いざとなれば“あとから消せる”、究極のファイルセキュリティ
  • 指定した人以外は閲覧不可!いつでも意のままに権限変更が可能
  • ファイルが手元を離れた後でもアクセスログで追跡が可能
  • 渡したファイルを“あとから”削除する事が可能

重要な経営資産である情報は、作られ、共有され、加工され、また別の人に渡っていきます。グローバルで分業化が進む今日では、組織や国の境目無く、絶え間無く、情報が流通していきます。
このような時代に、情報を安全に使うにはどうすればよいでしょうか?
「FinalCode」のアプローチは、情報資産が、普段の業務のなかで当たり前に守られて、更に社内から社外までボーダーレスに守られ続けること。いつもの業務オペレーションの中で、意識することなくファイルが守られる。そのファイルがどこに送られても、セキュアなまま利用される。そんな世界を実現する為のテクノロジーを搭載した「FinalCode」。あらゆるファイルを守ります。

無料会員登録はこちら

製品・サービス概要

対象従業員規模 全規模に対応
対象売上規模 全規模に対応
提供形態 お問い合わせ下さい。
参考価格 お問い合わせ下さい。

製品・サービス詳細

情報を守る

指定した人以外は閲覧不可!いつでも意のままに権限変更が可能

  • 高度なテクノロジーで暗号化
    通信セキュリティとしてRSA2048、暗号化アルゴリズムとしてAES 256bit形式を採用。
    高度な暗号化技術により、安全にファイルのやり取りを行うことが可能です。
  • セキュリティポリシーの設定
    ファイルの用途、機密性に合わせ、閲覧・編集・印刷可否など、きめ細やかなセキュリティポリシーをファイルごとに設定できます。
  • ユーザビリティ
    パスワードレス暗号化技術により、ダブルクリックするだけで暗号化ファイルを開封し、いつものアプリケーションで、いつものようにファイルを閲覧・操作できます。

情報を追跡する

ファイルが手元を離れたあとでも、アクセスログで追跡することが可能

  • ファイルの利用履歴を集中管理
    ファイルが手元を離れてもアクセスログを常に記録し続け、「いつ、誰が、どんな操作をしたか」をリアルタイムで捕捉できます。
  • セキュリティポリシー設定履歴の可視化
    ファイルの閲覧権限や操作権限の変更が行われた都度、ログを取得します。
    不適切な権限設定も見逃しません。
  • ステータス通知システム
    閲覧権限を持たないユーザーによる不正アクセスがあった場合、ファイル所有者にメールで通知。
    異常を即時把握することができます。

情報を“あとから”消せる

渡したファイルをあとから削除することが可能

  • 手元を離れたファイルを常にコントロール
    ファイルそのものを渡しても、ファイルのオーナーシップは手元に残ったまま。
    セキュリティポリシーを変更することで、いつでも閲覧・操作権限を変更できます。しかも変更内容はリアルタイムに反映されます。
  • いざとなったらリモートで消せる
    人に渡したファイルをリモートで跡形も無く消すことができます。
    万が一、機密ファイルが流出しても、中の情報は漏らしません。

企業情報

会社名デジタルアーツ株式会社
本社所在地

東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエアウェストタワー14F

設立年月1995年6月21日
資本金7億1,359万262円
従業員数234名(平成28年3月31日現在)
事業内容

インターネットセキュリティ関連ソフトウェア及びアプライアンス製品の企画・開発・販売

無料会員登録はこちら
【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事