未知のマルウェアに対しては、従来のシグネーチャベースでの対策に限界がきています。

4月4日に内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)より「政府機関等のセキュリティ対策のための統一基準群の見直し(骨子)」が発表され、その中でエンドポイントの改定コンセプトとして、従来のシグネチャ型不正プログラム検知方式では未知のマルウェアに対応できないことが明記されております。

「Deep Instinct」は、ニューラルネットワークを用いたディープラーニングにより、シグネチャレスで被害が発生する前に脅威を検知する次世代エンドポイント対策製品です。

本セミナーでは、統一基準改定のポイントについて、Deep Instinctの可用性を交えながらご案内させて頂きます。

セミナー・イベント名政府機関等の情報セキュリティ統一基準改定 エンドポイントに求められる機能を教えます ~時代はシグネチャレス~
開催日2018年07月24日(火) 14:00〜16:30
開催場所アズジェンドセミナールーム
住所東京都中央区明石町6-4
参加費無料
主催株式会社アズジェンド



【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。