故障したハードディスク(HDD)からデータを安全に復旧・復元する方法

「HDDからカチカチと異音がして認識しなくなった」「HDDを誤ってフォーマットしてしまった」
日頃からデータのバックアップをとっていればそこからデータ復旧できるので何の問題もありませんが、バックアップを取っていなかったというケースも少なくありません。

では、バックアップを取っていなかった場合にHDDが壊れてしまったらどうすればよいのでしょうか。ここでは、HDDが故障してしまった場合の対処法とHDDからデータを安全に復旧・復元する方法について紹介します。

HDDが故障・壊れた場合の対処法

1. HDDが起動および認識する場合

HDD自体が正常に認識する場合はすぐにバックアップをとり、HDDを新しいものに交換しましょう。

2. HDDが起動または認識しない場合

HDDが電源を入れても起動しない・PC上で認識しない場合は、それ以上の通電や電源のオンオフを中止してください。障害が発生した状態で起動させるとHDDの障害が悪化し、データの復旧・復元が困難になる可能性があります。

3. 最も安全な対処法

復旧の確率を最も高めるにはデータ復旧業者に初めの段階で相談するのが1番です。
相談無料の業者も多いため、HDD復旧・復元で困った際にはデータ復旧の専門化に相談してみましょう。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

HDD故障の種類

1.論理障害

論理障害とは、HDDのソフトウェア部分に故障が生じている状態です。HDDは起動するが、エラーが出るといった場合や、データの誤削除・初期化もこちらに該当します。

2.物理障害

物理障害とは、HDD自体に物理的な故障が生じている状態です。HDDが起動・認識しなかったり、カチカチといった異音がする場合はこちらに該当します。

おすすめデータ復旧業者への無料相談・お見積りはこちら

HDD復旧・復元の方法

1.論理障害の場合

軽度の論理障害はソフトで復旧できる場合もありますが、基本的にはおすすめしません。復旧ソフトで復旧できる障害は僅かであり、故障状況を悪化させる可能性さえあります。論理障害の復旧には、ファイルシステム修復など専門的な技術が必要になるため、重要なデータの場合はデータ復旧業者に相談しましょう。

2.物理障害の場合

物理障害には手術室同等の無塵空間「クリーンルーム」内での作業が必要となるため、個人での復旧はほぼ不可能です。専用設備を保持したデータ復旧業者に診断を依頼してみましょう。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

安全にHDDを復旧・復元するには

  1. 可能であればバックアップをとる(異音がする場合は控えましょう)
  2. 電源のオンオフ・通電を控える
  3. データ復旧業者に相談または診断を依頼する

上記の手順で対応するのが最も安全にHDD復旧・復元をする方法です。HDDは精密機器のため、復旧ソフトや個人での復旧作業にはデータ消失のリスクが伴います。データの重要性を考えた上で、最も自分に適した復旧・復元方法を試してみてください。

おすすめデータ復旧業者への無料相談・お見積りはこちら

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?