サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

自分でできるウイルススキャン方法 | 感染時の対処を徹底解説



パソコンを使用する人が増加した昨今、「自分のパソコンがウイルス感染していないか」「ウイルス感染によって知らない間に情報が漏れたりしていないか」と不安になる方も少なくないはずです。

もしお使いのパソコンがウイルスの感染していた場合、被害は自分の使用しているパソコンのみならず、ネットを介して繋がっている知人や友人、また同僚や会社規模まで及ぶ可能性があります。

この記事では、お使いのパソコンがウイルス感染した場合の対処法について解説します。

ウイルススキャンとは

パソコンやデバイスがウイルスに感染した、もしくはパソコンやデバイスを正常に動作させたい場合は、ウイルススキャンを実行する必要があります。

プログラムによって機能に差はありますが、一般的にウイルスキャンは特定の特徴を持つ既知のマルウェアや類似のコード ベースを持つ既知の脅威の亜種を検出することができます。  一部のウイルス対策ソフトウェアでは、既知の不審な動作もチェックし、 危険なプログラムやコードを見つけた場合、ソフトウェアがそれらを削除します。

PCがウイルス感染した際の症状

以下の症状がPCに現れている際はウイルス感染の疑いがあります。

① パソコンの動作が止まってしまう

② Wi-Fiルーターが不正にに利用される

③ プログラムやアプリインストールされてしまう

④ 個人情報が抜き取られてしまう

⑤ ファイル情報が勝手に変更・削除される

PCをウイルススキャンする方法

ウイルススキャンは大きく分けて3つの方法があります。

セキュリティソフト

いくつかのウイルススキャンする方法のうち、もっとも強力で信頼性があるのが、セキュリティソフトを本体にインストールしてフルスキャンをする方法です。インストールとスキャンに時間がかかるのが短所ですが、ウイルススキャンの中でも検出率が高く、発見された場合そのまま駆除することができます。

有料のセキュリティソフトには、ほとんどの場合無料のお試し期間がついているため、その期間内にスキャン行えば料金が発生することはありません。

PC内蔵ツールでのウイルススキャン

Windows10 には「Windows セキュリティ」というセキュリティ対策ソフトが標準搭載されています。このソフトは無料で利用することができ、マルウェアを検出・削除する機能を持っています。

Windows セキュリティでウイルススキャンする手順

①スタートメニューから「Windows セキュリティ」をクリック

②「ウイルスと脅威の防止」を選択。

③「スキャンのオプション」をクリック。

④クイック、フル、カスタム、 Windows Defender オフライン スキャンから選択。

「今すぐスキャン」をクリックすることでスキャンが実行。

「脅威履歴」をクリックすると検出された脅威とスキャンの詳細が表示されます。

Windows Defender オフライン スキャン

ウイルス(マルウェア)は、スキャンエンジンから身を隠して活動するものがあります。オフラインでスキャンをすることでOSが稼働していないため、活動を停止しているウイルスを検知できる可能性があります。

Google Chrome搭載ウイルスチェック機能の活用

ウイルス対策といえば専用のソフトを使うのが一般的だが、実はGoogle Chrome自体にも不審な動きを感知するプログラムが最初から搭載されている。その手順は以下のとおり(PC版のみ)。

①右上のメニューから「設定」をクリック
②「詳細設定」→「リセットとクリーンアップ」→「パソコンのクリーンアップ」を選択

③「有害なソフトウェアの検出にある「検索」ボタンをクリック

ウイルススキャン以外で感染を確かめる方法

パソコンのアクセスランプを確認する

PCのアクセスランプはPCに何らかの障害があるときに点灯・点滅します。

・ウイルス感染やメモリー不足によるHDDへの負荷

・Windows Updateによる不具合

・ハードウェアの不具合

など様々な要因が考えられますがウイルス感染の可能性もあるため、1つの指標としてアクセスランプを確認しましょう。

専門業者に相談する

ご自身での対処が難しい場合やウイルスに感染しているか判断できない場合はイルス(マルウェア)感染調査を行っている専門業者への相談をおすすめします。

専門業者では、ウイルス感染の有無の特定をはじめやネットワークを解析することで、「感染経路」や「情報漏えいが発生していないか」の調査が可能です。

ウイルス感染調査に対応しているおすすめ専門業者

無料相談を実施しているおすすめの調査専門業者として「デジタルデータフォレンジック」を紹介します。

デジタルデータフォレンジック


公式HPデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、個人はもちろん、大手企業や警察からの依頼も多数解決しているため、実績・経験は申し分ないフォレンジック調査対応業者です。フォレンジック調査に対応している業者では珍しく個人のハッキング調査にも対応している特長があります。さらに、「Pマーク」「ISO27001」を取得しているため、セキュリティ面でも信頼がおけます。

相談から見積もりまで無料で行っているので、フォレンジック調査を検討している際は、まずは実績のあるデジタルデータフォレンジックに相談すると良いでしょう。

費用 ■相談から見積もりまで無料
※機器の種類・台数・状態によって変動
調査対応機器 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカードなど
調査実施事例 警察からの捜査依頼(感謝状受領)、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ復元、マルウェア・ランサムウェア感染調査など
特長 大手企業や警察を含む累計14,233件の相談実績
個人での調査依頼にも対応
■「Pマーク」「ISO27001」取得済のセキュリティ

デジタルデータフォレンジックのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回は、ウイルススキャン実行のリスクと感染時の対処法について紹介しました。ウイルススキャンにはいくつかの方法がありますが、個人での対処には限界があり、安全性も保障されないため、不安がある方はまずは専門業者に相談をすることをお勧めします。

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。