Mac用セキュリティソフトの選び方と主要5ソフト比較

この記事は約 5 分で読めます。



パソコンやスマートフォンのセキュリティ対策が以前にも増して重要になっています。最近では、2014年のベネッセによる大規模な情報漏洩2015年の日本年金機構による情報漏洩事件など規模の大きな情報漏洩事件が次々に発生し、TVや新聞などのメディアを賑わせています。

この様な事件の原因として、故意の犯行によるものももちろんありますが、その大半はマルウェアや不正アクセスなどインターネット上の脅威によるものも多く、それらに対する対策は必須となっているのです。

今回は、Macに焦点を当てセキュリティソフトの特徴や選び方について考えてみます。

Mac用セキュリティソフトの選び方

インターネット上の脅威に対するサイバーセキュリティの意識の高まりとともに、インターネットや雑誌では「セキュリティソフト」について取り上げているものも多くなっています。様々なセキュリティソフトを取り上げて比較する記事は、どれを使えば良いのか分からないといった場合に非常に有効です。

しかし、問題は多くの場合「Windowsの記事はあってもMacの記事はない」ということです。「 Macは安全」と根拠のない通説を信じているユーザーも少なからず存在しているようですが、MacであってもWindowsと同じようにセキュリティ対策は必須です。

Macでセキュリティソフトを選ぶ際は、Windowsと同じく以下の4項目を満たす製品を選択しましょう。

  1. ウィルス検知性能は十分高いか
  2. Webでの脆弱性対策機能はあるか
  3. FacebookやTwitter等、SNSに対するセキュリティ対策機能はあるか
  4. 軽量で高速で動作するか

ただし、Macの場合はWindowsと比較してソフトウェアの選択肢が少なくなるケースがあるので注意が必要です。

Mac用セキュリティ対策主要5ソフトの比較

1 ノートン・セキュリティ

ノートンシマンテック社からリリースされているノートンシリーズはセキュリティ対策ソフトの定番の一つであり、Mac版でもWindows版と同じように高い性能を持っています。

▶︎詳細はこちら

長所
  • 大手セキュリティベンダーであるという信頼感
  • ウィルスやインターネット上の脅威への対策機能が充実している
  • 個人情報等の保護機能もある
  • 動作が軽い
短所
  • Mac版にはファイルバックアップ機能がない

2 カスペルスキー・セキュリティ

カスペルスキーロシアのカスペルスキー社のソフトウェアで、日本では知名度は下がりますが、性能は非常に優れています。

ただし、Windows版に比べるとWebサイトの安全性をアクセス前にチェックしたり、ネット決済の脆弱性をチェックしたりする機能などが省かれています。
▶︎詳細はこちら

長所
  • 未知のウィルス等への対策もあるなどウィルス検知性能が高い
  • フィッシング等から個人情報を守る機能もある
  • 急増しているランサムウェア被害を防ぐ機能を持つ
短所
  • Mac版では外出先でのWi-Fiのセキュリティ対策など、省かれている機能がある

3 ウィルスバスター for Mac

ウイルスバスタートレンドマイクロ社のソフトウェアで日本でも利用者の多い定番ソフトの一つです。

▶︎詳細はこちら

長所
  • 大手ベンダーであるという安心感
  • ウィルス等の脅威への十分な対策がある
  • Web脆弱性に対する保護機能
  • FacebookやTwitterなどのSNSのセキュリティ対策がある
短所
  • 標準ブラウザであるSafariのセキュリティチェックに対応していない

4 ウェブルート・インターネット・セキュリティ

ウェブルートウェブルートは上記のソフトウェアに比べると知名度は低いですが、クラウドを活用した「高速かつ軽量」なソフトで評価の高いものです。

▶︎詳細はこちら

長所
  • 動作が軽く速い
  • 価格が安い
  • ウィルス定義ファイルのダウンロードが不要なので、通信量が抑えられる
短所
  • ウィルス検出性能で不安が残る
  • 個人情報の保護などMac版には対応していない機能がある

5 F-secure SAFE

エフセキュアはセキュリティ対策ソフトウェアのベンダーとしては海外で高い評価を得ています。

企業のサーバー等では導入する事例もありますが、個人で使っている方はあまりいないのではないでしょうか。
▶︎詳細はこちら

長所
  • ウィルス等の脅威検知性能は高い評価を得ている
  • 動作が軽いので、低スペックのPCでも問題ない
短所
  • 日本ではあまり知られていないので、情報が少ない

まとめ

今回取り上げた5つのソフトウェアは、Mac用のソフトウェアとしてある程度定番と言えるものですが、紹介したように性能や評価はかなり分かれます。この中では、特に下記に挙げる3製品がおすすめです。

F-secureも悪くはないのですが、国内であまり使われておらず情報が少ないというデメリットもあるので、初心者は避けた方が良いかもしれません。

最も大切なことは、必要な性能を持ったソフトウェアを選択・導入し、自分のMacを守ることです。今回の記事を参考にしてしっかりとした選択をして頂ければと思います。

[参考:端末別のセキュリティソフト・アプリの選び方]
セキュリティソフトの選び方と主要5ソフト比較
iPhone用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較
Android用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較
Mac用セキュリティソフトの選び方と主要5ソフト比較
iPad用セキュリティアプリの選び方と主要4ソフト比較

IT企業10年間、Linux・Windows系のサーバ・インフラ系構築・運用エンジニアとして経験を積み、現在は、とある企業で社内SEとして活動。 多種多様な業務に携わってきたため知識は幅広く、得意分野はLinuxをはじめとしたサーバー構築。社内セキュリティ担当者としての経験も長く、セキュリティソフトウェアや、ゲートウェイ対策にも精通している専門家として活躍中。 >プロフィール詳細

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ