サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【Thunderbird】削除したメールの復旧・復元方法

  • LINEで送る


この記事では、Thunderbird(サンダーバード)ユーザーが削除してしまった・消失してしまったメールを元に戻す方法を紹介しています。

大切なメールをゴミ箱からも削除してしまったという場合でも、メールのデータを復元できる可能性は残っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1Thunderbirdでメールを削除してしまった時の復元方法

Thunderbirdで管理しているメールを削除してしまったり消失してしまった場合でも、次にご紹介する復元方法に順って、正しい手順を踏むことでメールを復元できる可能性はあります。早速、メールの復元方法をご紹介していきます。

アーカイブされているメールを復元する方法

「受信フォルダにメールが見当たらない」という場合でも、アーカイブに入っている可能性があります。

アーカイブされたメールがフォルダ一覧の「アーカイブ」フォルダ内に入っていないか確認しましょう。

「アーカイブ」フォルダ内にも見当たらない場合には、子フォルダ内に入っている場合があります。「アーカイブ」フォルダ横の三角印をクリックすると、子フォルダが出てきますので、確認してみてください。

削除済みのメールを復元する方法

「アーカイブ」にも子フォルダにもメールが見当たらない場合、お探しのメールが誤操作や何らかの原因で削除されてしまった可能性が高いです。

この場合でも、以下の手順に従って操作することでメールを取り戻すことができます。

⑴Windowsエクスプローラを開き、ツールメニュー内「フォルダ設定」で「ビュー」をクリックする

⑵「隠されたファイル・フォルダ・ドライブを表示」にチェックを入れる

⑶「C:/Users/(ご自身のユーザー名)/AppData/Roaming/Thunderbird/Profiles/(ご自身のプロファイル)/(ご自身のThunderbirdアカウント)」の順でフォルダを開く

⑷任意のテキスト編集ツールで「Inbox」を開く→ドキュメント検索でお探しのメールを見つける

⑸番号表示を変更し、ドキュメントを改めて作成・保存する

⑹Thunderbirdを再起動する

削除されたメールが再び未読メールとして受信箱に表示されていることを確認できるはずです。

復元ツールで復元する方法

上記の方法で復元できない場合でも、復元ツールを使用することでThunderbirdから消えてしまったメールを取り戻すことができます。

使用するのは、Thunderbirdメールの復元に対応した専門ソフトです。

ただし、メールを削除して数か月など長い時間が経過してしまっている場合は、データが上書きされて復元できない場合もあります。いちど、体験版をスキャンして復元したいメールが表示されるかを確認してから使用する方が良いでしょう。

2Thunderbirdでメールを削除してしまった時の注意点

メールを削除してしまった場合でも、メールが本当に消えてしまったのかを確認するようにしましょう。

・アーカイブに残されていないか

・「削除済みアイテム」のフォルダーに入っていないか

以上を確認してもメールが見当たらない、復元方法を試してみてもメールを復元できないという場合には、他に問題が発生している可能性があります。

他の問題が発生している場合、ご自身でこれ以上操作を加えてしまうと、ご使用の危機に重大なダメージを与えたり、データが上書き・削除されてしまい、二次災害を引き起こすなど、さらに状況を悪化させてしまうリスクがあります。

このような状況を避けたい、確実にメールのデータを取り戻したいという場合には、データ復旧の専門業者に相談することをお勧めします。

データ復旧の専門業者では、無料で相談・診断をすることができます。大切なメールを復元したい、メールが消えてしまった原因を突き止め復旧したい、という方は気軽に問い合わせてみると良いでしょう。

3おすすめのデータ復旧サービス

消えてしまったメールのデータやパソコン内部のデータ復旧に対応している専門業者といっても、探し出して選定するのは難しいでしょう。

そこで、消えてしまったメールや機器の復元まで、データ復旧全般に対応している業者の中からデータ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめの専門業者をご紹介します。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

4まとめ

Thunderbirdでメールを削除してしまった場合のメールの復元方法について解説しました。メールを削除してしまっても、まずは落ち着いてメールが完全に消えてしまったのかを確認するようにしましょう。この記事でご紹介した手段をとってもメールを復元できなければ、他のトラブルが発生している可能性もあります。確実に復元したいメールがある、または他に何らかのトラブルが生じているかもしれないという場合には、気軽に専門業者の無料診断・相談を利用してみましょう。



  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


メルマガ登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。