サーバーに故障・不具合が起こった場合の原因と復旧方法

多くの企業ではWebサイトやデータベースなどを利用するためにサーバを立ち上げて運用しています。理想で言えば100%の稼働が求められるサーバーですが、実際には故障や不具合などの原因で停止してしまったり、起動しなくなってしまったりすることがあります。

今回はサーバーに故障や不具合が発生する原因と復旧させるための方法について詳しく解説いたします。

サーバーが起動しない・電源が入らない原因

サーバーはどのような原因で起動しなくなるのでしょうか。主な原因について3つ紹介します。

ハードウェア障害

ハードウェア障害によって、サーバが停止してしまうとデータが失われる危険があります。サーバーも1つの機械であるため、物理的に故障してしまう場合があります。

特に多いハードウェア障害例としては、

  • 経年劣化により、OSが起動できなくなる
  • リビルド中に別のHDDが破損してRAID(レイド)が崩壊
  • 同時に複数のHDDがエラーになり、RAIDが崩壊

のようなケースが挙げられます。

サイバー攻撃

サーバーにはインターネット上に公開されていない社内LANで運用しているサーバーと、Webサーバーやメールサーバーなどインターネット上に公開されているサーバーの二通りがあります。この中でもインターネット上に公開されているサーバーは、外部からサイバー攻撃のターゲットになることがあります。

サーバーを停止させるサイバー攻撃の一つとして、「DoS(Denial of Service)攻撃」があります。DoS攻撃は"ドス攻撃"と呼ばれ、インターネット上に公開されているサーバーに対する攻撃として古くから知られています。

アクセス過多

サーバーに対するアクセス過多もサーバーが起動しない・電源が入らない原因の一つです。例えばWebサイトに自社の新商品を発表した時や、大手のニュースサイトに紹介されたときなど、一時的にWebサイトに想定以上の訪問者が訪れて、サーバーが処理できずに停止してしまうことがあります。

アクセス過多は一時的な現象であることがほとんどです。そのため時間が経過すれば自然と問題は解決します。しかし何も対策をしなければ、今後も同程度のアクセスの発生でサーバーが停止することも考えられます。対策としてはサーバーのCPUやメモリなどのスペックを向上させたり、複数のサーバーを準備してロードバランサーを使ったりして、負荷を分散させるなどの対策が有効です。

サーバーが起動しない・電源が入らない場合の対処法

もしサーバーが起動しなくなったら、どのように対処したら良いのでしょうか。ここでは3つの対処法について紹介します。

電源を確認する

はじめに、確認すべきことが電源です。なんらかの原因で、電源のスイッチが切れてしまっていたりする場合も多くあります。まずは落ち着いて電源を確認しましょう。

また、サーバーを再起動することで解決する場合もあります。しかし、電源をON、OFFする行為は、大きな負荷がサーバーにかかります。再起動や電源の入り切りを何度もする行為は、より症状を悪化させてしまう危険性があるので注意してください。

ハードディスクを交換して使用する

内部のハードディスクが原因の場合、交換することによってサーバーを使用できます。

しかし、この対処法はハードディスク自体を交換してしまうため、中のデータは元に戻りません。元の状態のサーバーとし使用するには、バックアップからのデータのサルベージが必要となります。

「修理」「データ復旧」業者に依頼

上記では個人でできる対処方法を紹介しましたが、業者に依頼する方が費用はかかりますが安全に復旧が可能です。

ハードウェア障害の場合、「修理」か「データ復旧」の選択肢があります。「修理」では、データが初期化されてしまう可能性が高いです。メーカーにもよりますが、部品交換や内部のデータを初期化することが多いためです。中に大切なデータがある際は、「修理」ではなく「データ復旧」業者の選択をオススメします。

サーバーを復旧させる場合の注意点

サーバーを復旧させる時には、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。2つの注意点について紹介します。

障害を悪化させてはいけない

起動しないサーバーに対して、必要以上に再起動を繰り返したり、サーバーの内部の部品をいじったりすることはおすすめできません。サーバーは精密なコンピュータなので、必要以上にさわることで障害を悪化させてしまう可能性があります。

自分の力でどうしてもサーバーの復旧が難しければ、インターネットから切断し、電源をシャットダウンして、安全な場所に保管しておきましょう。サーバーを適切に保管しておけば、これ以上障害が悪化することはありません。

個人での作業はリスクが大きい

サーバーには重要なデータが含まれていることが多く、もしサーバーが起動しなくなったら業務に重大な影響が発生することもあるでしょう。そんな時でも個人で復旧作業させることは、非常にリスクが大きいです。そのような時は技術力があり、信頼できる専門の業者にサーバーの復旧を依頼しましょう。確実にサーバーが復旧できるとは限りませんが、素人があれこれ作業するより、復旧できる可能性は高くなります。

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積18万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス

サイトデータリカバリーサービス

データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) 外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

まとめ

最近ではクラウドが普及しているため、自社でサーバーを管理することは少なくなりました。しかし全てのシステムがクラウドに移行できるわけでもなく、社内でサーバーを設置したり、レンタルサーバーを契約して利用したりしている企業もあるでしょう。

サーバーに障害が発生することで、ビジネスにおいて思わぬ機会損失につながります。しかしサーバーの障害を100%防ぐことはできません。サーバーの障害発生時にどのような行動を取り被害を最小限に食い止めるのか、何も対策が考えられていなければ、サーバー障害時の対応について、一度社内で検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめデータ復旧業者への無料相談・お見積りはこちら

合わせて以下のページもよく読まれています。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?