法執行機関で採用されているワイ・イー・シーが、民間企業様向けにお届けする、情報漏えい事故が発生したお客様や情報漏えいが懸念されるお客様の原因調査を実施する際に最適なツールです。
  • 法執行機関、大手企業にも採用されている信頼性の高いツールです。これからフォレンジックを実施される方へ向けたトータルソリューションをお届け致します。
  • セキュリティやフォレンジック専門知識のない方にも操作ができるツールです。トレーニングや情報セキュリティに関するコンサルティングも実施していますので、安心してご使用頂けます。
  • 世界トップクラスのセキュリティ専門家による日本発の情報セキュリティ国際会議CODEBLUEに出展致しました。 http://codeblue.jp/2015/

こんな時にご活用下さい。

★自社のセキュリティ強化をはかりたい
★インシデントレスポンス
★情報漏えい事故に対する初動対応方法がわからない
★情報漏えいの被害状況の調査
★退職者のPC・Mobileを初動調査したい
★フォレンジックの専門知識を持っていなくても、初動調査をしなければならない
★対象端末のデータ保全がしたい
★情報漏えい対策として、抑止効果を向上させたい

製品・サービス概要

対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応

製品・サービス詳細

■パソコン、スマートフォンの表層解析

パソコンやスマートフォンに保存された様々なデータを抽出し、EXCELに出力します。実行には、フォレンジックの知識を必要としません。
トレーニングも準備しています。

導入実績(2016年3月末現在)

当社は、日本国内で初めてHDDデュプリケータを開発した老舗メーカです。官公庁様においては、コンピュータ犯罪捜査の初期から導入を開始し、現在では全国の官公庁様並びに民間企業様でご使用頂いています。

5,000 :各種フォレンジック関連機器(ハードウェア、ソフトウェア含む
400  :各種フォレンジックトレーニング

フォレンジック初動調査セット

★保全(複写、イメージ作成、ハッシュ値計算、書込み防止など)から簡易解析までの対応が可能です。
 
< フォレンジック初動調査セット内容 >

保全から解析まで

主な操作方法(証拠保全編)

主な操作方法(解析編)

主な操作方法(スマートフォン解析編)

その他

上記のほかにも、フォレンジック詳細解析用のソフトウェアや関連製品の取り扱いもございます。
合わせてご検討頂けますようお願い申し上げます。

<主な取扱>
・ 詳細解析用ソフトウェア(X-Ways Forensics、EnCaseほか)
・ 保全先のハードディスク
・ 各種フォレンジック製品 導入支援トレーニング等
・ 複数年の保守契約
・ 各種コンサルティング
など

機能・仕様

製品群
  • DemiYG1040
  • PCAIDⅢ
  • USB3.0WriteProtector
  • EvidenceTracer
  • MobileDemi

企業情報

会社名株式会社ワイ・イー・シー
本社所在地

〒194-0004
東京都町田市鶴間543-9

設立年月平成4年1月10日
資本金25,000,000円
事業内容

1.多様なストレージデバイスで取り扱うデータのコピー・消去・解析・検査ツール
2.各種メディアに適応する解析・分析ツール、ならびに専用ツール
3.多様なストレージデバイスで取り扱うデータの復旧・消去・コピー・検査サービス
4.個別カスタム仕様に適合する実験、評価、生産のための設備・治工具
5.多彩な市場ニーズにジャストフィットする提案型商品・部品

代表者名代表取締役 仁部 浩一
【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。