サイバーセキュリティトレーニング(株式会社アルファネット)
実践を通した演習でセキュリティ人材を育成 たった2日間で自社のセキュリティ担当者を育てる社員研修
  • 攻撃によるインシデントを防ぐ!ホワイトハッカー養成トレーニング
  • 実践的な演習でインシデント対応の必要性や本質への理解を深める!
  • 社員のセキュリティ意識が向上!社内のセキュリティポリシーの構築に!

サイバー犯罪者などによる不正侵入やセキュリティ侵害は、実際に遭遇しないと理解できないことが多くあります。実施しているセキュリティ対策の有効性確認や課題を抽出のためには、実際のインシデント発生を想定した演習による日常的な準備と改善が重要です。

本セキュリティ研修はセキュリティ人材を教育するためのトレーニングですが、守る方法を理解するだけでなく、攻め方を知ることにより、守り側に何が必要なのかを考えることができる体験型のセキュリティ研修となっています。

製品・サービス詳細

サイバー演習の進め方

トレーニングはレッドチームとブルーチームで別れゲーム形式の演習を通して、サイバー攻撃の実態とセキュリティ対策の必要性を理解します。

コース内容

サイバー犯罪者などによる不正侵入やセキュリティ侵害は、実際に遭遇しないと理解できないことが多くあります。実施しているセキュリティ対策の有効性確認や課題を抽出のためには、実際のインシデント発生を想定した演習による日常的な準備と改善が重要です。本コースでは、ゲーム形式の演習を通して、サイバー攻撃の実態とセキュリティ対策の必要性を理解します。

オススメ受講者

IT管理者・運用担当者、管理職、エンジニア、CSIRTメンバー、SOC運用者
サイバー犯罪の実態を知りセキュリティ対策に活かしたい方
セキュリティ対策の必要性を理解し改善検討に活かしたい方

あると望ましい知識やスキル

ネットワークやOSに関する基本的な知識
※演習手引きがありますので、知識やスキルがなくてもご体験頂けます。

 

※本研修は、ストーンビートセキュリティ社による提供となります。

機能・仕様

日程

2019年09月19日(木)、20日(金)(2日間)

アジェンダ

1日目(10:00~17:00)
1.環境を取り巻く現状
 演習) Wi-Fi アクセスポイントのパスワードクラック
 演習)ブルートフォース攻撃、ハッシュパスワードクラック
2.巧妙化するマルウェア
3.標的型サイバー攻撃
 演習)マルウェア作成、標的型メール攻撃、遠隔操作
4.インシデント事例に学ぶ
5.セキュリティ対策の考え方
6.内部脅威への備え

2日目(10:00~17:00)
7.セキュリティ関連の法規
8.サイバー演習
  演習)ターゲットシステムの調査
  演習)脆弱性スキャン、脆弱性悪用による不正侵入
  演習)マルウェア調査、攻撃痕跡(侵入経路)の調査
9.セキュリティガイドライン
10.安全管理措置の紹介

開催場所

株式会社アルファネット会議室 (東京都文京区後楽1-5-3 後楽国際ビル3F)
■都営大江戸線:飯田橋駅C3出口から1分
■メトロ東西線:飯田橋駅A1出口から7分
■メトロ有楽町線:飯田橋駅B1出口から8分
■JR:飯田橋駅東口から6分

参加人数 / 受講料

5名以上15名以内での開催となります。目安として15名としております。
(20名程度まで対応可能)

¥150,000/人 (税別)

企業情報

会社名株式会社アルファネット
本社所在地

〒112-0004
東京都文京区後楽1-5-3 後楽国際ビルディング

設立年月1997年7月1日
資本金4億円
従業員数544名
事業内容

ITインフラ基盤構築
・サーバ・ストレージ仮想化
・VDI環境構築

セキュリティ
セキュリティ診断
標的型メール訓練
セキュリティ教育

ネットワークソリューション
・LAN工事
・耐震/免震工事
・物理セキュリティ導入

人材アウトソーシング
・データセンター保守・運用・監視
・テクニカルサポート
・コールセンター業務支援

代表者名杉山尚樹
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?