電子決済における不正利用対策セミナー / 不正購入の阻止と機会損失の低減



日本では、オンラインショッピングなどのオンライン決済で2016 年の違法取引などによる損害額は87億9,000万円でした。

この被害額は 昨年の約2倍のペースで急激に被害が拡大しています。このような被害から身を守るためには認証システムのセキュリティ強化が重要となり、複雑化・巧妙化する不正行為を早く検知する対策が求められます。

今回の基調講演では、認証システムの国内大手でありスレットメトリックスのパートナーでもあります大日本印刷株式会社の工藤雄大様より認証システムのセキュリティ対策の実態や課題についてお話しいただくとともに、スレットメトリックスより現在実施されているセキュリティ対策の事例をご紹介いただきます。

また、最新の認証システムのサイバー犯罪動向やスレットメトリックスのソリューションの仕組みなどについてもご紹介させて頂きます。

セミナー・イベント名電子決済における不正利用対策セミナー / 不正購入の阻止と機会損失の低減
開催日2017年12月05日(火) 13:30〜16:30
開催場所FINOLAB セミナー会場
住所東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4 階
参加費無料
主催スレットメトリックス合同会社



セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ