サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【弥生会計】削除したデータの復旧・復元方法

  • LINEで送る


この記事では、弥生会計ソフトのデータを削除・消失してしまったという場合の、復元方法を紹介します。

大切な顧客データを削除してしまった」「原因不明である日突然消えてしまった」という場合でも、データを復元できる可能性は十分残っていますので、参考にしてみてください。

データを削除・消失してしまった時の注意点

まずはバックアップがあるかを確認

まずは、バックアップを取っているか否かを確認しましょう。バックアップを取っているかどうかで復元方法が変わりますが、どちらでも弥生会計ソフトのデータは復元できる可能性はあります。

バックアップを取っている場合

USBメモリなど記憶媒体、自動バックアップ、弥生ドライブなど何らかの形でバックアップを取っていた場合には、弥生会計のソフト上でのデータ復元が可能

バックアップを取っていない場合

別途でデータ復元ソフトを使用することで復元できる可能性があり

削除データは上書きされてしまう場合がある

ただし、データが消えてしまってから時間が経過している場合には、データが何度も上書きされておりデータ復元の難易度が非常に高くなっている場合があります。個人での復元作業をむやみに繰り返してしまうと、最悪の場合データが完全に取り戻せなくなってしまうこともあるため、消えてしまったデータが重要なデータの場合は、データ復元の専門業者に相談するのが賢明です。

データの重要度に応じた適切な対処方法を試しましょう。データ復旧サービスについては下記の記事を参考にしてください。

バックアップを取っている場合の復元方法

早速削除・消失してしまったデータの復元方法を、バックアップを取っている媒体・形式ごとに紹介していきます。

※バックアップファイルの保存場所がわからない場合には、Windowsの検索機能で、ファイルの種類または拡張子を検索してください

USBメモリなどの記憶媒体

USBメモリなどの記憶媒体に保存したバックアップファイルからデータを復元する場合には、記憶媒体をコンピューターに接続して復元を行います。バックアップファイルの選択表示が出てきたら、対象の記憶媒体のドライブを指定してください。

詳しい操作手順は公式のサイトをご覧ください。

公式サイト弥生

自動バックアップファイル

自動バックアップファイルとは、弥生会計の使用を終了する際にハードディスクに自動でバックアップ保存されているデータを指します。自動バックアップファイルにデータが保存されていれば、USBメモリなどの記憶媒体にバックアップ保存したデータが破損してしまった場合にも、データを復元することができます。
※自動バックアップ機能がない場合もありますのでご注意ください。

詳しい操作手順は公式のサイトをご覧ください。

公式サイト弥生

弥生ドライブに保存したバックアップファイル

弥生ドライブとは、弥生サービスの一種であるデータバックアップサービスを指します。こちらを利用して弥生ドライブにバックアップファイルを保存している場合には、バックアップファイルをダウンロードしてから復元することが可能です。

詳しい操作手順は公式のサイトをご覧ください。
※操作手順のサイト上では「上書きしてしまったデータの復元方法」とありますが、バックアップデータの復元方法も同じです。

公式サイト弥生

バックアップを取っていない場合の復元方法

データのバックアップを取っていなかった場合には、弥生会計ソフト上ではデータの復元ができません。しかし、データ復元ソフトを使用することでデータを復元できる可能性が残っています。

復元ソフトを使用する

データのバックアップを取っていない状態で、データを削除したり上書きしてしまった場合には、復元ソフトを使用することでデータを復元できることがあります。

しかし、復元ソフトを使う場合は一定以上のリテラシーが必要であり、上書きによる状況悪化などのデメリットもあります。データ復元ソフトについては下記記事を参考にしてください。

データ復旧業者へ依頼する

上記の復元方法で復元ができない場合や、失いたくない重要なデータが消えてしまった場合は、データ復元の専門業者へ依頼をしましょう。

データ復元業者では、ソフトウェア上の作業以外にも、PCなどのハードウェアに直接作業をすることでの復元作業が可能なため、データの復元確率も高く見込むことができます。料金こそかかってしまいますが、無料で診断・見積もりを対応している業者もあるため、まずは問い合わせをしてみるのが良いでしょう。

おすすめのデータ復旧専門業者

専門業者に依頼するのであれば、データが復元できないと意味がないため、その中でも「復旧率の高い業者」の選定が必要です。消えてしまった住所録のデータ復旧に対応している技術力の高い業者といっても、探し出して選定するのは難しいでしょう。

そこで、技術力・内容(対応製品)・復元にかかる期間や特長から比較した、おすすめの専門業者をご紹介します。

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、365日24時間電話受付も行っているため、突然の故障にも対応することが可能です。

技術力の他に復旧スピードも非常に速くスピーディーな対応も大きな魅力です。診断~見積りも無料で行えるため、データを取り出せるか不安な方は、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) ハードディスク(パソコン)、RAID機器(NAS/サーバー)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 365日24時間電話受付
最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

弥生会計のデータを削除・消失してしまった場合のデータ復元方法についてご紹介しました。

まずは落ち着いてバックアップを取っているかを確認し、それぞれの方法のリスクやデメリットを理解したうえで、データの重要度に合う最適な復元方法を試してみてください。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。