リアルタイムのIPおよびドメインレピュテ―ションサービスThreatSTOP
  • 巧妙化するマルウェアの侵入も防御。
  • 企業の入口でトラフィックをフィルタ。
  • 企業に対してマネージドサービスを提供している通信事業者やサービス プロバイダにお薦めです。

ThreatSTOPは、サイバー攻撃に対して特に出口対策に有効な脅威リストを提供するリアルタイムのIPおよびドメインレピュテーションサービスです。
ユーザのファイアウォールおよびネーム・サーバに直接、犯罪のマルウェア(ボットネット、トロイの木馬、ワームなど)に対するブロックリストを提供しますので、ユーザは脅威に対する防御を強化することができます。

ThreatSTOPは、組織的犯罪者によって価値のあるデータを盗むように設計されたマルウェアからユーザのネットワークを保護するクラウドベースのサービスです。その導入は、ユーザのファイアウォール上で単純なルールの設定やスクリプトを使用するか、またはInfobloxのグリッド上でDNSファイアウォール(RPZ)を有効にすることで完了するので、1時間程度で設定が済みます

無料会員登録はこちら

製品・サービス概要

対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 クラウド
参考価格 お問い合わせ下さい。

企業情報

会社名株式会社ネットワークバリューコンポネンツ
本社所在地

〒238-0004
神奈川県横須賀市小川町14-1 ニッセイ横須賀センタービル

無料会員登録はこちら
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事