情報セキュリティ戦略の核心に触れる1日に。

サイバー攻撃の手法はますます多様化、高度化し、高まるセキュリティの脅威が企業経営を揺るがしています。ランサムウェアや標的型攻撃による被害が相次ぐとともに、ビジネスメール詐欺(BEC)やIoTマルウエア、マイニングウイルスといった新しい脅威も出現しています。

従来の防御策では防ぎきれない新たな脅威、高度化する脅威に対抗するために、企業はセキュリティ対策を継続的に見直し、備えていく必要があります。AI機械学習やビッグデータなどを活用した最新技術や対策製品、サービスを駆使して、人材や組織と一体となった防御の“再強化”が不可欠です。

そこで日経BP社では、最新化、高度化が求められる企業の情報セキュリティ対策に役立つイベント「情報セキュリティ戦略セミナー2018」を開催して、いま企業に求められる最新の情報セキュリティ対策を、サイバー攻撃対策、情報漏洩対策、組織&マネジメント強化、クラウド、IoT&モバイル対策の4テーマで紹介します。

本セミナーにご参加されて、貴社のセキュリティの戦略立案にお役立てください。

セミナー・イベント名情報セキュリティ戦略セミナー|AI/クラウド時代のセキュリティ対策
開催日2018年09月27日(木) 09:40〜17:30
開催場所ホテル雅叙園東京2F
住所東京都目黒区下目黒1-8-1
参加費無料
主催日経BPセミナー事業センター



情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?