ID Federation(NTTコミュニケーションズ)


企業向けシングルサインオンサービス
  • お客様のセキュリティポリシーに適した認証ルールを設定可能
  • 多彩なアプリケーションへのシングルサインオンを実現
  • ID一括管理によって運用管理コスト軽減を実現

Microsoft Office365、Salesforce、box、GoogleApps、Cybozu等のメジャーなクラウド型アプリケーション(SaaS)はもちろんのこと、数百を超えるSaaSへのシングルサインオンを実現します。 これにより煩雑だったID/パスワード管理の課題が解消されます。また、クラウド型アプリケーション(SaaS)だけでなく、自社で構築した、プライベートクラウド上の業務アプリケーション、オンプレミス上の業務アプリケーションについてもシングルサインオンができます。

無料会員登録はこちら

製品・サービス概要

対象従業員規模 全規模に対応
対象売上規模 全規模に対応
提供形態 お問い合わせ下さい。
参考価格 お問い合わせ下さい。

製品・サービス詳細

ID Federationの特長

1,600を超えるSaaSや、既存のオンプレミスシステムへシングルサインオンが可能

NTT Comが提供するSaaSに加え、Microsoft Office365、Salesforce、Box、GoogleAppsなどの様々なSaaS、さらにお客さまのオンプレミス環境や各種IaaSサービス上の業務アプリケーションなどにもシームレスにシングルサインオンができます。
1,600を超えるSaaSとの接続実績があるPing Identity社の技術を一部に採用することで、豊富なSaaSへの対応を実現します。

豊富で強固な認証機能のラインアップ

リスクベース認証を標準機能として提供するほか、機体認証、TOTP認証、スワイプ認証、お客さまのActive Directoryと連携した統合Windows認証などの様々な認証メニューオプションを取り揃えています。
このため、お客さまのセキュリティポリシーに応じた認証の仕組みを実現できます。

多くの企業に採用されているActive Directoryと連携可能

Active Directoryと連携したシングルサインオンが可能です。
社員など業務アプリケーションの利用者が、自社のActive Directoryにて認証済みの端末から利用する場合、追加で認証することなく各業務アプリケーションにサインオンできます。

IDの一元管理により運用コストを削減

従来、各々の業務アプリケーションごとに管理していたIDやアクセスログ情報を一括管理できます。
管理者は、利用者ごとに業務アプリケーションへのアクセス制御を行うこともでき、運用管理にかかるコストの削減を実現します。

クラウド型サービス

  • 既存システムと連携して、アドオンで導入可能
  • 初期投資が基本不要で、料金・ID数の変更などが柔軟に対応
  • 意思決定から導入までを短期間で可能

企業情報

会社名エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
本社所在地

〒100-8019
東京都千代田区幸町1丁目1番6号

設立年月平成11年7月1日
資本金2,117億円
従業員数6,450人(2016年3月現在)
事業内容

電気通信事業等

代表者名庄司 哲也
無料会員登録はこちら

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ