サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【解説】HFS/APFSファイルシステムの修復・復旧方法



この記事ではMac系のファイルシステム「HFS/APFS」が破損してしまった際の、修復・復旧方法を紹介します。

なお、「HFS/APFSが修復できないと大切なデータが取り出せない」「そもそもMacが起動しない」という場合でも、システムの修復・復旧できる可能性は十分残っていますので、参考にしてみてください。

HFS/APFSとは

そもそも、ファイルシステムとは、「MacなどのOSがファイルを管理し、データを読み書きできるようにするシステム」のことです。

つまりファイルシステムが存在・機能していることで、データの保存・取り出しができます。逆に、そのファイルシステムが破損してしまうと、データの保存・取り出しができなくなってしまいます。

HFS

HFS (Hierarchical File System) とは、AppleのMacOSでかつて使われていたファイルシステムであり、現在はサポートを終了しています。日本では、「MacOS標準フォーマット」と呼ばれることもあります。また、HFS+というHFSよりも容量が大きいバージョンも存在します。HFSで記録されたデータを読み書きが可能なMacOSは、Mac OS Ⅹ v 10.5以前のものです。

APFS

APFS(Apple File System)とは、AppleのMacOS 10.13以降で使用されているファイルシステムです。iOSやwatchOS等でも現行で使用されています。HFSファイルシステムよりも新しく、強力な暗号化、領域共有、スナップショット、高速なディレクトリのサイズ調整、および基本的なファイルシステムの向上と優れた点が多く、Mac OS 10.13以降で使用されています。

HFS/APFS修復時の注意点

HFS/APFSなどのファイルシステムの修復をする場合には注意点があります。ファイルシステムに直接操作を加えることで、障害が悪化してしまうこともあるため、下記事項に注意して作業を行いましょう。

フォーマットしない

HFS/APFSなどのファイルシステムが破損していると正常にデータを読み込むことが出来なくなります。そのため、Macは新しいファイルシステムを再構築し、通常どおり使用できるように、フォーマットを促すエラーメッセージを表示します。しかし、フォーマットを行うとそれまであったシステムの構築が全く新しいシステムの構築に入れ替わってしまうため、フォーマット以前のデータにアクセスすることができなくなるのです。

なお、この状態で消えたデータの復元を行うと、フォーマットしたデータがどんどん上書きされてしまい、データが完全に消えてしまうリスクがあります。
そのため、内部のデータが必要な場合のフォーマットは絶対に避けてください。

個人での作業はデータ消失リスクが伴う

また、フォーマットに限らず、個人的にデータの出し入れをしているファイルシステムに操作を加えてしまうと上述したようにデータが完全に消えてしまう場合があります。

さらに、個人での作業はデータが完全に消えてしまうリスクだけでなく、障害を悪化させることによって復旧難易度も上がってしまいます。そのため、取り出したいデータが重要な場合は、復旧率の高いデータ復旧の専門業者に相談することをおすすめします。データ復旧サービスについては下記の記事を参考にしてください。

HFS/APFSの修復方法

注意点を押さえたうえで、HFS/APFSの修復方法には下記のものがあります。

ディスクユーティリティで修復する

Macに搭載されている「ディスクユーティリティ」のFirst Aid機能を使うことにより、一部の問題を解決できる可能性があります。ディスクユーティリティでは、ファイルの破損やコンピューターが正常に起動しないトラブルなどの軽度の問題を対処することができます。

  1. Macの「ディスクユーティリティ」アプリケーションで、「表示」>「すべてのデバイスを表示」と選択。
  2. サイドバーでボリュームを選択してから、「First Aid」ボタンをクリック。
  3. 「First Aid」ダイアログで、「実行」をクリックして、画面に表示される指示に従って操作。
  4. First Aidプロセスが完了したら、「完了」をクリック。
  5. ストレージデバイス上のボリュームごとに、手順2〜4を繰り返す。
  6. サイドバーでコンテナを選択してから、「First Aid」ボタンをクリック。
  7. 「First Aid」ダイアログで、「実行」をクリックして、画面に表示される指示に従って操作。
  8. First Aidプロセスが完了したら、「完了」をクリック。
  9. ストレージデバイス上のコンテナごとに、手順6〜8を繰り返す。
  10. サイドバーでストレージデバイスを選択してから、「First Aid」ボタンをクリック。
  11. 「First Aid」ダイアログで、「実行」をクリックして、画面に表示される指示に従って操作。
  12. First Aidプロセスが完了したら、「完了」をクリック。

出典apple

FSCKコマンドを実行して修復する

「ディスクユーティリティ」で修復できなかった場合には、こちらを試してみてください。トラブルが発生したファイルシステムの検査及び修復により有効的な方法です。

  1. Macにシングルユーザーモード(「Command+S」キー)でログインし直す
  2. 黒い画面に英字が羅列された画面、または通常のログイン画面が表示されたら、「local host :/ root#」というテキストが表示されるため、「#」に続けて「fsck -fy」と入力しEnterを押す→コマンドが実行され、終了すると再び「#」が表示される
  3. 「#」に続けて「reboot」と入力する→以上で、Macが再起動されるとFSCKコマンドが実行される

MacOSを再インストールする

FSCKコマンドを実行する方法でもファイルシステムの修復ができなかった場合には、MacOSを再インストールする必要があります。しかし、MacOSを再インストールするということは、保存されているデータが全て削除されてしまうということになります。実行する前に、データのバックアップを必ず取ってください。

なお、この方法では、機器が使えるようにはなりますが、冒頭説明した通りデータを読み込めなくなってしまいます。

また、個人での作業で復旧ができない・失敗してしまう場合は、HDDやSSD自体に物理的な障害が発生してる等の深刻な状態である可能性があります。

データ復旧専門業者に依頼する

上記の作業で修復ができない・取り出せないデータの重要性が高いといった場合はデータ復旧業者へ依頼をしましょう。

データ復旧業者では、システムの修復や、PCなどのハードウェアに直接作業をすることでの復旧作業が可能なため、データの復旧確率も高く見込むことができます。なお、HDDやSSDに物理的な障害が発生している状態でも復旧作業が可能です。

料金こそかかってしまいますが、無料で診断・見積もりを対応している業者もあるため、まずは窓口に相談し専門家に状況を伝えてみることをお勧めします。

おすすめのデータ復旧専門業者

専門業者に依頼するのであれば、データが復元できないと意味がないため、その中でも「復旧率の高い業者」の選定が必要です。ファイルシステムの破損に対応している技術力の高い業者といっても、探し出して選定するのは難しいでしょう。

そこで、技術力・内容(対応製品)・復元にかかる期間や特長から比較した、おすすめの専門業者をご紹介します。

デジタルデータリカバリー


サイトデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

HFS/APFSの修復・復旧方法についてご紹介しました。

PCのファイルシステムは非常に便利ですが、扱いが難しい点もあります。修復時の注意点を把握し、データの重要度に応じた最適な修復方法を試してみてください。

 

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。