フォレンジック調査サービス(ネットエージェント株式会社)
全てを見通すデジタル鑑識~フォレンジック調査~
  • 世界各国の調査機関で実績を持つ専用の解析ソフトウェア『EnCase(エンケース)』を使用し、専門の調査員が実施
  • 法執行機関へ証拠として提出してただける内容の調査を提供
  • 詳細な内容をタイムライン、図解などを交えて記載した報告書をご提出

フォレンジック調査サービスでは、PCなどに保存されているデータを専用機器で証拠保全(複製)し、通常のデータ、通常では見えないデータ、削除された内容やタイムスタンプ(ファイルが作成、更新などをされた日時)を調査・解析した結果から、情報漏えい、ウイルス感染、不正侵入や不正行為などのインシデントの全容を解明します。
PC、サーバ、外付けHDD、USBメモリなどの調査対象となる機器のデジタル・データ(証拠)を書き換えることなく、複製(保全)した後に調査を行います。

製品・サービス詳細

調査サービスの事例

  • Winny、Shareなどを使用し、暴露ウイルスに感染したPCの流出情報の調査
  • コンフィッカー(Conficker)などのUSBメモリを媒介として感染するウイルスの痕跡調査
  • 自社社員による業務情報の持ち帰った業務情報の痕跡調査
  • 退職した社員が使用していたPCの使用状況の調査
  • 外部から攻撃を受けたサーバの浸入痕跡の調査
  • 会社から貸与しているスマートフォンの利用状況の調査

調査内容

フォレンジック調査サービスでは、お客様との打ち合わせの結果、調査項目および調査範囲を決定させていただきます。
調査結果については、適宜中間報告を行いますので、最終結果を待たずに、緊急性を要するマスコミへの対応、監督官庁・取引先へは、判明している内容のみを先にご報告していただくことも可能です。
最終的な調査結果は、調査員が報告会にてご説明させていただきます。また、詳細な内容をタイムライン、図解などを交えて記載した報告書をご提出させていただきます。

主な調査項目

  • 指定キーワードによる調査
  • 削除されたファイルの復元
  • USB機器の接続履歴の調査
  • 調査対象機器の利用状況の調査
  • インターネット及び社内サーバーへのアクセス履歴の調査
  • 最近開いたファイルに関する履歴の調査
  • アクセスログやエラーログの調査
  • 不審なアカウントの作成やログイン履歴の調査
  • スマートフォンの調査

調査の流れ

  1. インシデント発覚
    お客様からネットエージェントへの連絡
  2. 訪問説明
    調査営業担当による調査サービスの訪問・説明
  3. 打ち合わせ
    お客様と調査営業担当および調査員による打ち合わせ
  4. 証拠の保全
    調査対象機器(原本)に保存されているデジタル・データの保全(複製)
  5. 調査開始
    打ち合わせの結果、決定した調査項目、調査範囲に基づき調査を開始
  6. 中間報告
    調査過程で判明した内容を必要に応じて適宜報告
  7. 報告会、調査終了
    報告会の実施、報告書および保全したディスクなどの納品

企業情報

会社名ネットエージェント株式会社
本社所在地

〒130-0013
東京都墨田区錦糸4-16-17相互ビル5階

設立年月平成12年6月1日
資本金74,949,500円
事業内容

・ネットワークセキュリティ監査
・ネットワークセキュリティ製品の開発
・ネットワークセキュリティコンサルティング
・ネットワークシステムコンサルティング
・不正アクセスの調査

代表者名白石 通紀
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?