フォレンジックサービス(AOSリーガルテック株式会社)
モバイル&PCのフォレンジック技術で法廷提出用のデータ復旧サービスを行います!
  • 規模の大小を問わず組織のニーズに合った調査を提供
  • パソコン、サーバー、リムーバルメディアはもちろん、スマートフォンやタブレット等幅広く対応
  • 削除されたデータも含めて解析し取得可能なあらゆるデータを保全

フォレンジック調査は、既に消えてしまったデータや管理情報をも対象に精細に情報を取り出し、実際にどのような操作が行われたのかデータから解明する作業です。
AOSリーガルテックは、セキュリティインシデント発生時にデジタルフォレンジックサービスで事実の究明をお手伝いいたします。
国際・国内訴訟、事件捜査、疑惑の解明のほか、企業活動における内部不正行為の調査、情報資産の保護など、企業組織のリスクマネージメントを支援します。

製品・サービス詳細

パソコンフォレンジック調査

パソコン、サーバーのハードディスクや、USBメモリー等のリムーバルメディアなどあらゆるメディアに対して詳細な解析調査を行い、事実究明のために必要なデジタル証拠を保全します。
調査対象はレジストリ、システムログ、アプリケーションログを始めとして、削除されたデータも含めて解析し、取得可能なあらゆるデータを保全します。

モバイルフォレンジック調査

スマートフォンや携帯電話、タブレットなどのモバイルデバイスに対して、詳細な解析調査を行い、事実究明のために必要なデジタル証拠を保全します。
調査対象は、システム情報、通話ログ、システムログ、アプリケーションログを始めとして、削除されたデータも含めて解析し、取得可能なあらゆるデータを保全します。

フォレンジック調査手順

1 ヒアリング:調査対象と内容の確認

まずフォレンジック調査の「依頼票」に記入するため、ヒアリングを実施します。
お客様の希望される調査項目をリストアップし、証拠調査の実施内容(作業方針)を確認します。
作業の所要時間と費用は、調査項目と内容によって変わります。 お客様と秘密保持契約(NDA)を締結し、調査を開始致します。

2 調査媒体の保全

調査対象となる媒体(ハードディスクなど)を、専用機器で保全(全体を複製)します。
対象媒体のデータが改変されないようにする機能(書込み禁止機能)を持つ専用機器で保全を行うことで、調査対象媒体のデジタル・データが改変されずに複製されます。
さらに複製したデータについて、オリジナル媒体のデータと同一であることをハッシュ値で確認した後、複製したデジタルデータに対してフォレンジック調査を実施します。
このようにオリジナルデータを保全することで、非常に変質しやすく改変が容易なデジタルデータに法的証拠能力が認められることとなります。

3 フォレンジック調査(解析)

フォレンジック調査を実施し、有意な情報を抽出・解析します。
主に以下のようなデジタルデータを取得可能です。

  • 現存するファイル
  • ゴミ箱から削除された(または断片化された)ファイルの検出
  • 故意に削除したファイル やインターネット閲覧履歴(WEBメールの痕跡、WEBの閲覧履歴)
  • パソコンに接続された外部ディスクの履歴
    さらにご要望にあわせて詳細な情報を抽出することができます。
    大量のデータから必要かつ有意な情報を抽出し、そのコンピュータで何が行われていたのか浮かび上がらせます。
  • キーワードによる検索
    既に削除されたり断片化した過去のデータも含めて、キーワードや特定文字列によるファイルやメールの検索します。
  • 特定期間中に作成・更新されたファイル 、ファイルの作成日時、更新日時、アクセス記録
    (知財訴訟、データの改ざん疑惑など)
  • インターネット閲覧履歴(通常の履歴には残っていない過去の情報も含む)

4 調査結果のご報告

調査結果をご報告いたします。

企業情報

会社名AOSリーガルテック株式会社
本社所在地

〒105-0001
東京都港区虎ノ門5-1-5メトロシティ神谷町5階

設立年月2012年6月
資本金51,000,000円
事業内容

・データ復旧サービス
・データ移行サービス
・データバックアップサービス
・データ消去サービス
・フォレンジックサービス
・eディスカバリサービス
・i証明サービス
・Nuix事業
・リーガルテックツール販売事業
・AOS IP事業

代表者名佐々木 隆仁
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?