サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ドライブレコーダー(ドラレコ)の消えたデータを復元する方法

  • LINEで送る


交通事故の瞬間を客観的に把握できる、ドライブレコーダー(以下、ドラレコ)は、あおり運転への社会的関心が追い風となり、近年需要が急増しています。また低価格化と高性能化も相まって、自家用車へのドラレコ搭載率は半数に近づいているほか、国交省は2022年までに新型車へのドラレコ設置義務化を目指しています。

しかし、事件事故が発生した時のデータが正しく記録・保存されていないと、場合によっては自身が被害者であるにもかかわらず、相手側の理不尽な主張により不利な状況に陥ってしまう可能性も十分考えられます。

この記事ではドラレコのデータを適切な方法で復元する方法や注意点などを解説します。

ドラレコの役割とデータ復元のメリット

ドラレコの主要な役割は大きく分けて以下の4つです。

  1. 車上荒らし(盗難)の抑止効果
  2. 当て逃げした加害者車両の特定
  3. 交通事故における相手側の過失証明
  4. および警察・裁判所・保険会社に提出する重要証拠

特に交通事故の状況調査では、当事者同士が感情的になったり、証言が食い違ったりすることは珍しくなく、その際、保険会社や裁判所から提示される“過失割合”が被害者の意に沿わない内容になることがあります。

一方で、ドラレコの映像が参照できれば、事故発生時の状況が一目瞭然であり、場合によっては相手側の過失割合を10対0で認めさせ、しかるべき額面の保険金を業者に請求することができます。

しかし、大変残念なことにドラレコのデータは非常に不安定であり、いつ消失してもおかしくはありません。次の項ではドラレコにおけるデータ障害の原因や種類について解説していきます。

ドラレコのデータが確認できない原因

ドラレコのデータが確認できない原因としては、主に以下3つの原因が考えられます。

ディスプレイなど筐体の破損

ドラレコ上のディスプレイでSDカードが認識されなくても、別の機器で正常に認識するのであれば、筐体側の問題が疑われます。まずはパソコンなど他の機器でも正常に認識できるかを確認しましょう。

物理障害

これはドラレコに装着されているSDカードが物理的に破損している障害です。

1.熱暴走

ドラレコは直射日光にも夏場の高温にも耐えられるような、頑丈な作りになっています。しかし、ノーブランド品だったり、もしくは中古品・廉価品の場合は、通常の製品と比較すると保護機能が一段と弱い傾向があり、それだけにデータ消失のリスクも高まってしまいます。

また大手メーカーの製品であっても、想定以上の炎天下に聞きがさらされ続けると、故障してしまうことは十分に考えられます。メンテナンス時は車内環境にも十分気を付けておきましょう。

2.経年劣化

ドラレコのSDカードは記録と消去を運転中もずっと繰り返しているため、消耗・劣化のスピードが非常に早く、年1回の交換が推奨されています。

もし数年間メンテナンスせず実際に事故に遭遇し、ドラレコを確認したとしても、すでにSDカードが故障していて何も保存されていないということも十分あり得る話です。SDカードの定期的なメンテナンスは欠かさないようにしましょう。

論理障害

これはドラレコに装着されているSDカードが論理的(データ的)に破損している障害です。

1.データ上書き

ドラレコで撮影した映像はSDカードに記録されます。しかしSDカードは、すぐに容量を圧迫してしまうため、データは次から次へと上書きされる仕組みとなっています。

たとえば3時間がフル容量のSDカードの場合、事故発生後、ドラレコにSDカードを挿入した状態で、たった3時間ほど乗り続けるだけで、データは完全に上書きされてしまい、事故を収めた映像にアクセスすることは不可能になってしまいます。

事故後はドラレコの取り扱いには気をつけましょう。

2.誤フォーマット

ドラレコに搭載されているSDカードは、パソコンで通常使用されるようなSDカードとは規格が異なることがあり、その場合、パソコンはSDカードを正常に認識することは出来ず、「今すぐフォーマットしますか」と表示することがあります(フォーマットするとデータは失われてしまいます)。

もっとも、フォーマット後のデータは通常アクセスが出来ないだけで、理論的にはデータが残っていますが、その後も操作や通電を行うと、残存データは完全に上書きされてしまい、跡形もなく消失してしまいます。

データ消失時の注意点

ドライブレコーダーに所定のデータがない場合、以下の注意点に気を付けてください。

通電を避ける

ドラレコは通電中、データの上書きと録画を繰り返しています。そのため事故後そのまま使い続けると、当該データが消失してしまいます。ドラレコのデータが必要な際は、さらなる上書きを防ぐために通電は控えてください。

データ復元ソフトの使用は控える

データ復元ソフトは、削除されたデータを復元するソフトウェアです。軽度論理障害に対応可能なほか、取り出したいデータを確認しながら、自ら復元作業を行うことができるというメリットもあります。

ただし、復元ソフトは、物理障害にいっさい対応できません。またドライブレコーダーに採用されているmicroSDカードは、データ復元の難易度が非常に高く、ソフトを使用すると状態が悪化し、データが上書きされてしまう恐れもあります。

データ復元ソフトの危険性については、以下のページで詳しく解説しています。

ドライブレコーダーのデータ復元方法

個人で対応する

ドラレコからデータ復元する方法として、先に述べた通り復元ソフトを利用する方法があります。復元ソフトは無料のものから有料のものまで数多く販売されており、業者と比較すると費用を抑えることができます。

しかし、復元率は業者と比べるとかなり低く、機器の状態悪化やデータ破損に繋がる恐れがあります。もし機器に大切なデータが保存されている場合は、データ復旧の専門サービスの利用を検討することをおすすめします。

専門業者に相談する

ドラレコに保存しているデータが必要な場合、データ復旧業者に相談しましょう。専門業者では正常に動かなくなったドラレコからでもデータを取り戻すことができます。

なお、修理業者やメーカの中には、データ復旧サービスを行っていることがありますが、メモリ復旧に対応しているところは殆どありません。安全・確実にデータを復旧したい際には、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

データ復旧専門業者の詳細については下記の記事でも詳しく紹介しています。

おすすめのデータ復元業者

データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

デジタルデータリカバリー


サイトデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、多くの業者が復旧不可能であるmicroSDカードの復旧事例が多く、そのうえ復旧スピードが非常に速いことなども大きな魅力です。診断から見積りまでは無料で行えるため、データを取り出せるか不安な方は、まずはデータ復旧業界最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

ドラレコの映像は交通事故による紛争解決などで非常に効力を発揮しますが、通常機器と比べてデータが不安定で失われやすいという側面があります。しかし、このことはあまり知られているわけではありません。

せっかく設置したドラレコが無意味なものにならないよう、データの管理には細心の注意を払っておきましょう。もしデータが損なわれた際は、技術力のあるデータ復元業者などに、まずは相談してみることをおすすめします。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。