サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

QNAP(キューナップ)製NASのデータ復旧方法や故障原因について徹底解説!

  • LINEで送る

QNAP(キューナップ)製のNASは、企業・個人問わず幅広いシーンで利用されています。本記事では、QNAP製NASのよくある障害事例や、障害が発生した際のデータ復旧(サルベージ)方法を解説します。

QNAP製NASの障害事例

QNAP製のNASでよく起こる障害にはどのようなものがあるのでしょうか。障害事例と考えられる原因を紹介します。

電源が入らない・アクセスができない

機器自体の電源が入らない、もしくは電源を入れたにも関わらずQNAP製のNASにアクセスできない障害が発生することがあります。NASの電源が入らない・アクセスできない障害の場合、次のような原因が考えられます。

原因① 電源が供給できていない

電源ケーブルが抜けている・電源スイッチがオフになっているなど、電源が供給できていないことがよくあります。電源が供給できている場合は電源ボタン側の電源ランプが点灯します。まずは、QNAP製品の電源ランプが点灯しているかを確認しましょう。

原因② BIOSやマザーボード、メモリの故障

QNAP製のNASで正常に電源を供給できているものの、起動時に鳴るはずの短いビープ音が鳴らない場合、BIOSやマザーボード、メモリの故障が考えられます。システムを起動途中の場合は、しばらく待ってから再度動作を確認してください。

原因③ ファームウェアの破損

QNAP製NASで正常に電源を供給できている、かつ短いビープ音は鳴るものの、その次に長いビープ音が鳴らない場合、ファームウェアが破損している可能性があります。

原因④ 内蔵ハードディスク(HDD)の故障

QNAP製のNASが正常に起動し起動時のビープ音がするものの、ハードディスクをマウントできていない場合、ハードディスク自体が故障している可能性があります。ランプが赤く点灯している場合はハードディスク自体の故障と考えてよいでしょう。

エラーメッセージが表示される

D2-310の例 ※ディスプレイの有無はモデルによって異なります

一部のQNAP製のNASでは、障害が発生すると本体ディスプレイ(LCDパネル)にエラーメッセージを表示し、故障内容を通知するものもあります。たとえば、ディスプレイに「SYSTEM BOOTING」と表示されている場合、内蔵ハードディスクに障害が発生している可能性があります。

NAS本体のランプが点灯している

TS-453Beの例 ※ランプの数や位置はモデルによって異なります

QNAP製のNASには、点灯・点滅しているランプの種類によって、機器の状態と主な故障原因を推測することができます。ただし、ランプの点灯状態だけでは複数の原因が考えられ、原因が特定できないまま安易にデータ復旧作業を行うのはリスクを伴うため注意が必要です。

もしHDDランプが赤色に点灯している場合は、内蔵ハードディスクに障害が発生している可能性が高く、障害の悪化を避け、安全にデータを復旧するためになるべく早い段階でNASの電源を落として保管したほうがよいでしょう。

ステータスランプの色と主な状態・障害の一例は以下の通りです。

ランプの色 主な状態・障害
0.5秒ごとに緑と赤に交互に点滅
  1. NASの内蔵ハードディスクのフォーマット中
  2. NASの初期化中
  3. ファームウェアの更新中
  4. RAID再構築(リビルド)が進行中
  1. 内蔵ハードディスクに異常が発生している
  2. ハードディスクのデータへアクセス(読み取り/書き込み)中にエラーが発生した
  3. ハードディスクのセクタに不良セクタが検出された
  4. ディスクボリュームが最大容量に達している
  5. 不良ブロックがアレイ中の残存ハードディスクに存在し、読み取り専用モードに入っている
0.5秒ごとに赤く点滅
  1. NASが低下モードに入っている
0.5秒ごとに緑に点滅
  1. NASが起動している
  2. NASが構成されている
  3. 内蔵ハードディスクがフォーマットされていない

NASからビープ音(ブザー音)がする

QNAP製のNAS本体からビープ音がする場合は、音の種類によって障害の状態と主な原因を推測することができます。ランプの点灯と同様に、もし内蔵ハードディスクの障害が疑われる場合は、通電を続けることで故障状態が進行しデータ復旧の難易度があがってしまうため、なるべく早い段階でNASの電源を落としましょう。

ビープ音の種類と主な状態・障害の一例は以下の通りです。

ビープ音の種類 主な状態・障害
短いビープ音(0.5秒)×1
  1. NASが起動中
  2. NASがシャットダウン中(ソフトウェアシャットダウン)
  3. リセットボタンが押された
  4. システムファームウェアが更新された
長いビープ音(1.5秒)×2
  1. ディスクボリュームが最大容量に達している
  2. NASのハードディスクが低下モードに入っている
  3. ハードディスクドライブの再構築が開始された
長いビープ音(1.5秒)×1
  1. NASが強制終了でオフにされた(ハードウェアシャットダウン)
  2. NASの電源がオンになり、準備ができた

QNAP製NASのデータ復旧における注意点

QNAP製のNASに障害が発生した場合、安全にデータを復旧するために作業時に注意すべき点があります。

RAIDの再構築(リビルド)によるデータ再構築はNG

RAIDの再構築(リビルド)を試して故障したディスクのデータを復旧する行為は避けるべきです。同時期に購入したハードディスクは同時期に故障することも多く、正常だったハードディスクにもリビルドを実行したことで負荷がかかり、立て続けに障害が発生するケースがあるからです。

複数ドライブで障害が発生すると、QNAP製NASの復旧が不可能に陥るリスクがあります。故障原因が正確にわからない場合、知識や技術力に自信がない場合は、個人での作業を控えましょう。

ハードディスク単体でのパソコン接続はNG

QNAP製のNASではRAID構成を用いて複数のハードディスクを1つのドライブとして扱っています。そのため、故障したハードディスク以外のディスクを単体でPCに接続したとしても、データにアクセスできないばかりか、ディスク内のシステムデータが破損してしまう可能性があります。PCに単体のハードディスクを接続する行為は避けてください。

ハードディスクの入れ替えや交換はNG

QNAP製NASでは、複数のハードディスクを1つのドライブとして認識していることに加え、ディスクにデータを書き込むときも、システムの規則に従って記録されていきます。よって、QNAP製のNASからハードディスクを取り出して、交換したり入れ替えたりした際に、順番を間違えたり違う場所にディスクを入れてしまったりすると、システムの規則が乱れてしまいます。データの破損や上書きされてしまうリスクがあるため、ハードディスクの入れ替えや交換は避けましょう。

QNAP製NASのデータ復旧方法

QNAP製のNASに障害が発生した場合、適切な手順を踏んで安全にデータを復旧しましょう。焦らず対処することが大切です。

STEP1. 障害箇所を確認

障害が発生したら、まずNASの状態を確認し、原因を突き止めます。次の箇所をチェックして状態を確認します。

ステータスランプ NASの状態によって緑色か赤色に点灯します。
LANランプ ネットワークのアクセス状況によってオレンジ色に点灯します。
USBランプ USBポートの接続状況によって青色に点灯します。
HDDランプ HDDの障害状況によって赤色に点灯します。
ディスプレイ表示(一部モデル) 障害の詳しい内容を表示します。通知の場合もあります。

STEP2. ランプの点灯状況やエラーメッセージに沿って対処する

QNAP製NASのランプの点灯状況や、表示されるメッセージに沿って対処します。例えば、HDDランプが赤色に点灯している場合は、内蔵ハードディスクに障害が発生している可能性が高いため、できるだけ早く電源を落として保管しましょう。

ステータスランプが緑色と赤色に交互に点滅する場合はハードディスクのフォーマットやRAIDの再構築(リビルド)が実行されている可能性があります。ディスプレイ(LCDパネル)表示のあるモデルの場合、エラーが発生すると「System Error! Pls. Check Logs」のメッセージが表示されます。エラー表示がされた場合は、「Enter」を押して、メッセージを参照し、詳細の内容を確認しましょう。ディスプレイに表示されたメッセージの意味について、詳細はQNAPの公式マニュアルからも確認できます。

STEP3. NASをシャットダウンし電源ケーブルを抜く

エラーを示すランプも点灯しておらず、障害を示すメッセージも表示されていないのに、QNAP製のNASに不具合が発生している場合は、一度、NAS本体をシャットダウンして電源ケーブルをコンセントから抜いた状態で、1分ほど放置します。その後、改めて電源を入れます。

STEP4. 上記方法で解決しない場合は専門業者へ依頼

機器のシャットダウンと電源ケーブルを抜く作業を行っても不具合が解決しない場合は、システム障害もしくは内蔵ハードディスクが故障している可能性が高いため、一切のQNAP製NASの復旧作業を停止します。その後、自分の目的にあわせて専門の窓口に相談をしましょう。

目的 相談先
内部のデータは不要で、機器自体を修理したい場合 メーカーのサポート窓口
内部のデータが必要な場合 データ復旧の専門業者

注意点として、何度も電源をオン・オフしたり、再起動を繰り返したりすると、正常な他のハードディスクにも不具合が発生する場合があります。もし、QNAP製のNASに保存されているのが大切なデータであれば、できるだけ何もせずに現状を維持した状態でデータ復旧の専門業者に相談するのが賢明です。

おすすめデータ復旧業者への無料相談・お見積りはこちら

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積18万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス

サイトデータリカバリーサービス

データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) 外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

QNAP製NASの概要・機能

QNAPは2004年に台湾で設立されたメーカーです。QNAP製のNASは、他社製品よりも比較的リーズナブルな価格帯で、初心者にも扱いやすい高い操作性が人気です。エンタープライズ・ミドルレンジ向けの製品もあり、法人、個人問わず幅広く使用されています。

QNAP製NASには次のような機能が搭載されているのが特徴です。

スナップショット(過去データ)の自動保存

QNAP製のNASには、定期的にスナップショット(過去データ)を自動保存していく機能があります。QNAP製NASは、ボリューム外にスナップショットを保存する仕組みのため、ボリュームの容量がスナップショットで圧迫されないように工夫されています。日々のデータを守るのはもちろん、ランサムウェアのような外部脅威からもデータを守るための機能になっています。

拡張アプリケーションが豊富

QNAP製のNASには多種多様な拡張アプリケーションが用意されています。外部から社内や自宅にあるNASにアクセスできるアプリや、スマートフォン向けのアプリ、自動でフォルダ同期を行うアプリなど、利便性の高いものが多数揃っているのが特徴です。

まとめ

QNAP製NASのよくある障害事例や障害が発生した際の復旧方法を解説しました。

障害の発生時は、自己判断で作業を行うことは非常にリスクを伴います。通電を続けることにより、不具合の生じていないハードディスクまで破損し、取り返しのつかないことになりかねません。内部のデータが不要で、機器自体を修理したい場合はメーカーのサポート窓口、大切なデータであれば、データ復旧の専門業者に相談するのが一番でしょう。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

参考機種
・TurboNAS
・Enterprise NAS/Thunderbolt NAS(TS/TVSシリーズ)
・デュアルコントローラNAS(ESシリーズ)
・SAS NAS(TES/TVS/TDSシリーズ)

あわせて以下のページもよく読まれています。

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。