【Windows10/11】「自動修復でPCを修復できませんでした」の原因と対処法を解説|サイバーセキュリティ.com

【Windows10/11】「自動修復でPCを修復できませんでした」の原因と対処法を解説

本コンテンツには広告を含み、本コンテンツを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から送客手数料を受け取ることがあります。



Windowsの画面がブルースクリーンになり「自動修復でPCを修復できませんでした」と表示されることはありませんか?

このようなトラブルが発生して作業画面に進めない場合に考えられる原因は、自動修復プログラムのエラー・Windows Updateの影響のほかに、内蔵ストレージ(HDD/SSD)の故障が原因になっているケースがあります。

HDD/SSDなどの記憶媒体に問題がある場合は、作業ができないだけでなく保存したデータが消失する可能性もあり、迅速な対処が必要です。

今回は、Wnidows10/11で「自動修復でPCを修復できませんでした」と表示される原因やデータ復旧方法を解説します。

「自動修復でPCを修復できませんでした」とは?

Wnidowsには、パソコンに何らかの不具合が発生した際に、エラーを修復するための自動修復機能があります。

例えば、Wnidows11では起動に3回失敗すると、自動でエラーの修復がなされます。

しかし、対応できないエラーが生じている場合、自動修復を繰り返したり「自動修復でPCを修復できませんでした」というメッセージが表示されたりするのです。

また、長い時間が経過しても終わらないときはHDDが故障している可能性も考えられます。

一般的に1時間以上かかっても完了しない場合は、データが消失する恐れがあるため強制終了した方が良いでしょう。

自動修復でPCを修復できない原因

自動修復でPCを修復できないときは原因のような原因が考えられます。

  • パソコン部品の誤作動
  • 自動修復プログラム自体のエラー
  • Windows Updateや新しいアプリの影響
  • HDD/SSDの故障

パソコン部品の誤作動

パソコン部品が誤作動を起こしている可能性があります。

このようなエラーは再起動することで解決することが多いですが、自動修復では対応できません。パソコンに誤作動が生じていないか確認しましょう。

部品に問題がないにもかかわらず、不具合が解消しない場合は、別の原因が考えられます。

自動修復プログラム自体のエラー

通常、Windowsが正常に立ち上がらなければ自動修復プログラムが作動します。

しかし、Windows11と自動修復プログラムに同時にエラーが発生することがあり、この場合はメンテナンスにより解決できずに異常終了してしまいます。

正常に起動するパソコンにて回復ドライブを作成し、エラーが生じているパソコンのトラブルをメンテナンスすることで、問題が解消できる可能性があります。

Windows や新しいアプリの影響

アップデートや新しいアプリの影響で「自動修復でPCを修復できない」可能性があります。

アップデートやインストールしている途中で強制的に中断されるとWindowsが正常に動作できなくなることがあるのです。

また、新しく入れたアプリが悪影響を及ぼし、ブルースクリーンが発生するケースも多いです。

HDD/SSDの故障

「自動修復でPCを修復できない」と表示される際に、最も注意が必要なのは、HDD・SSDの故障です。

これらは大変繊細な機器であり、少しの衝撃や落下、経年劣化でも不具合が発生することがあります。内部の重要な部品が破損すると、動作に異常が生じたり保存データが消失したりする恐れもあります。

HDDやSSDの故障が疑われる場合は、中に保存したデータの救出が必要です。データ復旧の方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

HDD/SSD故障時の障害の種類

HDD/SSD故障時の障害は大きく分けて2種類あります。

  • 物理障害
  • 論理障害

物理障害

物理障害とは、HDD/SSDやそれらを構成している部品が、熱劣化や経年劣化、衝撃などによって物理的に破損していることです。

経年劣化や物理的破損が原因で「自動修復でPCを修復できませんでした」と表示されることがあります。

物理障害が生じている際は下記のような症状が発生することがあるため確認してみましょう。

  • 認識しない
  • 電源ランプが点灯しない
  • 焦げ臭いような異臭がする
  • 読み書きできない
  • フォーマットを促される

物理障害は専門業者でも復旧難易度が高いと言われています。

そのため個人で復旧しようとすると最悪の場合、データが全て消えてしまう可能性も考えられるのです。
したがって、物理障害が疑われる場合はデータ専門復旧業者へ依頼することをおすすめします。

論理障害

論理障害とは、HDD/SSDのデータやシステムファイルが破損することがによって生じるデータ障害です。

データの読み込み途中に強制終了したり、誤操作によってデータが破損したりすることによって起こります。

論理障害が発生しているときは以下のような症状が生じることがあるため確認しましょう。

  • フォーマットを要求される
  • 勝手にファイル名が書き換わる
  • ファイルやフォルダが開けない

軽度の論理障害は個人で復旧できることもあるのですが、重度の場合は復旧が難しくデータが消失してしまうことがあります。

そのため安易に個人で復旧しないよう注意しましょう。

自動修復でPCを修復できないときの対処法

自動修復でPCを修復できないときの対処法は以下のとおりです。

  • セーフモードを起動する
  • システム復元を実行する
  • アプリをアンインストールする
  • Windowsのバージョンを元に戻す
  • データ専門復旧業者に依頼する

セーフモードを起動する

セーフモードとは、必要最低限のシステム環境を確保できる回路・OS部分を用いて起動できるモードのことです。

パソコンが正常に起動しない場合でも、起動することができるため緊急時やパソコントラブルの原因を特定するのにも利用されます。

セーフモードを起動する手順は以下のとおりです。

  1. 右下にある「電源」ボタンをクリックの上、 [Shift]キーを押しながら「再起動」をクリックする
  2. 再起動後「オプションの選択」画面より、「トラブルシューティング」を選択する
  3. 「トラブルシューティング」画面より、「詳細オプション」を選択する
  4. 「詳細オプション」画面より、「スタートアップ設定」を選択する
  5. 「スタートアップ設定画面より、「再起動」を選択する
  6. 再起動後表示される「スタートアップ設定」画面より、[4]のキー、もしくは[F4]のキーを選択する
  7. .Windowsのロゴが表示されたらしばらく待つ
  8. 背景が黒く四隅に「セーフモード」と表示された状態で起動する
  9. 以上で操作は完了です。

システム復元を実行する

システムの復元とは、パソコンの設定情報を過去のある時点に戻すことです。

Windowsでは、パソコンを操作するために重要なパソコンの設定情報について、バックアップを取っている場合は過去の設定情報を呼び出すことができます。

システム復元を実行する方法は以下のとおりです。

  1. 起動しているアプリケーションをすぺて終了する
  2. 「スタート」ボタンをクリックし、すべてのアプリの一覧から「Windows システムツール」→「コントロールパネル」の順にクリックする
  3. 「コントロールパネル」が表示されたら「システムとセキュリティ」をクリックする
  4. 「セキュリティとメンテナンス」をクリックする
  5. 「セキュリティとメンテナンス」が表示されたら「回復」をクリックする
  6. 「システムの復元を開く」をクリックすると「システム復元」が起動する
  7. 「推奨される復元」や「システムの復元の取り消し」と表示された場合は「別の復元ポイントを選択する」をクリックして、「次へ」ボタンをクリックする
  8. 「推奨される復元」や「システムの復元の取り消し」などの選択項目が表示されない場合はそのまま「次へ」ボタンをクリックする
  9. システム復元が実行されます

システム復元を実行することで、Windows が正常に作動していたときにバックアップしておいた設定情報に戻すことができます。

ただし、システムの復元を実行することで、外付けSSD内の情報の整合性に問題が発生し、システムが不安定になる可能性があるため注意しましょう。

アプリをアンインストールする

新たにインストールしたアプリが不具合を発生させる要因である可能性があります。

そのため、原因だと疑われるアプリはアンインストールしましょう。

Windowsのバージョンを元に戻す

Windowsのバージョンを元に戻すことで問題が解消することがあります。

以下の手順でWindowsのバージョンを元に戻しましょう。

  1. 自動修復でPCを修復できませんでした」の画面にある「詳細オプション」を選択する
  2. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「以前のビルドに戻す」をクリックする

データ専門復旧業者に依頼する

セーフモードやシステム復元などを実行しても問題が解消しない場合は、専門業者に頼ることをおすすめします。

自動修復でPCを修復できないときはHDD/SSDに論理障害や物理障害など重大な障害が発生している可能性が高いです。自力での復旧は非常に難しく、損傷が拡大する恐れがあります。

そのため、確実にデータを取り戻したい場合は、業績があり信頼できるデータ専門復旧業者に相談しましょう。

データ復旧の専門業者のなかでも、業者によって技術力には差があります。依頼する際は、復旧率の高いデータ復旧業者に相談しましょう。データ復旧業者の選び方はこちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめ業者:デジタルデータリカバリー



公式HPデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積41万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 外付けHDD、パソコン(ノート/デスクトップ)、RAID機器(NAS/サーバー)、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 14年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積41万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回は、Wnidows10/11に「自動修復でPCを修復できませんでした」と表示される原因やデータ復旧方法を解説しました。

このようなメッセージが表示される際は、データを保存しているHDD/SSDなどに不具合が発生している可能性があります。

むやみに自力で復旧しようとすると、データが破損する恐れもあるため注意しましょう。

データの復旧率を少しでも上げるためには、なるべく早く対処することが大切です。

SNSでもご購読できます。