印刷物の原本保存でセキュリティ強化とコスト削減を実現する印刷管理ソリューション
  • インク/トナーコスト・印刷枚数の削減
  • 透かし印刷による不要・不正印刷の抑止効果
  • 印刷物の原本保存

WISE Printは「印刷物の管理」により、使用するプリンタやアプリケーションを問わず、不正・不要な印刷を抑止し、さらに紙の使用量やトナー使用量を減らすことで、企業の印刷コスト削減とセキュリティ強化を実現する印刷管理ソリューションです。

無料会員登録はこちら

製品・サービス概要

対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 印刷ログ監査・エンタープライズ版・スタンダード版
参考価格 5~50ユーザライセンス単価 ¥5,650/1ユーザ

製品・サービス詳細

インク/トナーコストの削減

ユーザのPCに導入するだけで、インク/トナーの使用量を調整し、最大75%までインク/トナーの使用量を節約できます。
割り付け印刷・両面・モノクロなどの印刷指定が可能です。また、プレビューウィンドウを表示することで印刷間違いの確認や不要ページの削除を行えるため、紙の使用量も削減できます。

印刷枚数の削減

ユーザやプリンタ別に印刷枚数の規制や印刷を禁止することができ、大量印刷の阻止や不正印刷の抑止に効果を発揮します。
曜日や時間で印刷を禁止することができるため、人目を避けての不正印刷を阻止することが可能です。

透かし印刷による不要・不正印刷の抑止効果

ユーザ名・コンピュータ名などの透かし印刷やQRコードとして印刷するといった印刷ポリシーの運用で、不要・不正印刷の抑止を心理的にアップすることができ、印刷物放置の改善にもつながります。

印刷物の原本保存

ユーザの文書印刷時に、印刷イメージ・テキスト情報・印刷ログなどの印刷情報をアーカイブします。
印刷物に含まれるテキストやログの検索、印刷イメージの復元ができるため、いつ・だれが・何を印刷したかを追跡することが可能となり、不正印刷や不要印刷を抑止につながります。
印刷ポリシーに抵触し、実際には出力できなかった場合にも印刷情報を保存しているので、監査の対象とすることが可能です。

機能・仕様

印刷ログと原本保存

印刷情報をアーカイブ

印刷ログ・印刷原本(印刷イメージ)・テキスト情報などの印刷情報をアーカイブ

印刷ポリシーに抵触した場合の印刷情報もアーカイブ

検索抽出結果から印刷内容やイメージを確認

印刷した現物がなくとも証左として利用可能

印刷 IDによる印刷履歴管理

印刷 ID / 部数 ID からも印刷物やユーザを追跡

迅速に検索して抽出

いつ、どこで、誰が、どんな印刷をしたのか迅速に検索して抽出が可能

印刷枚数の削減

時間外印刷や印刷枚数を規制

時間外印刷や印刷枚数の規制、ユーザやコンピュータ単位でも印刷規制

企業内の印刷を一元管理

コスト削減運用、ライセンス、仮想PDFプリンタを含めた印刷ログなどを一元管理

実績レポート表示

利用状況や削減効果の把握

 

トナーコストの削減

インク/トナーを最大75%カット!

インク/トナーの節約率は1%刻みで設定できます。

割り付け・モノクロ印刷強制で用紙を節約!

強制的に割り付け印刷(2ページまたは4ページ)や両面印刷、さらにモノクロ印刷をすることが可能

プリンタ機種を問わずインク/トナーを節約!

それぞれのプリンタに最適化された手法により、レーザープリンタ、インクジェット等、ほとんどのプリンタで利用可能

印刷は高速!

プリンタドライバに依存しないため、通常の印刷処理とほぼ変わらない時間で印刷

企業情報

会社名株式会社エアー
本社所在地

【本社】
〒565-0851
大阪府吹田市千里山西5-31-20

【東京】
〒106-0032
東京都港区六本木2-2-8 KDXビル
TEL:03-3587-9221 FAX:03-3587-9238

無料会員登録はこちら
【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。