidスマホにおいて、画面ロックやパスワードはセキュリティ管理上必要性が高いです。近年ではAndroidスマホ決済などを導入している端末も多く、Androidスマホ内の情報が流出することで、高額請求やウイルス感染などの被害が発生する可能性が高いです。

特に、会社のAndroidスマホなど、重大な情報を取り扱っている機器では、マルウェア感染や不正アクセスの被害によって重大な情報(社外秘の情報や顧客情報など)が流出すると、最悪の場合は倒産や損害賠償金を請求されるといったトラブルにつながります。デジタル機器のパスワードを管理するときは、以下の点を徹底してください。

  • 解除するのが難しい複雑なパスワードを利用する
  • 忘れないようにパスワードを管理する
  • パスワードが分からなくなったらすぐに解除業者に相談する

設定したパスワードを忘れると、自身も端末やデータにアクセスできなくなります。結果、連絡が取れない・データにアクセスできない・業務が停止するなどが発生します。パスワードは特定されにくい複雑なものが好ましいですが、忘れないように管理することが求められます。

万が一パスワードを忘れた時は、自力で対処せず、パスワード解除業者に相談して解除するのが一番確実です。無料で相談・見積もりを受け付けている業者もあるので、まずは相談することをおすすめします。

ドコモのAndroidスマホの画面ロックを解除できない原因は?

ドコモの画面ロックを解除できない原因は以下が考えられます。

  • パスワードやPINコードを忘れた
  • Androidスマホの電源が切れている
  • パスワードを繰り返し間違えた

入力しているパスワードが間違っている可能性が高いです。間違ったパスワードを繰り返し入力すると、回数に合わせて入力までに必要な時間の制限がかかる場合があります。最悪の場合、データが初期化される危険もあります。何度か試して解除されない場合には、自力で試さずに、パスワード解除業者に相談するようにしましょう。

PINコードを何回間違えたらロックされるか?

AndroidスマホのPINコードは3回連続で間違えると、SIMカードがロックされます。これは第三者によってSIMカードを不正に使用されることを防ぐために設定されます。

ロックされてしまうと、SIMごとに設定されている「PINロック解除コード」を入力しなければ解除することはできません。パスワードがわからない時は、何度も試すのはやめてください。困ったときは、パスワード解除業者に相談して、Androidスマホのパスワード解除が可能かどうか確認しましょう。

SNSでもご購読できます。