サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Sophos Email(株式会社アズム)

人工知能を活用したスマートなメールセキュリティ対策

メール型脅威はめまぐるしく変化しており、悪意のあるファイルと無害なファイルを見分けるのはますます難しくなってきています。既知の脅威だけでなく未知の脅威にも対抗できる予測型のメールセキュリティ対策が不可欠です。高度な脅威から迅速に保護しユーザーとビジネスを安全に保ちます。デフォルト設定で直ちに保護の開始が可能。疑わしいコンテンツ、添付ファイル、URL を含むメールをブロックします。

最新の攻撃をブロックするライブアップデート

Office365など、1時間おきにアップデートするマルウェア対策エンジンは、検出率が低くなる恐れ場合があります。Sophos Email のフィルタリング機能は、SophosLabsの常時アップデートによって支えられており、1時間に何千と発見される新しい脅威に対する保護を提供しています。

Microsoft および Google との互換性

Sophos Emailは、次のような業界トップレベルのメールサービスプロバイダとシームレスに連係して、高度なメールセキュリティを提供します。

3つのポイント

  • POINT 01

    予測型のメールセキュリティ対策で既知・未知の脅威をブロック

  • POINT 02

    ランサムウェア、スパム、フィッシング攻撃を阻止

  • POINT 03

    メール暗号化やデータ流出防止により、機密データを保護

画面サンプル

NO IMAGE
NO IMAGE
NO IMAGE

製品・サービス概要

営業対応エリア 全国対応
対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 クラウド
参考価格 別途お問い合わせ

資料サンプル

製品・サービス詳細

AI で未知の脅威に対応

アワード受賞製品「Sophos Intercept X」と同じテクノロジーを搭載したSophos Emailのサンドボックス機能が、ディープラーニング型ニューラルネットワークを用いて、ゼロデイのマルウェアや不要なアプリケーションをブロックします。

ランサムウェア対策

業界でもっとも高度なランサムウェア対策テクノロジーを搭載しており、動作解析を用いて未知のランサムウェアやマスターブートレコードに対する攻撃を阻止します。

ステルス攻撃をブロック

「クリック時のURL保護」は、メールの配信前と、さらにメール内のリンクがクリックされた際に、URL のレピュテーションをチェックすることにより、ステルス性を持ち、遅れて実行される攻撃をブロックします。

なりすましメールをブロック

なりすましメールをブロックし、信頼できるメールアドレスに見せかけた偽装アドレスを使った攻撃から従業員を保護します。SPF、DKIM、DMARC の認証方式と、メールのヘッダーアノマリ解析機能を組み合わせることにより、正規のメールを識別・許可し、なりすましメールをブロックするため、安心してメールが利用できるようになります。

スパム対策およびマルウェア対策

Sophos Email は、一日に数百万通ものメールを処理する SophosLabs のグローバルネットワークから提供される脅威インテリジェンスを活用することにより、1時間に数千個も発見される新たな脅威を漏らさず検出します。

  • IP レピュテーション フィルタリングで、90% のスパムをゲートウェイでブロック
  • スパム対策およびマルウェア対策エンジンで残りを検出
  • 複数の言語に対応した高度な検出方法でメールをフィルタリング

サイバー脅威への対応の迅速化

Sophos Email は、すべてのソフォス製品を一元管理する、直感的なクラウドベースのコンソール「Sophos Central」に統合されています。メール由来の脅威に対する多層防御を設定・管理し、脅威への対応を迅速化できるのは、Sophos Central だけです。

企業情報

会社名株式会社アズム
本社所在地

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目2番15号

設立年月1989年8月14日
資本金2,000万円
従業員数25名
事業内容
  • 各種サーバー構築
  • 仮想基盤構築
  • ネットワーク構築
  • シンクライアントシステム全般
  • セキュリティ製品の販売・構築
  • Webサイト構築
  • ソフトウェア開発
  • AZMサポートセンター運営
代表者名岡田 修門