サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「不正アクセスを検知しました」表示された・クリックした際の対処法



お使いのスマートフォンやPCに、大手企業を名乗った宛先から「不正アクセスを検知しました」というような内容のメッセージが突然送られてくることがあります。

このようなメッセージが送付された場合、すでにデバイスがマルウェアに感染している、もしくはそのメッセージ内のリンクをクリックすることでマルウェアに感染してしまう可能性が高いです。では、このようなメッセージが送付された場合、どのような対処をすればよいのでしょうか。

この記事では、「不正アクセスを検知しました」というメッセージが送付された場合の対処法、すでにメッセージ内のリンクをクリックしてしまった場合の対処方法について紹介します。

「不正アクセスを検知しました」とは?

お使いの携帯やスマートフォン、PCに上記の画像のように「不正アクセスを検知しました」というメッセージが送付・表示される場合があります。

結論、このような場合の多くは、表示されている情報が正しくない場合が多いです。メッセージ内のリンクやボタンをクリックするように誘導し、攻撃者は個人情報の抜き取りマルウェア感染を意図している場合がほとんどです。

もしくは、すでにマルウェアに感染しているために、攻撃者が該当の端末に自由にメッセージを出すことができるようになっている場合もあります。この場合は、追加で情報を抜き取る、もしくは、自身の連絡先へマルウェアが送付されるマクロ(自動操作)のトリガーが仕込まれている場合があります。

いずれにせよ、このようなメッセージが送付・表示された場合、自身が加害者にならないためにも次に紹介する方法で冷静に対処してください。

「不正アクセスを検知しました」メッセージが送付・表示された場合の対処法

お使いの携帯やPCの画面に前記した画像のような「不正アクセスを検知しました」「第三者からの不正なアクセスを検知しました」などのメッセージが送付・表示された場合、基本的には無視することが最善策です。下記の対処法を確認してください。

  • 慌ててクリックしない
  • 公式サイトや公式アプリで情報の真偽を確認する

慌ててクリックしない

不正アクセスを検知しました」等のメッセージが表示された場合でも、まずは慌てずにクリックを避けてください。このようなメッセージ、もしくはメッセージ内のリンクをクリックしてしまうと、それだけでマルウェアに感染してしまう可能性があります。

万が一クリックしてしまった場合は後の章で紹介する対処方法を試してみてください。

公式サイトや公式アプリで情報の真偽を確認する

不正アクセスを検知しました」というようなメッセージの多くの場合は、大手企業や有名企業を名乗った宛先から送付・表示されます。企業名が明記されている場合は、表示されている企業のHPや公式のSNSで情報の真偽を確かめてください

公式から正式な発表がない場合は、直接電話などで確認してみても良いでしょう。


上記の対処法は確認したものの「不正アクセスを検知しました」という内容のメッセージを誤ってクリックしてしまった場合、次の章で説明する症状や被害があるかを確認し、速やかに記事内で紹介している対処法を行いましょう。

自身での判断や処置を行うのが不安、もしくは一刻も早く状況を知りたいという方は、調査に対応している業者に相談することを検討してください。

「不正アクセスを検知しました」メッセージを誤ってクリックしてしまった際に起こる症状・被害

お使いのスマートフォンやPCの画面上に「不正アクセスを検知しました」というような内容のメッセージが表示される場合、すでにデバイスがマルウェアに感染している、もしくはそのメッセージ、メッセージ内のリンクをクリックすることでマルウェアに感染する可能性が高いです。

デバイスがマルウェアに感染すると、以下のような症状・被害が見られます。当てはまるものがあるか確認してみてください。

デバイスがマルウェアに感染した際に見られる症状

デバイスがマルウェアに感染すると見られる症状は、以下のものが挙げられます。該当する項目が1つでもある場合はマルウェアに感染している疑いがあります。

  • 高額請求
  • 見覚えのない通信履歴
  • 見覚えのないアプリのダウンロードや、頻繁なアプリのクラッシュ
  • データの暗号化、削除
  • デバイスが熱くなり動作が遅くなる、勝手に電源が切れる など

デバイスがマルウェアに感染した際の被害

デバイスがマルウェア感染すると、以下のような実被害があります。

  • 個人情報漏洩
  • 金銭の搾取
  • 端末の破損
  • データの損失
  • ウイルスの拡散
  • 遠隔操作

症状・被害の有無の関わらず、メッセージ、メッセージ内のリンクをクリックしてしまった場合は、次に紹介する対処法を試してみてください。

「不正アクセスを検知しました」メッセージを誤ってクリックしてしまった際の対処法

不正アクセスを検知しました」というメッセージ、メッセージ内のリンクをクリックしてしまった場合、下記の方法で対処できる場合があります。

  • ネットワークを切断する
  • デバイスの初期化を行う
  • 専門業者に相談する

ネットワークを切断する

万が一マルウェアに感染していた場合、金銭や個人情報などはネットワークを通じて攻撃者へと渡ります。そのため、ネットワークを切断することで、仮にマルウェアに感染していたとしても被害を抑えることができます。

何をしたら良いかわからない場合、まずは、ネットワークを切断しましょう。

デバイスの初期化を行う

マルウェアに感染していることが疑わしい場合、デバイスの初期化をすることで、マルウェアを駆除できる場合があります。

マルウェアはファイルとして存在しているため、デバイスの初期化を行うことでデバイスからマルウェアを駆除できる仕組みです。しかし、データが失われることは不可避であるため、バックアップがある場合に試してみることをお勧めします。

また、感染が疑われる時点でのバックアップを作成する作業は非常に危険であるため避けましょう。感染しているファイルがバックアップされてしまうと、バックアップ先でも感染が広がる可能性があるためです。

専門業者に相談する

自身で対処するのは不安だ」「一刻も早く状況を知りたい」「感染した原因を突き止め、対処したい

このような場合には、マルウェア感染・ハッキングの調査・対処に対応している専門業者へ相談しましょう。

専門業者では、専門のアドバイザーによるヒアリングから見積もりの提示まで無料で行っている業者も存在します。ネットワーク切断や、デバイスの初期化をすると大きな支障が出るといった方は、まずは相談してみてください。

マルウェア感染・ハッキング調査に対応している専門業者でできること

マルウェア感染・ハッキング調査に対応している業者では、「モバイルフォレンジック」を受けることができます。

フォレンジック(フォレンジクス)調査」とは、発生したデジタルインシデント(ハッキングなど)に対し、PCやスマホといった電子機器や記録媒体、もしくはネットワークの中に残存する電磁的記録から、「正しい手続き」で不正行為の事実確認を行ったり、サイバー攻撃・不正アクセスなどの被害状況を割り出したりする調査手法を指します。

そのため、いつどのような経路でどのようなマルウェアに感染しどのような被害があったかを調査できます。また、マルウェア自体の駆除ができる場合もあります。

マルウェア感染・ハッキングの調査・対処に対応しているおすすめの専門業者

マルウェア感染・ハッキングの調査・対処に対応している専門業者の中でも、「実績」のある業者を選定しました。

デジタルデータフォレンジック


公式HPデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、個人はもちろん、大手企業や警察からの依頼も多数解決しているため、実績・経験は申し分ないフォレンジック調査対応業者です。フォレンジック調査に対応している業者では珍しく個人のハッキング調査にも対応している特長があります。さらに、「Pマーク」「ISO27001」を取得しているため、セキュリティ面でも信頼がおけます。

相談から見積もりまで無料で行っているので、フォレンジック調査を検討している際は、まずは実績のあるデジタルデータフォレンジックに相談すると良いでしょう。

費用 ■相談から見積もりまで無料
※機器の種類・台数・状態によって変動
調査対応機器 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカードなど
調査実施事例 警察からの捜査依頼(感謝状受領)、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ復元、マルウェア・ランサムウェア感染調査など
特長 大手企業や警察を含む累計14,233件の相談実績
個人での調査依頼にも対応
■「Pマーク」「ISO27001」取得済のセキュリティ

デジタルデータフォレンジックのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回は、スマートフォンやPCの画面上に「不正アクセスが検知されました」というメッセージが送付・表示された場合の対処法について解説しました。このようなメッセージが表示され、お使いのデバイスにマルウェア感染の可能性がある場合、慌てずに状況を確認し、適切な対処を行うことが重要となります。

マルウェア感染が疑われる場合には、まず、インターネットの接続を切断してください。その後の対処は、被害を抑えるために適切な方法を検討してください。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。