サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」の原因と打開策



Windows10を初期化する際に「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」というエラーが出てしまい、初期化に失敗してしまうことがあります。

これは初期化の際に起こるエラーで、このエラーが発生すると初期化が失敗し、PCが正常に起動しなくなってしまう可能性もありますこのようなエラーが表示された場合、どのように対処すればよいのでしょうか

この記事では、「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示が出た場合の原因と対処法について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示される原因

PCにブルースクリーンが表示され「このPCを初期状態に戻す PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました。変更は行われませんでした。」というメッセージが出る原因は、以下のものが考えられます。

  • PC本体の空き容量が不足している
  • PC内の初期化・起動データが破損している
  • 周辺機器による影響

PC本体の空き容量が不足している

PC本体の空き容量が不足していた場合、初期化に失敗して「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」というメッセージが表示される場合があります。

Windows10を初期状態に戻すには、最低でも32bit版で16GB64bit版で20GBの空き容量が必要です。そのため、初期化を行う際は、あらかじめ十分な空き容量があることを確認してから、初期化を行ってください。

空き容量がなかった場合は、一時的にデータを外付けHDDに移したり、不要なファイルやアプリのクリーンアップを行って容量を確保してから初期化を試してみましょう。

理由の如何に関わらず、初期化が途中で中止・失敗してしまうとPCに大きな負担がかかってしまいます。初期化を行う際は、必ず空き容量に余裕があるか確認してください。

PC内の初期化・起動データが破損している

PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示されて初期化ができない原因として、初期化・起動に必要なデータ領域が破損している場合があります。

初期化・起動に必要なデータ領域が破損している場合、対応しているデータ復元ソフトで解決する場合があります。しかし、ソフトには対応していない障害であった場合、状態の悪化や必要以上のデータ紛失を招きかねません。ソフトの使用を行う際は、必要なデータの重要度に応じて、慎重に行いましょう。

ソフトが対応している障害かどうかの判断が難しい場合は、データ復旧専門業者への相談を検討しましょう。

周辺機器による影響

周辺機器を接続したまま初期化を実行すると「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示されることがあります。プリンターやUSB、Bluetoothマウスなどの周辺機器の接続していると、初期化の実行段階でデバイスドライバーに関連する問題が発生し、初期化が失敗する場合があります。

ノートパソコンの場合は、すべての周辺機器を外してから初期化を試してみてください。デスクトップPCの場合はマウスとキーボード以外の接続を外してから初期化を試してみましょう。

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示された場合の注意点

PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示された場合には、以下の点に注意しましょう。

操作・通電を避ける

PCの障害大きく2つに分けられ、どちらの障害であっても、操作・通電をすることで状態の悪化に繋がることは、ほぼ間違いありません。

1つは「物理障害」と呼ばれる、落下や経年劣化によって機器自体が破損することで、データを読み込むことができなくなってしまう障害です。この状態でPCの通電を続けると、故障した部品で正常な部分を傷つけてしまう可能性があり、状態の悪化が起こる可能性があります。

もう1つは「論理障害」と呼ばれる、フォーマットやデータの誤削除が原因で、機器に保存されているデータが破損しているため、データを読み込めなくなってしまう障害です。この状態での操作や通電は、必要なデータへの上書きなどが発生し、復旧難易度が上がってしまう可能性があります。

以下に紹介する対処法の中には、操作・通電を伴う対処法もあるため、取り出したいデータの重要度に応じて、適切な方法を選定しましょう。

「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示された場合の対処法

PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示された場合は以下の方法で解決できることがあります。

  • コマンドプロンプトを使用する
  • Windows10を再インストールする
  • データ/システム復元ソフトを使用する
  • 専門業者に相談する

コマンドプロンプトを使用する

コマンドプロンプトを使用した対象方法は以下の通りです。

  1. スタート」ボタンを右クリックし「ファイル名を指定して実行」をクリックします。「cmd」と入力して、「OK」をクリックする。
  2. sfc /scannow」と入力し、Enterキーを押すと、ファイルシステムのチェックが実行される。
  3. チェックが終了したら、「exit」と入力してコマンドプロンプトを終了する。
  4. 再起動して、再度PCの初期化を試みる。

コマンドプロンプトを使用した対処方法には、2つの大きなリスクがあるため注意しましょう。

1つは、この方法はファイルシステム自体をスキャン・変更する方法であるため、PCにかかる負担がかなり大きいということです。そのため、PC自体に障害がある「物理障害」の場合は症状が悪化してしまう可能性があります。また、再起動を何度も繰り返す行為も、PCにかかる負担が大きいため注意しましょう。

2つ目は、ファイルシステムの変更を行うと、保存されていたデータにアクセスできなくなってしまうということです。この方法を試みる際は、必ずバックアップがあることを確認してから行いましょう。

Windows10を再インストールする

Windows10のOSやシステム自体に障害が発生している場合(論理障害)には、Windows10の再インストールをすることで対応できる場合があります。

この方法は、正常な状態のWindows10を現在のWindows10に上書きする方法です。そのため、Windows10に起きた不具合を解決し、PCを使える状態にすることはできますが、保存されていたデータはすべて消えてしまいます。この方法を行う際は、必ずバックアップがあることを確認してから行ってください。

また、この方法は「論理障害」のみが起きているPCに対応している方法です。「物理障害」が発生しているPCにこの方法を試しても、対処できないだけでなく状態の悪化を招くため注意してください。

自身のPCに起きている障害の判断が難しい場合は、データ復旧に対応している専門業者への相談を検討してください。

データ/システム復元ソフトを使用する

障害を起こしている原因が、データ/システム復元ソフトに対応している場合は、ソフトを使うことでデータの取り出しを行うことができる可能性があります。

しかし、ソフトを使用することで、インストールやソフトの誤った使用方法による上書きなどが起き、その結果、状態の悪化だけでなくデータを完全に失ってしまう場合があります。

ソフトの使用には、リテラシーが必要なうえに、ソフトが対応していない障害であった場合にデータを失うというリスクがあります。自身のデータの重要度に応じて、ソフトの使用を判断しましょう。

専門業者に相談する

これまでに紹介した方法で復旧できなかった場合やPC内部のデータを取り出したい場合、データ復旧に対応している専門業者に相談しましょう。

専門業者には2種類あるため、自身の目的に適した専門業者への相談を検討してください。

  • 機器修理専門業者(PCの動作が目的)
  • データ復旧専門業者(データの取り出しが目的)

機器修理専門業者

機器修理専門業者では、初期化に失敗していることで使用できないPCを、通常に使用できる状態に修理・交換します。そのため「PCの動作」が目的の場合は機器修理専門業者へ相談してください。

しかし、データの復旧は目的ではないため、多くの場合、本体に保存されていたデータは失われてしまいます。少しでも必要なデータがある場合は、次に紹介する「データ復旧専門業者」への相談も検討してください。

データ復旧専門業者

データ復旧専門業者では、データにアクセスすることができないPCからデータを取り出すことができます。そのため「データの取り出し」が目的の場合はデータ復旧専門業者へ相談しましょう。

しかし、機器の動作は目的ではないため、使用できない状態のPCが使えるようになって戻ってくるわけではありません。データ復旧専門業者の中には、無料で相談から見積もりを行っている業者も存在するので、まずは相談してみてください。

おすすめのデータ復旧専門業者

データ復旧専門業者に相談するのなら、データを取り出せないと意味がありません。そこで、データの取り出しに対応している「復旧率の高い」専門業者を選定しました。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回は、PCに「PCを初期状態に戻すときに問題が発生しました」と表示された場合の原因や対処法について紹介しました。PCに不具合が発生している場合は、原因を特定し、その原因にあった対処法を行うことが重要です。

自身の取り出したいデータの重要度に応じて対処法を検討しましょう。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。