サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ThinkSystem(シンクシステム)にアクセスできない!その原因と復旧方法について徹底解説

  • LINEで送る

Lenovo(レノボ)が販売するサーバー製品「ThinkSystem(シンクシステム)」は、機能性や汎用性の高さから世界的にも人気の高いサーバーです。そのため多くの企業で利用されています。しかしそのThinkSystemが突然不具合を起こし、起動しなかったりアクセスできなくなってしまう場合があります。

本記事では、ThinkSystem(シンクシステム)の故障原因、その復旧方法について解説します。

【機種参考】

  • タワー型:ST550,ST50,ST250
  • ラック型:SR850,SR950,SR630,SR650,SR570,SR590,SR530,SR550,SR250,SR635,SR655
  • ブレード型:SN850,SN550,SD650,SD530,SE350

ThinkSystem(シンクシステム)が認識しない原因

ThinkSystemが認識しない原因には以下のようなものがあります。

筐体の故障

ThinkSystemの電源が入らない、起動しないといった場合は外装部分である電源ケーブルやUSBが故障してしまっている可能性があります。また、これが原因でThinkSystem内部のHDDに異常が発生してしまっている場合もあります。ただし本体の故障かHDDの故障かの判断は外からでは分からないことが多いため、自己判断での復旧作業は行わないようにしましょう

内部にあるHDDの論理障害

ThinkSystem内のHDDに論理障害が発生している場合があります。論理障害とはHDD内部に保存されているデータに不具合が発生してしまっている状態のことです。

データ復旧をしたい場合は専用ツールを用いてファイルシステムの修復やバイナリデータの解析を行う必要があるため、まずはデータ復旧業者に相談しましょう。

内部にあるHDDの物理障害

ThinkSystem内のHDDに物理障害が発生している場合があります。物理障害とはHDD自体の破損によって発生してしまった障害のことです。

HDDは世界一精密な機器とも言われているため少しの衝撃や熱によって内部に異常が発生する場合があります。そのためHDDを復旧する際は、クリーンルームと言われる専用設備内で行う必要があります。

ThinkSystem(シンクシステム)の復旧・復元方法

ThinkSystemを復旧・復元する方法には、以下のようなものがあります。

電源を確認する

まずは落ち着いて電源が入っているか確認してください。何らかの原因で、電源のスイッチが切れてしまっている可能性があります。また、ThinkSystemを再起動することで解決する場合もありますので、マニュアルをしっかり読んで正しい手順で再起動を行ってみましょう。しかし、再起動は大きな負荷を加える行為ですので、重要なデータが入っている場合はあまりおすすめしません

HDDを交換する

ThinkSystem 内のHDDが故障していた場合は、HDDを交換することによって復旧することがあります。もしデータをバックアップしてある場合はHDD交換を行い、新しいHDDに元のデータを戻しましょう。しかしバックアップを行っていない場合、HDDを交換することによってデータがすべて消えてしまうため注意が必要です。

プロのデータ復旧業者に依頼する

ThinkSystemに不具合が発生した場合はその原因を特定することは難しく、解決できないことが多いです。自己判断で復旧を行うと別の障害が生じる可能性があり、大事なデータが保存されている場合は二度とそのデータを取り出すことができなくなってしまうことがあります。そのため、異常が発生した際は、速やかにプロのデータ復旧業者に依頼することが安全だと言えます。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

ThinkSystem(シンクシステム)の復旧・復元における注意点

ThinkSystemに保存されているデータが必要な場合、以下のことに注意してください。

電源のON/OFFを繰り返さない

内部のHDDが故障している可能性がある際は、電源のON/OFFをあまり繰り返さないようにしましょう。データの記録を行うプラッタという部分が傷つき、重要データが破損されてしまう可能性があります。ThinkSystemの異常を感じた際は、症状を悪化させないためにも通電や電源のON/OFFは控えましょう。

復旧ソフトの使用は控える

復旧ソフトを使用してしまうとThinkSystem内にあるHDDへ負荷を与えてしまいます。また誤った使い方をしてしまう可能性もあり、状態を悪化させてしまうリスクが高いです。データを取り出すことができなくなる可能性があるため、市販のソフトを使用してデータ復旧を行うことはおすすめしません。

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積18万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス

サイトデータリカバリーサービス

データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) 外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

まとめ

今回は、ThinkSystem(シンクシステム)の故障原因とその復旧方法について紹介しました。

Lenovo製ThinkSystemサーバーは、旧IBM 系の「System x」と旧Lenovo系の「ThinkServer」の2種類を統合した、大変優れたサーバーです。しかし多くのデータを管理するため、いつ故障してしまうか分かりません。異常が発生した際は、症状が悪化してデータが取り出せなくなってしまう前に、プロのデータ復旧業者に依頼するとよいでしょう。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

合わせて以下のページもよく読まれています。

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。