サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

データが暗号化された?暗号化データの復号・復旧方法|ランサム感染



データ保護の重要性が高まる昨今、情報漏洩防止などの観点から、データを暗号化することはごく当たり前のことになっています。しかし、この暗号化されたデータにトラブルが発生した場合、暗号化の種類によっては、一部のデータが破損しているだけで復号(暗号化前の状態に戻すこと)できないケースがあります。

また、サイバー攻撃の増加に伴い、ランサムウェアによるデータ暗号化も増えてきました。ランサムウェアによる暗号化は複雑なアルゴリズムであることが多いため、専門のエンジニアでなければ復号・復旧はほぼ不可能です。

この記事では、暗号化されたデータを安全に復号・復旧する方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

データの暗号化とは

暗号化とは、元のデータを書き込む際に、ある一定の規則に従い別のデータに変換することで、盗難・紛失・不正アクセスなどから、情報漏洩を防ぐ可能性を上げることができます。

有名な暗号には、「RSA暗号」や「楕円曲線暗号」などがあります。しかし、暗号の種類は無限大であり、特にランサムウェアによる暗号化は複雑なアルゴリズムであることが多いため、データの復号には、専用のツールだけでなく、エンジニアの経験や技術が問われます。

暗号化は、以下の2つに分類されます。

  • ソフトウェア暗号化

ソフトウェア暗号化は、特定のファイルやフォルダのみを暗号化します。

例えば、「社外秘」のような特定の単語や、クレジットカード番号、社会保障番号などのデータが含まれるファイルのみを自動的に暗号化する設定が可能です。また、特定のフォルダを指定し、そのフォルダに保存されるファイルをすべて暗号化することもできます。

しかし、人為的に暗号化の指定・設定をするため、暗号化のし忘れや、設定ミスが起こりやすいリスクがあります。

  • ハードウェア暗号化

ハードウェア暗号化とは、HDDやUSBメモリなどの特定のデバイス全体に対して暗号化を行います。機器によっては、初期段階で保存されるデータすべてに暗号化を施すようになっているものもあります。

保存するたびに自動で暗号化が行われるため、セキュリティ面でのメリットがあります。

暗号化データの復号・復旧が必要な場合

主に下記の2つが、暗号化されたデータの復号・復旧な場合です。

  • 暗号化がされている状態の機器・データに障害が発生した場合
  • ランサムウェアに感染した場合

暗号化されている状態の機器・データに障害が発生した場合

暗号化されているデータや機器に障害が発生した場合、「暗号化されたデータの取り出し」と「取り出したデータの復号」の2つの作業が必要となります。

発生している障害によって、原因や適切な対処法が異なります。対処法を誤ると、二度とデータを取り出せなくなってしまう場合があります。個人で対応できない場合や原因が不明な場合には、暗号化のデータ復旧に対応している専門業者への問い合わせを検討してください。

データ障害の種類

データ障害は大きく分けて「物理障害」と「論理障害」の2つに分類されます。

物理障害

記憶媒体本体の破損が原因で、データが読み書きできない障害です。水没や経年劣化、強い衝撃などが原因で起こります。部品の交換が必要なため、個人での復旧はほぼ不可能です。

論理障害

データ自体が破損していることが原因で、読み込んだデータに問題がある障害です。フォーマットやデータの削除などが原因で起こります。データ復元ソフトが対応している場合もありますが、物理障害の併発・誤ったソフト操作などにより、個人での作業は障害が悪化することもあります。

ランサムウェアに感染した場合

ランサムウェアとはシステムを乗っ取ることで、データの暗号化、ユーザーの機器利用制限がされます。暗号化データの復号、制限解除をするために身代金が要求されます。

暗号化されたデータの復号には、犯人が持つ秘密鍵が必要であり、基本的には個人の作業でデータを元に戻すことは出来ません。もし感染してしまった場合は、絶対に身代金を支払わないようにしましょう。身代金を払ってしまうと、犯罪組織に資金と情報を提供し二次被害に繋がる可能性がありデータが戻ってくる保証もありません

ランサムウェアに感染したことが発覚した場合は、直ちにネットワークとの接続を避けランサムウェアによる暗号化データの復号・復旧に対応している専門業者へ相談することを検討してください。

ランサムウェアの詳細は下記記事を参考にしてください。

暗号化されたデータの復号・復旧方法

下記の方法で、暗号化されたデータを復号・復旧できる場合があります。しかし、ランサムウェアへの感染による暗号化の場合は、個人での対応は不可能であるため、データが必要な場合は暗号化データの復号に対応している専門業者への問い合わせを検討しましょう。

  • データ復号ソフトを使用する
  • データ復旧専門業者に相談する

データ復号ソフトを使用する

データ復号ソフトを使用することで、暗号化されたデータの復号・復旧にはが可能な場合があります。しかし、データ復号ソフトで対応できる暗号には限りがある上に、ソフトのインストールなどで必要な情報を上書きしてしまうことがあります

また、物理障害が発生している記憶媒体にソフトの使用をしてしまうと、症状の悪化最悪データを完全に失ってしまう可能性もあります。

ソフトの使用には、リテラシーが必要なうえにリスクもあるので、暗号化されたデータの重要度に応じて使用を検討してください。

データ復旧専門業者に依頼する

暗号化されたデータの復号・復旧は、データ復旧の専門業者に相談するのが、復号・復旧の確率が一番高いです。暗号化されたデータの復号・復旧には「どのようなアルゴリズムで」暗号化されていて、「どのような方法で」復元・復旧できるかを把握している必要があります。

これには、専用のツールやソフトだけでなく、エンジニア自体の経験や技術も必要であるため、データ復旧の専門業者への相談が一番確実です。暗号化のデータ復旧に対応している専門業者では、ランサムウェア感染による暗号化の復号・復旧実績がある場合もあります。

データ復旧専門業者の中には、無料で相談から見積もりができる業者も存在するので、一度相談してみても良いでしょう。

おすすめのデータ復旧専門業者

データ復旧の専門業者へ依頼するなら復旧できないと意味がありません。そこで、暗号化データの復号・復旧に対応している復旧率の高い」専門業者を選定しました。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

暗号化されたデータの復号・復旧方法について紹介しました。暗号化データの復旧には技術だけでなく経験が必要な場合があります。

またランサムウェア感染による暗号化は、個人での対処は不可能であるため、対応している専門業者へ相談しましょう。

復旧したいデータの重要度に応じた方法を検討してください。

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。