連絡メール誤送信で会員アドレス113件が流出|やまぐちR&Dラボ事業

山口県は2020年6月8日、同県がオープンイノベーション促進の目的から展開する「やまぐちR&Dラボ事業」の委託先である山口県産業技術センターにおいてメール誤送信が発生し、ラボ会員のメールアドレス113件について、流出が確認されたと明らかにしました。

同県によると、誤送信の原因は担当者による宛先の設定ミスによるものです。メールは同センター職員の手で2020年6月8日に発信されたもので、内容は補助金・助成金等の公募に係る情報提供を記したもの。ところが職員は外部一斉メールを送信する際、送信先のアドレスを隠すため「BCC」で送信するよう求められているにもかかわらず、「To」形式で送信したため、アドレスの流出が発生したとしています。

被害者からの連絡で自体発覚

山口県によるとセンター側は誤送信の事実を把握しておらず、メールを受信した送信先から電話連絡を受けたことにより、事態が明らかになりました。誤送信を把握した同県は、センターに対して送信先のチェック体制の強化などを指示。再発防止につなげると説明しています。

参照地方独立行政法人山口県産業技術センターにおける「やまぐちR&Dラボ」会員へのメール誤送信について/山口県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?