サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

10/27(水)第10回ウェビナー「ゼロトラスト化への第一歩、今必要な認証について考える」



セキュリティの境界はネットワークからIDに移行しています。ユーザー認証やアプリへのアクセス認可の強化が求められているのです。

今回は「認証」に関する製品・サービスを展開されているベンダー各社にお集まり頂き、ゼロトラスト化を考える際のポイントや注意点について伺います。

登壇者情報

星野靖裕氏 / ファシリテーター

  • オフィスISMC代表
  • サイバーセキュリティ.comコラムニスト
  • 中央大学国際情報学部兼任講師
  • 金融機関にて、融資管理・情報システム開発に従事
  • 経営・現場双方の視点を備え、効果的なマネジメントシステムの構築を指導。人員一桁から数千人の一部上場企業まで幅広くコンサルティングを行う
  • 総合商社グループのIT部門のシステム監査責任者として、法務・ISMSの運用も経験

日置喜晴氏 / エンカレッジ・テクノロジ株式会社

  • エンカレッジ・テクノロジ株式会社 取締役 マーケティング部長
  • システム開発・マーケティング職などを経て2008年エンカレッジ・テクノロジ株式会社入社、以後システム運用統制・セキュリティ分野のプロダクト・ソリューションに関するマーケティングを指揮。現在はプリセールスSE部隊も率いて、ソリューションを活用したお客様のアクセス管理課題改善の提案を指揮している。
  • 関連する分野での講演・コラム執筆なども平行して担当

日笠健太氏 / ゾーホージャパン株式会社

  • ゾーホージャパン株式会社 マーケティング事業部
  • 入社後インサイドセールス部門にてIAMソリューション提案に従事
  • 現在マーケティング部門にてIAMなど多岐にわたる分野でコンテンツマーケティングを担当

サイトManageEngine Password Manager Pro(ゾーホージャパン株式会社)

3

準備中

ウェビナー詳細

開催日時 2021年10月27日(水) 13:00〜14:00
参加費 無料
定員 100名
受講方法 WEBセミナー
※申込いただいた方にのみ参加URLをお知らせいたします。
視聴後アンケート ウェビナー終了後、アンケートをお送りいたします。
※当該アンケートの回答の分析結果を公開する場合があります。個人が特定されるような情報は公開しません。
備考 講演内容は一部変更となる場合があります。

お申し込み

    法人名・団体名 必須

    お名前 必須

    メールアドレス 必須

    お問い合わせ内容 任意

    • LINEで送る

    書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


    当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
    (実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

    下記は中小企業向けの目次になります。

    1. 1.はじめに

    2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

    3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
      •  3-1.ランサムウェアによる被害
      •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
      •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
      •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
      •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
      •  3-6.内部不正による情報漏洩

    4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

    5. 5.高度化するサイバー犯罪
      •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
      •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
      •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

    6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
      •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
      •  6-2.構想を具体化する技術的対策
      •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

    7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

    無料でここまでわかります!
    ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

    無料会員登録はこちら

    SNSでもご購読できます。