サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「ウィルスが検出されました」は本物?警告時の適切な対処と注意点を解説

ウイルスが検知されました

SafariやGoogleChromeなどのブラウザ利用中に、「ウイルスを検出されました」と警告文が表示された経験はありませんか?

見に覚えのない突然のウイルス検知の警告に焦ってしまい「ウイルスを今すぐ削除」などのポップアップをクリックしてしまう方が多くいらっしゃいますが、警告が偽物(フェイクアラート)の可能性も考えられます。

今回は「ウイルスが検出されました」と表示された場合の適切な対処法、本物か偽物かの見分け方について解説します。万が一ウイルス検知の警告が表示されても慌ててクリックせず、今回の解説を参考にしましょう。

「ウィルスが検出されました」警告文の真偽とは

突然のウイルス検出警告に焦ってしまううかと思いますが、警告文の実態について知ることが大切です。

 偽物(フェイクアラート)の可能性も

ネットで調べものをしている際に突然表示される「ウイルスが検出されました」などの警告は偽物(フェイクアラート)の可能性が高いです。

フェイクアラートはアプリをインストールさせることで広告報酬を得ることを目的としたアフィリエイト広告や偽サイトや不正なアプリから、利用者の個人情報を盗み取ることを目的とした悪質な警告も存在します。iPhoneの場合はAppstore、Androidの場合はGoogleplayに誘導しウイルス除去アプリなどをダウンロードを促す警告は基本的に偽物(フェイクアラート)です

さらにはウイルスの検出警告だけでなく、見に覚えのない高額請求が行われるフェイクアラートも多く確認されているので注意しましょう。

 偽物と本物を見極める方法

本物との見極めが難しく思えるウイルス検知の警告ですが本物にはない特徴をつかむことで見分けることが可能です。

①時間制限が設けられている
②ウイルス対策ソフト未導入にもかかわらず表示される
③個人情報入力を求められる
④URLが正しくない
⑤ブラウザ上でウイルス警告等が出る

上記5つのうち1つでも当てはまる警告が表示されている場合は偽物(フェイクアラート)である可能性が高いです。

偽物(フェイクアラート)の例

【注意】

一部のブラウザに警告機能が搭載されており、SSL化されていないサイト遷移しようとすると本物の警告が表示されることがあります。

※上記はGoogleChromeで悪質なサイトに訪問しようとした際に表示される本物の警告です。

 偽の警告文が表示されたときの対処法

フェイクアラートが表示された場合は、ウイルス感染やフィッシングサイトに誘導される可能性があるため警告画面はクリックせずにブラウザから閉じましょう。カウントダウンや表示の点滅なので不安を煽ってきますが、落ち着いて閉じることが大切です。またアプリのインストールやフィッシングサイトに誘導される可能性があるため、警告画面の「×」をクリックせずに必ずブラウザごと閉じるようにしましょう。

また、PCで表示された場合は、タスクバータスクマネージャーからブラウザを終了させましょう。

タスクバーからブラウザを終了させる方法

①画面の下に表示されているタスクバーから、使用ブラウザを右クリック
②表示されたメニューから「ウィンドウを閉じる」を選択。

タスクマネージャーからブラウザを終了させる法方法

①「Ctrl + Alt + Delete」を同時に押しタスクマネージャーを起動させ使用ブラウザを右クリック
②表示されたメニューから「タスクの終了(E)」を選択

【注意】間違えてアクセス・インストールしてしまった場合

偽物の警告だと気づかずに、警告文に従いウイルス除去などを謳ったアプリなどをインストールしてしまった場合は直ちに削除しましょう。

AppstoreやGoogleplayの審査も厳しくなり不正なアプリは少なくなりましたが、気がつかないうちに高額課金がされていたり、個人情報が抜き取られてしまうフィッシング詐欺の危険性は依然として存在しています。またアプリを起動して不正なものと気づいた場合は、機内モードなどでインターネットの切断することで被害を最小限に抑えることが可能です。

閉じてもアラートが消えない場合は?

フェイクアラートの中には、ブラウザを閉じてもすぐに別の警告が表示される悪質なものが存在します。何度ブラウザを閉じても消えない場合は、アプリ自体を強制終了すれば表示されなくなります。

万が一強制終了してもまだ表示される場合は、インターネットの閲覧履歴の削除を試みましょう。

ウイルス感染の疑いがある症状

本物の警告が表示されウイルス感染している可能性やフェイクアラートによって感染してしまうことも考えられるので、ご自身の機器に下記の症状がないか確認しましょう。

スマホやPCが勝手に動作する

ウイルスに感染することで未操作にもかかわらず突然アプリが開いてしまったり、見知らぬ番号に電話をかけられてしまうなど勝手に動作することがあります。

特に、ウイルス検知の警告後に身に覚えのないメールが送信されていたり、ブルースクリーンやフリーズが頻発するようになった場合は、ウイルスの調査・駆除も視野に入れておきましょう。

通信料の増加や動作が重たい

突然通信料が増加していたり機器の動作が重たくなった場合、ウイルス感染の可能性が考えられます。

ウィルス感染元のアプリ等はユーザーが気づかないうちに起動しCPUに負荷をかけ、外部との通信が行われ、特にネット閲覧やアプリ起動をしていないにもかかわらず、症状が見られる際は特に注意が必要です。

覚えのないログインの通知

ウイルス感染によりアカウント情報が漏洩してしまいうことで、覚えのないログイン通知が検出されることがあります。

利用しているネットバンク・ECサイト、または社内ネットワーク不正アクセスされて機密情報や顧客情報が外部に流出してしまったりメールアカウントを盗まれ、勝手に「迷惑メール」「スパムメール」の送信元にされる可能性も考えられるため早急な対応が求められます。

ウイルス感染疑いがあるときの対処法

ネットワークの切断

ウイルスに感染した疑いがあるのであれば、まずスマホ・PCをネットワークから切断しましょう

ウイルスなどのマルウェアなどに感染すると、ネットワーク経由し外部のサーバーにデータが送信され、情報漏えいする恐れがあります。Wi-Fi経由でネットワークに接続しているのであればそのWi-Fiを切断し、スマートフォンの場合はモバイルデータ通信遮断するために、機内モードにすることをおすすめいたします。

専門の調査会社に相談

ご自身での対処が難しい場合やウイルスに感染しているか判断できない場合はイルス(マルウェア)感染調査を行っている専門業者への相談をおすすめします。

専門業者では、ウイルス感染の有無の特定をはじめやネットワークを解析することで、「感染経路」や「情報漏えいが発生していないか」の調査が可能です。

おすすめのウイルス(マルウェア)感染調査会社

無料相談を実施しているおすすめの調査専門業者として「デジタルデータフォレンジック」を紹介します。

デジタルデータフォレンジック


公式HPデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、個人はもちろん、大手企業や警察からの依頼も多数解決しているため、実績・経験は申し分ないフォレンジック調査対応業者です。フォレンジック調査に対応している業者では珍しく個人のハッキング調査にも対応している特長があります。さらに、「Pマーク」「ISO27001」を取得しているため、セキュリティ面でも信頼がおけます。

相談から見積もりまで無料で行っているので、フォレンジック調査を検討している際は、まずは実績のあるデジタルデータフォレンジックに相談すると良いでしょう。

費用 ■相談から見積もりまで無料
※機器の種類・台数・状態によって変動
調査対応機器 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカードなど
調査実施事例 警察からの捜査依頼(感謝状受領)、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ復元、マルウェア・ランサムウェア感染調査など
特長 大手企業や警察を含む累計14,233件の相談実績
個人での調査依頼にも対応
■「Pマーク」「ISO27001」取得済のセキュリティ

デジタルデータフォレンジックのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

「ウイルスを検出しました」などと警告が出てきた際は落ち着いて本物の警告であるのか、偽物の警告(フェイクアラート)であるのかの見極めが重要です。

万が一ウイルスの疑いがある場合は、被害が自分だけでなく他人にまで迷惑をかけてしまう可能性もあるため、ネットワークから切断し専門の業者への相談をおすすめいたします。

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。