リーガルアドバイザーとは法務や法律、法令に関するアドバイスを企業に対して行うだけだろうか?

実はそうではなく、リーガルアドバイザーは「法律と情報産業」に関する極めて複雑に密接した知識と経験を持ち合わせている存在である。

それでは、リーガルアドバイザーがどのような存在であるのかを具体的かつ詳細にお伝えをしていく。

リーガルアドバイザーの役割とは?

リーガルアドバイザーとは、企業に対して法律・法令に基づく後方支援を行う存在であり、法的な根拠に基づく企業活動を行えるように手助けを行う。

例えば、企業が情報システムやWebサービスを保守・運用する時や、新規サービスを展開する時などにサービス内容が違法ではないのかを相談可能だ。

また、さらに具体的には、Webサービス・情報システムが現行法に適法かどうかを判断し、かつ今後起こりうるだろう法的な問題に関して適切なアドバイスをするのだが、そうした法的に適切なサービスなのかを判断する役割を果たすのがリーガルアドバイザーだ。

具体的な活動内容

ここでリーガルアドバイザーの具体例を挙げる。

近年大きな注目を浴び続けているBitCoin(ビットコイン)を利用するWebサービスを提供しようとしている企業があったとしよう。

だが、そうした時に国会で可決された仮想通貨法に基づく仮想通貨の取引所に登録していない事で、仮想通貨法に抵触した企業となってしまった場合は「金融庁を監督官庁中心とした業務改善やサービス停止の命令を出す事が可能だ。

そして、仮想通貨業者は登録制になっており、それらの業務を行うためには登録申請書を内閣府に提出する必要性がある。

そのような状況下でも、企業にとって適切な行動指針を与えながら、アドバイスをしてくれるリーガルアドバイザーは必要な存在だと言える。

法的な後方支援を担う

企業に対する法的な後方支援を行うことが出来るリーガルアドバイザーは大きな役割を果たす事となる。

IT技術自体も日進月歩ではあるが、法律や法令に関しても現在どのような審議されており、新たに可決されようとしているかは一般人には理解しづらい側面がある。

そうした企業でも理解しづらい側面に対して適切なアドバイスをする事がリーガルアドバイザーに求められる役割だ。

リーガルアドバイザーに必要なスキルとは?

リーガルアドバイザーに求められるスキルは、端的に言えば次の2つが必要となるだろう。

  • 弁護士としての専門的な知識と豊富な実務経験
  • IT業界における最新技術の推移に関する深い理解

なので、これらのスキルがリーガルアドバイザーとして職務に就く為には必要だ。

どちらか一方のスキルがあるだけでは、単なる弁護士としてのスキルしかないだろうし、IT業界に関する技術に対する理解をしていたとしても弁護士として駆け出しでは企業の需要にはマッチしないだろう。

2つの専門領域を持つ

リーガルアドバイザーは法務と情報技術の2つの専門領域をまたがった知識や経験が必要となる極めて希少な存在だと言える。

弁護士として十分なキャリアを歩みながら、情報産業分野における理解も合わせて深めていく事を絶えず行っていける姿勢もリーガルアドバイザーにとって必要なスキルだ。

さらに言えば、情報産業の企業やIT企業の実務と、法律や法令の微妙な認識の違いに関しても肌感覚として適切に理解をしておくスキルが必要となる。

新規Webサービスを開発し終え、サービスを提供する直前で法的に違法である可能性があるなどと事後的に報告する程度ではいけない。
現在進行しているWebサービスや情報システムにはコストが常にかかるかこそ、先回って法的に合法かどうかを判断するスキルが必要不可欠だ。

今後の活躍の場は?

リーガルアドバイザーとしての活躍する場は、コンプライアンスを大事にしている大企業や社会の対外的な評価を大事にしている企業だ。
そして、それは大手企業に留まらず中小企業などの多くの企業が今後大事にしていかなかればならない企業全般だと言える。

例えば、消費者を第一に考えながら前進をする情報産業の企業は当たり前だが、一般の二次産業や三次産業を主な収益源としている企業にも今後リーガルアドバイザーが必要となる。
なぜなら多くの企業が当たり前のようにIT(情報技術)や情報システムを通じた利益のさらなる拡大を今後行うようになるからだ。

そうした現状を踏まえていれば、リーガルアドバイザーの活躍する場が当たり前のように増える事は明白だ。

また、近年では医薬などの複雑な法律に関連した情報システムを開発する事も増加している為、システム開発を行っている企業にもリーガルアドバイザーは必要な存在となり得る。

まとめ

リーガルアドバイザーは企業にとって法務と情報産業に関する2つの専門分野に関する理解がある極めて重要な存在だ。

単一の知識や経験ではなく、複合的な知識と経験を持ち合わせている存在であるからこそ企業における需要は増加し続ける事となる。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?