サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ファイルシステムがRAWになったHDDの復旧・修復方法

  • LINEで送る
HDD RAW

ファイルシステムがRAWと表示されている、「フォーマットしますか?」などのエラーメッセージが表示されデータにアクセスできない…このようなトラブルが発生してしまったHDDの復旧方法を解説していきます。原因によってはご自身で対処が可能な場合もあります。また、データを消失させないために注意すべき点についてもご紹介します。

HDDのファイルシステムがRAWと表示される状態

HDDがRAWになっている状態とは、「HDDがフォーマットされていない」ことを意味します。未フォーマットのドライブは使用することができません。HDDのファイルシステムが下の画像のようにRAWと表示される(RAWディスクとも呼ぶ)状態になってしまうのは、対象のドライブに何らかのトラブルが発生しており、ファイルシステムがパソコンに認識されないためです。

ファイルシステムがRAWになっているか否かは、Windows内蔵ツール「ディスクの管理」で確認することができます。

 

また、ファイルシステムがRAWになるとHDDが認識されていないことで以下のような分かりやすいエラーが発生します。

  • 「フォーマットしますか?」と表示される
  • 「Invalid media type reading drive.Abort, Retry, Fail?」と表示される
  • 「セクターは見つかりません」と表示される
  • ファイル名やフォルダー名が文字化けしている

2HDDのファイルシステムがRAWと表示される原因

ファイルシステムがRAWになってしまう原因はシステムのエラーからHDD内部の部品の故障まで様々なものが考えられます。これらの原因は大きく「論理障害」と「物理障害」に分けることができます。ケーブルやHDDの接続・PC筐体の問題がない場合は以下のHDD障害が発生している可能性が高いです。

論理障害

論理障害とは、HDDのシステムに問題が生じていることを指します。具体的には、データを管理するファイルシステムというシステムが破損しているというものが、論理障害の一例として存在します。論理障害は、HDDを不適切に取り出したり、PCを不適切にシャットダウンさせたりしてしまうと、起こりやすくなります。

物理障害

物理障害とは、HDDそのものが物理的に故障していることを指します。具体的には、衝撃や環境要因によってデータを読み書きする内部の部品に傷がついてしまうことや、経年劣化などがあります。物理障害は論理障害と比べ、異音がするなど異常が顕著なため、ユーザーが気付きやすい障害と言えます。

3HDDのファイルシステムがRAWと表示された場合の注意点

対処に移る前に、注意すべき点を2つ紹介します。

大切なデータが保存されている場合はフォーマットしないこと

対象のHDDに大切なデータが保存されている場合、フォーマットは絶対にしないでください。「フォーマットしますか?」という表示が出ていたり、これからご紹介する復旧方法の一つとしてフォーマットを実行する方法がありますが、大切なデータが保存されているHDDをフォーマットしてしまうと、データが全て削除されてしまいます。

物理障害が生じている・疑いがあるHDDはそれ以上操作を加えないこと

物理障害が生じている、もしくはその可能性があるHDDのファイルシステムがRAWになってしまった場合には、直ちに使用をやめ、それ以上の操作は加えないでください。通電をやめ、再接続を繰り返す行為も控えましょう。物理障害が起きているHDDを作動させると、データを読み書きしている内部の部品が誤作動を起こして傷がついたり、データが勝手に上書きされてしまうリスクが高くなります。そうなった場合、復旧の難易度が高くなってしまいますので注意しましょう。

4HDDのファイルシステムがRAWと表示された場合の復旧方法

RAWになってしまったファイルシステムを復旧する方法を主に3つご紹介します。復旧の際には、原因を見極めた上で対処するようにしてください。原因が不明確なまま復旧しようとすると、対処策として行ったことが帰って状態を悪化させてしまう場合があります。

論理障害が発生している場合の復旧方法

1 復元ソフトを使用する

復元ソフトを使用することで、比較的低コストで自身で対処することが可能です。

ファイルシステムがRAWになっている場合、多くの場合は「ブートセクタ」または「ファイルシステム」を復元ソフトを用いて修正することによって解決できます。

ブートセクタの修正:ブートセクタというデータが保存されている場所を、ご使用のパソコンが認識できないと、ファイルシステムがRAWと表示されてしまいます。ブートセクタに問題がある場合、ブートセクタを修正することによってパソコンがデータを認識できるようになります。

ファイルシステムの修正:ブートセクタに限らず、ファイルシステムというデータの保存場所・形式・編集などの情報を管理する仕組みが破損していることにより、ファイルシステムがRAWと表示されている可能性も考えられます。この場合、破損したファイルを修正することによって、データに通常通りアクセスできるようになります。

ソフトを使用する場合には、ソフトによって復旧可能な範囲が異なる場合もある点に注意しましょう。(例:ブートセクタの修正はできるが、その他ファイルシステムの全体的な修正はできない復元ソフトなど)

また、一定レベルの知識が必要であったり、操作を誤ってデータを失ってしまうリスクもある点に十分に気をつけましょう。

2 フォーマットを実行する

対象のHDDに大切なデータが入っているわけではない場合、もしくはHDDが未使用である場合には、フォーマットを実行しましょう。フォーマットを実行すると、対象のHDDが初期化されることになりますので、RAWになってしまったファイルシステムも、通常通りデータを新たに読み書きできる状態に戻るはずです。

3 データ復旧業者に依頼する

上記の方法でも復旧できない、または大切なデータが保存されておりご自身での復旧によるリスクを避けたい場合には、データ復旧業者への依頼が安全策です。原因を突き止められず、対処に移れないという場合でも、データ復旧業者へは無料で相談・診断ができます。

物理障害が発生している場合の復旧方法

物理障害が発生している場合、残念ながらご自身での復旧作業は不可能です。

物理障害が発生しているHDDの普及にはHDDを分解して部品の交換をしたり、修理をする必要があります。部品の交換や修復作業には、専用の工具や部品、そして高度な専門知識が必要になります。

対象のHDDに大切なデータが入っている場合には、データ復旧専門業者への依頼がおすすめです。メーカーへの依頼では、物理的な修理や交換は可能でも、データを取り戻すことはできません。データ復旧業者では、データを取り出し、HDDの物理的な修理が可能です。

5おすすめのデータ復旧業者

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

6まとめ

今回は、ファイルシステムがRAWになってしまったHDDの復旧方法について、起こり得る症状や原因、注意点や対処法についてご紹介しました。対処に移る前に原因を突き止め、余計な操作を加えてしまったことによる状態の悪化を防ぐようにしましょう。また、物理障害が発生している・疑いがある場合には、直ちに使用をやめ、専門業者に依頼するようにしましょう。専門業者への依頼の際や、ご自身での復旧作業の際には、HDD内に大切なデータが入っているか否かを軸に対処法を選択するようにしましょう。データ復旧専門業者では、データの復旧とHDDの物理的な修理のどちらも行なっており、無料で相談・診断をすることもできますので、ご自身で対処できずにお困りの際には気軽に相談してみると良いでしょう。

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。