NASが起動しない・アクセスできない場合の原因と復旧方法

社内LANや家庭内のネットワークで「NAS(Network Attached Storage)」を設置している人もいるでしょう。通常ハードディスクを利用するときはUSBケーブルなどで接続しますが、NASの場合ネットワークを経由して接続するため、複数のパソコンで使用できます。NASのなかには、複数のハードディスクを組み合わせてRAIDと呼ばれるシステムを構築し、データ保存の安全性を高めたものも存在します。

しかしデータを安全に保存できると言っても、故障などの原因でNASが起動しなくなり、データの読み書きができなくなることがあります。今回はNASが起動できなくなったり、アクセスできなくなったりした場合の原因と復旧方法について徹底解説いたします。

NASが起動しない原因

NASはネットワークに接続したハードディスクを指します。ハードディスク1本(=単体)でも使用できますが、複数のハードディスクを組み合わせてRAIDを構築することも可能です。RAIDには複数のハードディスクに同時に同じデータを書き込むタイプや、データを分散して書き込むタイプなどがあり、ハードディスク単体でデータを保存するよりもバックアップがある分安全性を高めることができます。

ハードディスクはパソコンの部品の中でも壊れやすく、NASに内臓されているハードディスクも例外ではありません。NASが故障してしまうと、NASの起動が妨げられてしまいデータの読み出しもできなくなります。

それではNASはどのような原因で起動しなくなってしまうのでしょうか。主な4つの原因について紹介します。

システム障害

NASの電源が入らなかったり、アクセスできなくなったりする原因の一つにNASのシステム障害があげられます。システム障害とは、NAS自体のシステムファイルやドライバの破損などによって、NASが起動しなくなることを指します。この場合、不調なのはNAS本体であり、NASに内臓しているハードディスク自体が故障しているわけではないケースもあります。

もし、NASにRAID構成を組んでいる場合、ハードディスクを取り出して、そのハードディスクを単体で直接パソコンに接続するのは絶対に行ってはいけません。RAID構成が崩壊し、更にデータ取り出しが難しくなってしまいます。

本体の故障

NASにはCPU、メモリ、通信装置、USBなどの部品が搭載されており、さらに内部温度の上昇を防ぐために、ファンなどが設置されています。そのような本体の部品が故障することで、NASの起動ができなくなることもあります。部品の故障によってNASが起動しなくなった場合、故障している部品を修理したり交換したりすることで、修復できるケースもあります。ただし、本体側の故障か、ハードディスク内部の故障かは外見からは分からないことも多く、安易に判断しないのが賢明です。

ハードディスク故障

NASに内蔵されているハードディスクが故障している場合も、NASの起動が妨げられることがあります。ハードディスクの障害には「論理障害」と「物理障害」の2種類があります。

論理障害とは

論理障害とはハードディスクの故障のなかでも、ファイルシステム異常など内部のデータに生じる障害です。ハードディスク自体に問題があるわけではなく、記録されているデータの破損によって不具合が発生します。誤操作や削除・初期化(フォーマット)などにより、正しくデータを読み書きできなくなった状態が論理障害です。

物理障害とは

一方、物理障害とはハードディスクそのものの故障が原因の障害です。ハードディスクは様々な部品から構成されていますが、それらが破損することで物理障害が発生します。

物理障害の原因となるのが、ハードディスクに対する衝撃や振動、熱暴走などです。ハードディスクはデリケートなパーツなので、ちょっとした原因によっても物理障害が発生することがあります。またハードディスクにも寿命があるため、長期間使い続けることも物理障害の原因の一つとなります。

同時発生の可能性も

論理障害と物理障害は個別に発生するだけでなく、双方が同時に発生することもあります。このような状態になってしまうと、ハードディスクからのデータの取り出しは、より困難になるでしょう。

OSのトラブル

NASにもパソコンと同様にOS(オペレーティングシステム)が搭載されています。このOSのトラブルが原因でNASの起動に失敗することがあります。OSのトラブルの場合、パソコンにインストールされているNASの管理ソフトからエラー情報を取得できる場合がありますので、まずはマニュアルを確認すると良いでしょう。

NASが起動しない場合の対処法

NASが起動しない場合の2つの対処法について紹介します。

アクセスランプを確認する

NASには動作状況を表示するためのアクセスランプが設置されているものがほとんどです。NASが起動しない場合、アクセスランプを確認することで、起動しない原因を突き止めるヒントになります。

例えばアクセスランプの点滅の仕方や色など、障害の種類や状況によって通常とは異なる状態になることがあります。NASのマニュアルには、障害発生時のアクセスランプの状態について記載されていることがあります。

NASのアクセスランプの状態と、NASのマニュアルに記載されている状況を突き合わせることで、NASにどのような障害が発生しているのか確認できます。

再起動してみる

NASが起動しない場合、NASの再起動によって問題が解決することがあります。特にNASを長期間動作させ続けている場合、NASを動作させているプログラムが停止してしまうことがあり、このようなケースでは、NASを再起動することで、NASを正常に起動させることができます。

NASを再起動させる方法は、NASのマニュアルに記載されています。メーカーや機種によって再起動の手順が異なりますので、NASを再起動させる際には、マニュアルをしっかり読んで正しい手順で行うことが重要です。NASの電源を急にシャットダウンしてしまうと、内蔵されているハードディスクが故障してしまうこともあるので、注意が必要です。

NASを復旧させる場合の注意点

もしNASが動作しなくなった場合はどうしたら良いのでしょうか。NASを復旧させるための2つの注意点を紹介します。

障害を悪化させてはいけない

NASが起動しなくなった場合、中途半端に作業したり通電したりすると、状況が更に悪化してしまう可能性があります。NASが起動しなくなったら、まずは電源を切って、安定した場所に保管することを心がけましょう。保管しておけば、それ以上状態が悪くなることはありません。

個人での作業はリスクが大きい

起動しないNASからデータを復旧するために、個人で作業をすることは大きなリスクを伴います。やみくもに復旧作業を試みるのではなく、まずは専門の業者に相談しましょう。NASは精密機械であり、高度な部品やシステムを使って作られています。正しい知識を持たずに作業してしまうと、状態が悪化して、データを復旧させることが困難になることも考えられます。

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー

サイトデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積18万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス

サイトデータリカバリーサービス

データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) 外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

まとめ

NASは重要なデータのバックアップ先として使われることが多く、故障してしまうと業務に重大な影響が与えてしまう可能性があります。もしNASが起動しなかったり、故障してしまったりした場合は、NASの電源をオフにしてネットワークから切り離して、安全な場所に保管しましょう。

どうしてもNASに保存されているデータが必要な時は、データの復旧を専門としている業者へ相談しましょう。確実に復旧できると言い切ることは難しいですが、素人があれこれ作業するよりデータを復旧できる可能性は高まります。

おすすめデータ復旧業社への無料相談・お見積りはこちら

合わせて以下のページもよく読まれています。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?