WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)主要サービス徹底比較

- 2016年10月25日[更新]

この記事は約 6 分で読めます。



Webサイトへのアクセスは誰もが簡単に出来る事であり、例えばWebサイト上で企業情報を探す事は誰にでも可能だ。

だからこそ、企業の機密情報や個人情報を狙っている側からすれば、Webアプリケーションの脆弱性をつくことで簡単にサイバー攻撃をしやすい場所であると言える。

その為、Webサイトの脆弱性を通じたサイバー攻撃を未然に防ぐ為にもwafと呼ばれる強固なWebアプリケーションファイアウォールを用意しておく必要性が生まれる。

サイバー攻撃を防御してくれるWAFとは?

WAFとはWeb Application Firewallであり、Webアプリケーションを外部のウィルス攻撃等から未然に防いでくれる機能を持つファイアウォールの事である。

ファイアウォールとは簡単に言ってしまえば、インターネット外部からのサイバー攻撃を強固に守ってくれる壁の事だ。

このような強固なファイアウォール(壁)がある事で、外部からの悪質なサイバー攻撃を防ぐ事が可能となる。

WAF主要5サービス徹底比較

「株式会社ノースエナジー」ノースサイバーセキリュティ

img_12243-01

Webアプリケーションの脆弱性を狙う事で生じる情報漏洩やWebサイトのデータ改善等の対策としてwaf(Web Application Firewall)を考慮に入れる事は最善の選択だ。

だが、多くのwafは導入コストが高い傾向にある。また、自社のWebサーバーに対する負荷が強い為に、Webサイトにアクセスしづらくなりユーザーの利便性を損ねる可能性が高い。

このように、サイバー攻撃に対抗する為にデメリットが多いようでは意味が無い。

その反面、株式会社ノースエナジーのノースサイバーセキリュティサービスは、低コストでサーバー負荷が少なく、また、高いセキリュティ機能を持つ為に企業の機密情報等の漏洩リスクも小さくする事が可能だ。

強固なファイアウォールを持つ事で、企業の重要な情報を守りたいと考えているならまず最初にお勧めしたい企業となる。

「株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ」 クラウドWAF セキュリティオペレーションサービス

img_12243-02

21世紀に入り、多くの企業がWebサイトを持つようになったが、それらのWebサイトは24時間の間、常に稼働し続けなければならない状況となっている。

多くの消費者に対してサービスを届ける必要性がある反面、情報漏洩やWebサイトのデータ改ざん等多くのサイバー攻撃の危険に晒される事となる。

株式会社エヌ・ティ・ティ ピー・シーコミュニケーションズの「クラウドWAF セキュリティオペレーションサービス」では、24時間365日の間セキリュティ監視のプロ集団の有人監視の下で悪質な存在からのサイバー攻撃を防いでくれる。

豊富な実績を持つプロから安心してセキリュティサービスを受けたいと考えているならば、お勧めしたい企業の一つだ。

「株式会社NEC」 InfoCage SiteShell

img_12243-03

企業の機密情報や重要な個人情報を狙ったサイバー攻撃は年々増加傾向にあり、そうした悪質な攻撃に対する対応策を講じる必要性が高まっている。

Webサイト内部にあるWebアプリケーションの脆弱性を狙う事で何かしらの被害が生じてしまったら、企業の社会的な信頼が損なわれる事にも繋がりかねる。

「株式会社NEC」 InfoCage SiteShellは、Webサイトの安全性を高めながら脆弱性対策のコストを軽減したいと考えている企業にはお勧めのセキュリティサービスだ。

クラウド型のWAF(Web Application Firewall)となる為に導入時のコストも少なく、ランニングコストもその他の製品と比較しても安価な為に、まずは少しずつセキリュティを強化したい企業にも適しているだろう。

まずは少しずつ企業としてサイバーセキュリティを強化していきたいと考えているなら、お勧めしたい企業の一つだ。

「株式会社アズジェント」 セキュリティ・プラス Webサイトプロテクションサービス

img_12243-04

サイバー攻撃の脅威は増加し続けながら常に高度に複雑化している為に、Webサイトからの情報漏洩等に対応する為の多くのサイバーセキュリティ対策が必要となる。

だが、多くの企業はそうした常に肥大化する問題に対して適切な対策を取る事が出来ていない傾向にあるようだ。

「株式会社アズジェント」のセキュリティ・プラス Webサイトプロテクションサービスでは、様々なサイバー攻撃から大事なWebサイトを守る為に最新のセキュリティ動向を考えた適切な体制を気軽の導入する事が可能である。

クラウド型のwafだからこそ、自社のWebサイトに対して少ないコストで導入する事が出来る上に、あらゆる側面からの支援を絶やさない。

もし最新のセキュリティ体制を整えた上で、堅実なWebサイト運営や情報システムの運用を検討しているならお勧めしたい企業だ。

「ソフトバンク・テクノロジー株式会社」Imperva SecureSphere Web Application FireWall

img_12243-05

サイバー攻撃に対する対策を考えた時に、機密情報や個人情報をどうやって守るのかを考える事は極めて重要な事だ。

特にサイバーセキリュティの世界は日進月歩であり、いつまでも古いセキュリティを使用していてはWebサイトの脆弱性を狙われたサイバー攻撃から企業を守る事が難しくなる。

「ソフトバンク・テクノロジー株式会社」のImperva SecureSphereでは、データ・セキュリティにおいて極めて顕著な企業である株式会社Imperva Japanと協力をする事で高品質なwaf(Web Application Firewall)を提供している。

アクセスする事が簡単であり、機密データへの侵入口となりやすいウェブサイトへの攻撃対策としてwafは大きな効果を発揮する事が出来るからこそ、そうしたサイバー攻撃に対して対応策を考えているならばお勧めだ。

まとめ

Webサイトを通じたサイバー攻撃の結果として、企業の機密情報や個人情報が外部流出する事態は何としても防がなければならない。

そのような状況にならない為にもWaf(Web Application Firewall)を通じた強固なセキュリティを獲得する事をお勧めする。

特にどんな企業が攻撃対象として狙われやすいかと言えば、それは大企業等ではなくサイバーセキュリティに対する対処をする余裕を持ちづらい中小企業が多いの実態だ。

気づかぬ間に顧客情報や機密情報がサイバー攻撃によって盗み出されるような自体にならないように、万全の体制を少しずつ構築していく意識が今後一層必要となる。

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ
作者:   セキュリティ対策 ソフト・ツール