【iPhone】スマホを監視されてるか確かめる方法|サイバーセキュリティ.com

【iPhone】スマホを監視されてるか確かめる方法

本コンテンツには広告を含み、本コンテンツを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から送客手数料を受け取ることがあります。



「最近データ使用量が異常に多い気がする」「バッテリーの消耗が激しくなった」

上記のような症状が見られる場合、スマホを監視するアプリがインストールされているかもしれません。スマホが監視されると、重要な個人情報が漏洩したり盗聴されたりする可能性があります。

また監視技術は日々進化しており、個人で監視アプリを検出することが非常に難しくなっています。被害が拡大する前になるべく早く対処するようにしましょう。

今回は、スマホを監視されてるか確かめる方法や対策方法について解説します。

スマホの監視アプリとは

スマートフォンの監視アプリとは、ユーザーの活動を追跡し、そのデータを収集するアプリケーションのことです。これらのアプリは主に個人のプライバシーを侵害する目的で使用され、位置情報の追跡、通話の監視、メッセージの読み取り、インターネットの閲覧履歴の追跡などの機能を持っています。

監視アプリは、ユーザーの知らない間にインストールされることが多く、その存在を見つけるのが難しい場合もあります。そのため、スマホの異常な動作やデータ使用量の急増などに注意を払い、定期的なセキュリティチェックを行うことが大切です。

無断監視は違法

スマートフォンを無断で監視する行為は違法です。勝手に監視アプリをインストールして通信内容を傍受・記録することは犯罪行為とされています。また、個人情報の取り扱いに関しても厳格なルールが設けられており、無断で個人情報を収集し、利用する行為は法的に厳しく制限されています。

監視アプリの主な機能

監視アプリはさまざまな機能をもっています。監視アプリの主な機能は以下のとおりです。

  • GPSを利用した位置情報の追跡
  • 通話履歴の記録や通話内容の録音
  • 受信・送信されたテキストメッセージの読み取り
  • アプリの使用状況の監視
  • デバイス内のファイル(写真、ビデオ、文書など)へのアクセス
  • 受信・送信されたEメールの読み取り
  • インターネットの閲覧履歴の追跡

監視アプリがスマートフォンにインストールされると、個人情報の漏えいや重大なセキュリティリスクにさらされる可能性があります。これらを放置すると、悪意ある第三者による不正利用が続き、監視アプリによって収集された個人の写真や通信記録などの情報が悪用される危険性が高まります。

そのため、手遅れになる前に専門の調査会社に調査を依頼しましょう。専門の調査会社では、監視アプリの存在を確実に特定し、適切な対応策を提供することが可能です。

iPhoneを監視されているときの症状

iPhoneを監視されているときは以下のような症状が発生することがあります。

  • バッテリーが急速に消耗する
  • データ使用量が異常に多い
  • スマホのパフォーマンスが低下する

バッテリーが急速に消耗する

監視アプリはバックグラウンドで常に動作しているため、通常よりもはるかに多くのエネルギーを消費します。iPhoneのバッテリーが急激に減少する場合、これは監視アプリが原因の一つと考えられます。特に、デバイスをあまり使用していないにもかかわらず、バッテリー残量が急速に減少する場合は注意が必要です。

データ使用量が異常に多い

監視アプリは収集したデータを外部のサーバーに送信するため、通常のデータ使用量よりもはるかに多くのデータを消費します。スマートフォンのデータ使用履歴を確認し、通常の月間使用量と比較して異常に高い使用量が見られる場合は、監視アプリが原因である可能があります。特に、Wi-Fiを主に使用しているにもかかわらず、モバイルデータの使用量が異常に高い場合は警戒が必要です。

スマホのパフォーマンスが低下する

監視アプリはデバイスのリソースを大量に消費するため、iPhoneの全体的なパフォーマンスに影響を与えることがあります。アプリの起動が遅くなったり、画面の反応が鈍くなったり、またはデバイスが頻繁にフリーズするようになった場合、これは監視アプリが原因の一つと考えられます。また、デバイスが予期せず再起動することも、監視アプリによる可能性があります。

iPhoneが監視されているか確かめる方法

iPhoneが監視されているか確かめる方法は以下のとおりです。

  • プライバシー設定を見る
  • ホーム画面に不審なアプリがないか確認する
  • App Storeから確認する(App Storeの履歴を見る)
  • 設定メニューから確認する
  • 調査会社に依頼する

プライバシー設定を見る

iPhoneの「設定」アプリを開き、「プライバシー」セクションを確認します。ここでは、各アプリがどのような情報にアクセスしているかを確認できます。もし不要なアクセス権限が与えられているアプリがあれば、そのアプリを疑う必要があります。

ホーム画面に不審なアプリがないか確認する

ホーム画面とアプリライブラリを注意深くチェックし、自分がインストールした覚えのない不審なアプリがないか確認します。怪しいアプリは、監視目的でインストールされた可能性があります。

App Storeから確認する(App Storeの履歴を見る)

App Storeを開き、「購入済み」のセクションを確認します。ここには、あなたのApple IDを使用してダウンロードまたは購入された全てのアプリの履歴が表示されます。不審なアプリがあれば、それが監視アプリである可能性があります。

設定メニューから確認する

「設定」→「一般」→「プロファイル」と進み、不審な構成プロファイルがインストールされていないか確認します。監視アプリは、構成プロファイルを通じてデバイスにインストールされることがあります。

調査会社に依頼する

自力でiPhoneの監視アプリを全て確認するのは困難です。なぜなら、監視アプリは通常、ユーザーに気づかれないように設計されており、アプリのアイコンが画面上に表示されないことも多いからです。また、監視アプリは通常のアプリ管理機能では検出できない場合があります。

もし専門的な知識のない個人が自力で監視アプリの検出や削除を試みると、誤って重要なシステムファイルを削除したり、デバイスのセキュリティを低下させたりする恐れがあります。

そのため、監視アプリがインストールされている可能性がある場合は、ハッキングの専門家に「フォレンジック調査」を行ってもらいましょう。フォレンジック調査は、法的に正しい手続きを用いてデジタル端末を解析する専門的な手法です。専門の調査会社は、監視アプリの検出や除去に関して専門的な知識とツールを持っており、デバイスの安全性を確保しながら調査することができます。

調査業者を選ぶポイントや費用の相場などはこちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのフォレンジック調査会社

フォレンジック調査はまだまだ一般的に馴染みが薄く、どのような判断基準で依頼先を選定すればよいか分からない方も多いと思います。そこで、30社以上の会社から以下のポイントで厳選した編集部おすすめの調査会社を紹介します。

信頼できるフォレンジック調査会社を選ぶポイント

  • 官公庁・捜査機関・大手法人の依頼実績がある
  • 緊急時のスピード対応が可能
  • セキュリティ体制が整っている
  • 法的証拠となる調査報告書を発行できる
  • データ復旧作業に対応している
  • 費用形態が明確である

上記のポイントから厳選したおすすめのフォレンジック調査会社は、デジタルデータフォレンジックです。

デジタルデータフォレンジック

 

公式サイトデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、累計3万2千件以上の豊富な相談実績を持ち、全国各地の警察・捜査機関からの相談実績も360件以上ある国内有数のフォレンジック調査サービスです。

一般的なフォレンジック調査会社と比較して対応範囲が幅広く、法人のサイバー攻撃被害調査や社内不正調査に加えて、個人のハッキング調査・パスワード解析まで受け付けています。24時間365日の相談窓口があり、最短30分で無料のWeb打合せ可能とスピーディーに対応してくれるので、緊急時でも安心です。

運営元であるデジタルデータソリューション株式会社では14年連続国内売上No.1のデータ復旧サービスも展開しており、万が一必要なデータが暗号化・削除されている場合でも、高い技術力で復元できるという強みを持っています。調査・解析・復旧技術の高さから、何度もテレビや新聞などのメディアに取り上げられている優良企業です。
相談から見積りまで無料で対応してくれるので、フォレンジック調査の依頼が初めてという方もまずは気軽に相談してみることをおすすめします。

費用 ★相談・見積り無料 まずはご相談をおすすめします
調査対象 デジタル機器全般:PC/スマートフォン/サーバ/外付けHDD/USBメモリ/SDカード/タブレット 等
サービス ●サイバーインシデント調査:
マルウェア・ランサムウェア感染調査、サイバー攻撃調査、情報漏洩調査、ハッキング調査、不正アクセス(Webサイト改ざん)調査、サポート詐欺被害調査、Emotet感染調査
●社内不正調査:
退職者の不正調査、情報持ち出し調査、横領・着服調査、労働問題調査、文書・データ改ざん調査、証拠データ復元
●その他のサービス:
パスワード解除、デジタル遺品調査、セキュリティ診断、ペネトレーションテスト(侵入テスト)、OSINT調査(ダークウェブ調査) 等
※法人・個人問わず対応可能
特長 官公庁・法人・捜査機関への協力を含む、累計23,000件以上の相談実績
✔企業で発生しうるサイバーインシデント・人的インシデントの両方に対応
✔国際標準規格ISO27001/Pマークを取得した万全なセキュリティ体制
✔警視庁からの表彰など豊富な実績
✔14年連続国内売上No.1のデータ復旧サービス(※)を保有する企業が調査
※第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(2007年~2020年)
基本情報 運営会社:デジタルデータソリューション株式会社
所在地:東京都港区六本木6丁目10-1 六本木ヒルズ森タワー15階
受付時間 24時間365日 年中無休で営業(土日・祝日も対応可)
★最短30分でWeb打合せ(無料)

>フォレンジック調査会社の一覧リストはこちら

iPhone監視の対策方法

iPhone監視の対策方法は以下のとおりです。

  • 強力なパスワードの使用
  • 二段階認証の設定
  • 定期的なソフトウェアアップデート
  • フリーWi-Fiの使用に注意

強力なパスワードの使用

iPhoneのセキュリティを強化する最も基本的な方法は、強力なパスワードを設定することです。強力なパスワードは、少なくとも12文字以上で、数字、大文字・小文字のアルファベット、特殊文字を組み合わせることが重要です。簡単に推測できる情報、例えば生年月日やペットの名前などは避けましょう。また、使用している他のサービスやデバイスとは異なるパスワードを設定することをおすすめします。

二段階認証の設定

二段階認証は、アカウントのセキュリティを格段に向上させます。これは、パスワードだけでなく、電話番号やメールアドレスに送信されるコードなど、第二の認証手段を要求するシステムです。例えば、Apple IDに二段階認証を設定することで、不正アクセスを防ぐことができます。

定期的なソフトウェアアップデート

ソフトウェアのアップデートは、セキュリティを維持するために不可欠です。アップデートすることで、新しいセキュリティ機能の追加や既知の脆弱性の修正を行うことができます。iPhoneでは、[設定] > [一般] > [ソフトウェアアップデート]に進むことで、最新のアップデートを確認し、インストールすることが可能です。また、アップデートは自動的に行われる設定にしておくと便利です。

フリーWi-Fiの使用に注意

公共のフリーWi-Fiは便利ですが、セキュリティリスクが伴います。これらのネットワークは保護されておらず、悪意のある第三者がデータを傍受する可能性があります。不正なWi-Fiネットワークに接続されないように注意し、なるべく安全なネットワークを使用することが重要です。可能であれば、VPN(仮想プライベートネットワーク)を使用して、通信を暗号化しましょう。

まとめ

今回は、スマホを監視されているか確かめる方法や対策方法などを解説しました。スマホの監視は個人のプライバシーが侵害される違法行為です。iPhoneの監視を防ぐためには、セキュリティ対策を適切に行うことが重要です。常に最新のセキュリティ情報に留意し、適切な対策を講じることで、サイバーセキュリティのリスクを減らすことができます。

SNSでもご購読できます。